JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2009年9月30日水曜日

「INHABITANT STORE TOKYO」オープニングレセプションにて

先日のポロ(東京クラシック)でinhabitantのみなさんにお会いしたことが
きっかけで(そしてレジスタントのKim-sinさんにご紹介いただいて)、
inhabitantが原宿のキャットストリートにオープンさせる新店舗の
オープニングレセプションでちょっとしたデモっぽいことをさせてもらいました。

インハビタント…以前、そのサイクルキャップがカッコよくて、
私の「物欲」リストに入っていたんですが・・・
今日、ライダー用として、そのキャップをいただけました!
うれしいっす!

店の中、外ともにすごい人でした。

トリック系ピストやBMXの皆さんと一緒に、
小雨の中でしたが楽しく乗れました。
MCの伯爵、ありがとう!



ピストをはじめとするロード系自転車の流行をきっかけに自転車に興味を持つ人は
本当にたくさんいると思います。
そんな中、自分だけマウンテンバイク(というかストリートトラ車)で乗らせてもらったんですが、
やっぱり動きのタイプが全然違うので、良くも悪くも、ギャラリーは「びっくり」って感じの反応だったかな。

狭い場所でも、セクション的なものがほとんどなくてももっと盛り上げられる動きができるように、
これをきっかけにいろいろと練習してみたいと思います。
自分的にも刺激になりました。


終了後、怪しい(?)ツーショットを発見。
CMWC2009のメインレースチャンピオン=Juriくんの
チャンピオンTシャツにサインを加えるKim-sinさん。
Juriくんはこれから、来年のCMWC(グァテマラで開催!)での連勝を目指します。


さて、ライディング中の写真は(もちろん)自分では撮れてないので、
雰囲気だけでもTubagraのサイトでご覧ください。
サモさんがすでにUPしてくれてます


皆さん、お疲れ様でした!
今日もいろんな人にお会いできました。

出無精な私ですが、
今後もこういった機会があればどんどんいろんなところで乗りたいです!
(その前に練習しなきゃね。。。)




オマケ:
プロトタイプのため、trMOZUは完全無塗装。
鉄むき出しです。

一応レスポの錆び止めは塗布してあるんですが、
雨だったので帰宅したらすでにこんな感じに…
組んでまだ1日目なんだけど。
まぁ、拭いたらかなり落ちましたけど。

ちなみに、良質のクロモリは錆びてもとりあえずは表面だけなので、
深刻になることはほとんどないはずです。

とはいえ、フツーの人はクリア塗装バージョンをお勧めします。
(というか、市販されるバージョンは良質の塗装・・・マットクリア塗装もアリ・・・が施されますのでご安心を)


ちなみに、今日乗ったのは昨日組み上げたばかりの
trMOZU(国産ハンドメイド24インチストリートトライアルフレーム)の2ndプロト。
前後ディスクブレーキでリアセンター350mmくらいです。

そのインプレは別に書きますが、ここでは一言だけ。

「うーむ、最高。」

0 件のコメント:

コメントを投稿