JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2009年8月19日水曜日

自作カメラケース改良。

以前hidekky師匠にいろいろ教えてもらって作った
Lumix DMC-LX3の革製ケース。

毎日メッセンジャーバッグとともに持ち歩いています。
ケース、というよりはホルスターみたいな感覚で、
さっとカメラを取り出して速写できるので、日ごろのスナップにはほんとに便利。

今日はこいつに手頃なコイル式のストラップを装着しました。


ヨドバシカメラのポイントでゲット。
最近は携帯ストラップコーナーにこういう太いコイル入りのものが置いてます。
以前は探しても探してもなかなか見つからなかったのに…

やっぱり、時代は私の後をついてきてるのですね(嘘です)。
片側をカメラに、片側をケースに留めます。


ケースに入れた状態だと、首から下げることもできます。
短めなのでぶらぶらしないし、伸縮するのでいざというときにはすぐに外せます。
そして何より、メッセンジャーバッグのストラップにケースごと装着した状態から、
すぐにカメラを取り出して撮影態勢に入れる!
そのときもストラップが伸縮するので邪魔になりません。
落としても大丈夫、膝くらいの高さで止まります。

以前のザクティでも同様の考え方で(もう少し細身でしたが)コイルのストラップを使っていたんですが、
意外と便利だったのが、コイルが縮もうとする力のおかげで、ローアングルでカメラを構えた時にカメラが軽く感じるんです。

便利です。

ちなみに、一番太いコイルを買って試したら太すぎてバネの力が強くて、
撮影態勢に無理がありました…
泣く泣く二番目の太さ・長さのものに買い替えて(完全にポイント使い切りました)、
ベストな状態に。

私の持ち物では、財布とキーホルダーも同様のコイルのストラップで連結されてます。
強くて伸縮するこのコイルストラップ、一度使い始めたら病みつきです。

0 件のコメント:

コメントを投稿