JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2009年10月13日火曜日

皮革製品メーカー「眞砂」にて自転車系新展開の鼓動を聞いてきました。

今日も、興奮メーターの振り切れた一日でした。



縁あって眞砂(MASAGO)という会社にお邪魔させてもらうことになりました。

高品質の皮革製品を製作している板橋区の会社です。
職人さんによるハンドメイド、純然たるMADE IN TOKYO。



なんでそこに私が・・・そうです、やっぱり自転車つながり。

眞砂さんは、50年の歴史を持ち、多くの熟練職人さんを抱える老舗なのですが、
現在、新しくMASAGOブランドで新しいオリジナル製品を積極的に作っていこうとしているのです。

今年、若い世代の職人さんたちが革製のフレームパッド(超高品質!)を発表。
『CHARI&CO N.Y.C』 でも取り扱いが始まるなど、注目され始めています。

今後も自転車系の小物を続々企画中。

で、そんな面白い流れの中に、私も少し関わらせてもらうことになりました。
感謝感謝です。

最高の素材と確かな技術で、あんなものやこんなものが、
現実の製品になってしまいます。
これ、考えれば考えるほどすごい話だなぁ。

若手の職人さんに、工場の中を案内していただきました。


入ったとたんに大興奮。
皮革の香り。
好きです。


過去何十年にもわたって作ってきた様々な製品の型紙だそうです。
すべて型が残っているので、いつでも同じものを再現できる。
すごいですね。


これは職人さんが革を裁断する道具。
左のものが、長年使って研がれて、右のように小さくなってしまう・・・!

こちらは金属の型を使って革を打ち抜くように裁断する機械。

これがすごくて、
これは革を薄く均一に削って厚みを薄くする機械!
シュイン!
と一瞬できれいに薄くなります。

こういう専用の機械、かっこよすぎです。
これは革の端に向かって薄く削る機械だったと思います。
何十年もメンテナンスされながら使い込まれて・・・見て下さい、この存在感。
この機械のおかげで、他のメーカーには出せない細部の美しさが出せるそうです。

これは文字やロゴを入れる(焼き印のように)機械。
目盛りも何もありません。
完全に職人のカンの世界です。
すごすぎ。
これでMADE IN TOKYOの文字も入れられます。
職人さんが細部の作業をしていらっしゃいました。
たとえば一つの財布とかパスケースを作るにも、
裁断、縫製、その他それぞれ何人もの専門の職人さんの手を渡って、
完成に近づいていくのです。

町工場といえば、旋盤やらフライスやらが轟音を立てて回ってるような
機械加工の工場のイメージ(うちの実家みたいな)が先行していたんですが、
こういう、手作業で職人さんが一点を見ながら作業されている風景も、
なるほど、世界に誇れる日本の町工場のリアルな風景なんだなぁと改めて実感。


出ました、ミシンです。
これは直線縫い用。
私も少し触らせてもらいました。

これは製品をぐるっと回しながら立体的なものを縫えるミシン。
何度も言いますが、業務用の、ある機能に特化した道具の放つかっこよさに、しびれます。

ここは内側につかう布の倉庫。
いろんな素材、色があります。
もう、組み合わせは無限大ですね。
厚みを持たせた製品のための木の型です。
これも一つ一つデザインごとに削り出されて、
製作後も保管されています。

ここで、すべての製品が職人さんたちの手によって
一つ一つ作られています。

職人さんはもうこの道何十年という方がたくさんいらっしゃるようですが、
私を案内してくれた人はまだ入社数年の「若手」、私と同年代です。



彼の道具には、自転車のグリップが!
いいですね、こういう遊び心。
あ、でも遊びじゃなくて、握りやすいらしいですよ。

若手の彼が製作した、社長の似顔絵入りチロルチョコ(笑)
面白い会社です。

今日いろいろと案内してくれたお二人。
古いマウンテンのフレームをいじり倒して乗ってます。
圧着時代の古いリッジランナーを700C化とか!
同世代なので、感覚が近いのでしょうか、思わず「ぅおお」って言っちゃいました。

たこ焼き食べながら、今後の展開とか、革へのこだわりとか、自転車の魅力とか、
シングルトラック走りに行こうとか、ポロやりませんか、とか(笑)、
こんなものがあったら良いのになぁ的な話とか、楽しい時間を過ごしました。

さっそく、色々と試作開始してくれるとか・・・。
Tubagraもそうですが、自分たちのこだわりをベースに熱くやってる人たちは、
動きが早い!!

Masagoの自転車関係の新展開、要チェックです!

Yocoさん、Kenさん、ありがとうございました!


※フレームパッドはプロテック恵比寿店を通じてフルオーダー可能だそうです。
 プレゼントなんかにも最適かも。

※一番上の写真に再度注目。
 サドルの革の張り替えもできるそうですよ。
 お気に入りのサドル、表面が傷んでもベースは捨てないで!
 革を張り替えて、いろんな色や表面の革から思い通りのイメージに再生できます。


ああ、今日も実感。
ものづくりって素晴らしい。

6 件のコメント:

  1. 今、日本の物作りの現場は非常に厳しい状態です。
    海外からの物が安いので皆そちらに目が行ってしまう!
    まー経済状態も問題ですが、もう少し製作サイドを
    大事に出来ませんかねー!!
    MIJ大事にしましょうよ!

    いろんな所にいけて良いですね!
    他の工場を見るのって大好きです!
    身近な物がこうやってできているんだーって!
    今度は誘ってね!

    返信削除
  2. おつかれっす!
    84さんとUBOTA先輩にはメッセージ送りました。
    25日のやつ俺も行きたいんで誘ってください!!
    ちなみに、俺らも今度、ホイールのディスク作りますよ。

    返信削除
  3. >ダブサン

    ダブサンの工場を見たい人もいっぱいいると思いますよ!

    返信削除
  4. >クロウ

    おつかれ!
    25日のってあれ?
    ホリデイ的なやつ?
    行こう行こう、よくわからんけど楽しそうだし!
    マレット持っていこう!

    返信削除
  5. あれです。あれ。ゆるい感じの(笑)
    MJSの皆さんにも協力いただいてます。

    返信削除
  6. >クロウ

    MJSのみなさん、というか、
    生活エリア的に君もMJSらしいよ(笑

    返信削除