JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2009年8月12日水曜日

論文紹介:マウンテンバイクの社会的構築

今日の午後は吉祥寺におりました。


あちこちから集めてきたメッセンジャー関係の論文やら何やらを読んでたんですが、
それらを集めていた時に偶然見つけたマウンテンバイクに関する(社会学系の)論文を
今日あらためてパラパラめくってみたら、予想以上に面白かったのでご紹介。



その名も、
The Social Construction of Mountain Bikes: Technology and Postmodernity in the Cycle Industr
訳すと、「マウンテンバイクの社会的構築:自転車産業における技術とポストモダニティ」。
ざっくり言うと「社会的構築」というのは、あるカテゴリーや出来事がひとつのまとまりとして人々によって作られていく過程に焦点を当てる社会学のアプローチのひとつです。

この論文には、1970-80年代にマウンテンバイクと呼ばれる自転車の新たなカタチが登場してくるプロセスについて書かれているのですが、これがまた、非常に細かな技術的な点にまで立ち入っていて、自転車マニアにはたまらない。

フレーム制作やジオメトリに関する当時の論争(マウンテンバイクにとっての適切なヘッド/シート角やチェーンステイ長についての様々な意見の対立など!)についての記述なんかは、ざっとした「自転車の歴史」みたいな本で紹介されるようなありきたりの「マウンテンバイクの登場」のストーリーとは一線を画した面白さ。

著者たちは相当の自転車好きに違いない。

理論的な文脈としては、19世紀における自転車の技術的発展を事例にして書かれたPinch と Bijkerの1984年の論文
(The Social Construction of Facts and Artefacts: Or How the Sociology of Science and the Sociology of Technology Might Benefit Each Other, Social Studies of Science, Vol. 14, No. 3 (Aug., 1984), pp. 399-441 。これはまだ読んでいない)を受けていて、普通に社会学の(社会構築主義の)事例研究としても面白いです。



もちろん、昨年のBFF(バイシクル・フィルム・フェスティバル)で2本でも上映された(DVDも出てる)「クランカーズ」に出てくるような、マリン・カウンティで改造ビーチクルーザーで山下りを始めたあの「レジェンド」たちの話も出てきます。

マウンテンバイクにおけるさまざまな技術の発展史と、マウンテンバイクというジャンルが社会的にどのように形成されてきたのかという社会的文脈の中での「マウンテンバイク」成立史が面白く読めます。

自転車を事例にして、こんな学術論文もアリなんだなぁー、となんか目から鱗でした。

11 件のコメント:

  1. あるとき某学会誌を仕事で扱ったとき、おもしろい文献を見つけた。それは戦前に日本がより優れた自転車を生産すべく、ヨーロッパより仕入れた自転車や、その部品、特にタイヤをくまなく調査し、素材や構造をあまねく分析した資料だった…。電子化されて公開されるはずだから、見かけたら教えるよ。

    返信削除
  2. >りょうた

    よろしく!
    自転車関連のマニアックな論文アーカイブ作ったら面白そう!

    返信削除
  3. ザ・”なんちゃって” レジェンド2009年8月13日 7:44

    おお、本物のレジェンドだ!!

    返信削除
  4. こちらでは初めまして、先日長電話スミマセン

    ウチは理系のトコなのでSSS取ってません…
    読みたければILLですね

    Science Directの工業系paperでテンションホイールの構造解析やっているのを一度偶然見つけたのですが再度見つけることが出来ません、機会(時間)があれば再度検索したいです

    スポーツ生理学関連のpaper(ex.大腿骨長とペダリングにおける効率化や有酸素無酸素領域解析、その他)は国立オーストラリアスポーツ科学研究所(Australia Sport Science Center: ASSC)がかなりの量を出しています(リンク先参照)。

    実践して追試験しましたが良い結果が出ました、ただしかなりキツイです

    返信削除
  5. >今年で伝説を完結させる人

    あなたも、ホンモノですよ。

    返信削除
  6. >越後屋さん

    コメントありがとうございます。
    理系とか運動生理学とかはサッパリわかりませんので、
    そっち関係は越後屋さんにお任せします!?

    社会学関係だと、メッセンジャー関係はかなり集めました。
    スケートボーダーの文化社会学みたいなのはあるんですが、BMXerのはないです。
    トライアラーのもないです。

    そ、そうか、書けばいいのか!!?

    返信削除
  7. 越後屋@極悪商会2009年8月13日 15:10

    >そ、そうか、書けばいいのか!!?
    D論で出せばOKですよ~、通れば晴れてPh.D取得!!

    そうなれば是非読みたいですね~

    返信削除
  8. >越後屋さん
    D論でそれはハードル高いので、、、
    もっと軽い媒体でお願いします…。

    返信削除
  9. りょうた

    あった!けど、よく見たら1954ってあるなぁ。

    http://www.journalarchive.jst.go.jp/jnlpdf.php?cdjournal=gomu1944&cdvol=27&noissue=3&startpage=132&chr=ja

    返信削除
  10. りょうた

    まとめて、このあたりが面白いかも。

    http://www.journalarchive.jst.go.jp/archivesearch/Search_ja?search=%BC%AB%C5%BE%BC%D6&bar_go.x=29&bar_go.y=12&from=top_ja

    返信削除
  11. >匿名さん
    (これりょうたくん?)

    んー、いろいろあるけど、
    どうも興味がわかないのもいっぱいある…
    相当より分けて選び抜かないと、集めるだけじゃ面白くないなぁ。

    返信削除