JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2009年8月24日月曜日

アレとかアレとか、届きました。

さあーて、エゲレスから長旅を経てやっとこ到着。


今回は時間かかったなー。

箱はECHOですが、ECHOのものは買ってません。



まずはなんといってもスポーク。
前回オーダー時になぜか長すぎるスポークが届いたので、
まだTrMOZUをディスクブレーキでテストできてません。

前回はあっという間に届いたんですが、今回はなぜか1週間以上かかった。
こんなことなら近所で買えばよかったかな?

あとは、TrMOZUのセッティング試し用のステム三種。
35°で90mm、100mm、110mm。
ちょっと35°は立ちすぎかな…?
ハマるだろうか。
ちょっと心配。

最初にテスト用で組んだフォークが曲がった(曲がってた)ので、420mm肩下のトライアルフォークを新たに購入。

Viz!のヤツです。
なんだかリジッドなのにハイテクさを感じさせます。


肩の部分が盛り上がっていて、変にブレなさそう。
乗ってみないとわからないけど、カチっとしてるといいなー。
そして何よりコラムに肉抜きが。
そしてコラム部分(かなり肉厚のアルミ)と、ブレードが溶接されている部分が一体です。
この部分はふつうは別体で接着されてたりするんですが。

ヨサゲなつくりです。

とはいえ、アルミコラムのフォークは以前使ったことのあるものはヤワかった印象なので、
素材や作りがいいとはいえ、使ってみないとわかりません。
コラムの上部。
常はスターファングルナットを打ち込んで上からキャップボルトで締めて
ヘッドのベアリングの当たりを出すんですが、
ここが専用のキャップがそのままネジになっている構造。

シンプルですが、これってワッシャーなくてもスムーズに締まるかな・・・
これも、組んでみないとわからないところではあります。




そして、なかなかびっくりなのが重量で。
740グラム(トップキャップボルト込)。
軽い…

これで、前後24インチに戻せます。
ちなみに、買ってるのはココ。
トライアラー、みんな大好き、TartyBikes

ペイパル使えれば、数クリックで注文と決済が完了。
ものによってはだいぶ安いし、知識も豊富なので安心ですね。

さあーて、組むかぁ!!

0 件のコメント:

コメントを投稿