JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2009年10月31日土曜日

ハロウィンの夜のポロり

ハロウィン。
今まで30年(ちょっとさば読んで)生きてきて、
ほとんど意識したことのない、どこか遠い国のお祭り、の、はずが、


今年はこの人のおかげで身近に感じることができました。
昼間のピラゲ(ってあえて読む)には行けなかったけど、
夜の某公園で遭遇。

こわすぎでしょ(笑)

さて、ハロウィンの夜はポロで盛り上がる東京。

みんなあちこちで相当練習しているらしく、
急速にレベルが上がっています。
私もピックアップゲームに参加しましたが、
やばいです。
たった1ヶ月半のブランクですでに浦島状態です。

マレット持ってる人、倍々ゲームで増えてるでしょ!

東京クラシックのときとはすでに何かが違います。

あの時感じた、「何かが生まれつつある」という感覚とは違って、
すでに波は大きなうねりになってきています。

今晩のゲームではこんな白(蛍光?)のボールを使ってました。

会場の隅でさらに増殖を続けるポロプレイヤーの必需品、マレット。

すでに、前輪のカバー(プラダン製)は珍しくありません。
初期からのメンバーは恐ろしくうまくなっていて、
そして目がマジです。

でもね、ポロの良いところは、
始めたばっかりでも、難しく考えなくても、
やってみたら誰でも楽しいってところじゃないかなーと改めて。


・・・といいつつ、
久々にポロに参加して、負けて、悔しさ爆発。
ちょっとこれは、マジでやらないと悔しいぞ。

三連勝で気軽に参加して
「いやー、ギア比がさぁー」とか言い訳してる場合じゃない。

自転車だって何でも良いんでしょ?
フリーでも良いんでしょ?
マウンテンでも良いんでしょ?
ファットタイヤでも良いんでしょ?

ガチで作っちゃお、ポロバイク。
ピストバイクからのポロへのアプローチとは違う方向から・・・
つまり、マウンテンバイカーが考えるガチなポロのスタイルを考えてみたい。

ピストカルチャーとの親和性みたいなシーンの雰囲気があるけど、
もう、空気読むのやめよ。

練習しよ。
どうせならうまくならないと面白くない!

2 件のコメント:

  1. 24ポロ人口増やしましょう!!
    ボール踏んでもいけるし!!
    ちなみに・・蛍光じゃなくて蓄光です。

    返信削除
  2. >クロウ

    そーだね!
    24でポロってまだクロウだけ?
    俺も混ぜてください!

    生意気をポロバイク化の方向で考えてます。

    返信削除