JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2009年10月4日日曜日

真夜中のTUBAGRA@MNSKジャンピングナイト

夜遅く。
MNSKにTUBAGRAMoritaくんとSamoさん、そして
Mozuシリーズ(特にtrMOZU)の試乗のために葛飾からAkiraさんが集合。

Samoさんが持ち込んだ小さなジャンプランプでジャンピングナイトでした。

私はまたまた、乗るのに夢中でジャンプの写真は一枚もない!
(・・・ので、Samoさん、Tubagraのほうにない写真をお借りします!)


昨夜の様子は、詳しくはTubagraのページをご覧ください。
(素敵な写真をいっぱい撮ってもらいました。)

とにかく楽しかったです!

trMOZU、ショートリアセンターとBBのほどよい高さ、
そしてちょうど良いコンパクトさのおかげで、
ちょっとしたアールでのジャンプやバニーホップも気持ちよく飛べます!


結局、4時近くまで乗ってました・・・。

24インチのストリートトライアルバイクが、あればなぁ!って考えていたというAkiraさん。
ショートリアセンターの快楽をご存じのため、
最近のtrMOZU開発中の情報を目にして、乗ってみたい!と思ってくれたらしいです。
ほんと、うれしい話です。

他にも、日本中のあちこちに、

・24インチ
・国産ハンドメイド
・クロモリ
・ショートリアセンター
・・・の「トライアルバイク」

に乗りたい!っていう人はいるはず。
自分たちの目指すものの方向性が間違っていなかった、とまた確信できました。

今日は比較的MNSK(駐車場です)に集まった人数は少なかったですが、
それでも何人も初めてお会いする自転車乗りたちが。
みんな、すごくカッコイイ自転車に乗ってました。

そして、高級そうなピカピカのピストに・・・マレット!?
ポロ、きてますねぇー。


駐車場の隅から聞こえてくるのはギターとウッドベース、そして歌。
BGMがある夜ライド、なんて贅沢!

Akiraさんのバイク。
すこし前のモデルですが、わかるかな?

ここを見れば「あっ!あれだ!」ってわかる人もいるかな?
そう、24インチのハードテールのパイオニア、
Arrow Racingです。
シートチューブからチェーンステイへの、この特徴的な補強。
チェーンステイ長は406ミリだとか。
今のフレームから考えると相当長いですが、
当時としてはこれでもかなり短い部類で、
カタログで見たときのシルエット、本当にかっこよく見えました。


Akiraさんのこだわり・・・
檄重&檄太のファイヤーパターンのタイヤ。
24×3.0!
うちのガレージにあるTomacのフルサス(友達=Taichiのですが)にも使ってたことがありましたね。
すごい迫力です。。。

最近すっかりPoloづいているUbotaくん。
ボールがまだ手に入らないらしく、やわらかいゴムのボールは
マレットでヒットするとすごい勢いで跳んで行ってしまいますが、
すでにだいぶ練習しているらしく、マレットさばきはかなりのもの。
そして・・・ギア比もすっかりポロ仕様。

すでに武蔵野エリアのポロ人口は10人以上は軽くいるでしょう。
武蔵野バイクポロ。
盛り上げてきたいですね♪


そんなこんなで。
なんでこんなに・・・ってくらい、毎日が楽しい自転車ライフです。

みんなありがとう。

2 件のコメント:

  1. 越後屋@極悪商会2009年10月5日 14:33

    24ストトラの条件にリヤディスク対応も追加で・・・

    フロントハブとクランクが来ればフレーム以外のパーツが揃ってしまいます
    禁断症状が出る前に発売して下さい・・・(笑)

    返信削除
  2. >極悪さん

    Vブレーキ仕様のモデルはひっそりと受注開始してますので、
    それでしばらくつないでいただければ・・・
    116mmと135mmが選べますよ。

    http://www.tubagra.com/contact/index.php
    こちらからどうぞ。

    ディスク対応のtrMOZUは現在細部を詰めている段階で、
    エンド/台座付近の強度テストがある程度できてからの発売になると思いますので、
    もう少し、パーツを眺めながらお待ちください・・・

    返信削除