JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2009年11月11日水曜日

橋本パークでポッキンキン。

もう速報でお伝えしたとおり、事件は起こってしまったわけですが、
この日のことを書いておきます。

13:30、Massanから着信4件(気付かず)。
そしてメール。

中身は「ジンケンくーーーん!」

・・・何々?
なんかあったか?

で、慌ててコールバック。

すると・・・






「乗りませんか?」





オウ!
いつもの感ジ!!!

聞けば、Takumaくん(武蔵野エリア在住)と橋本のパークに行くのだとか。
で、集合は三鷹に20分後。
平日昼間に。
ムリムリ!!





・・・のはずが、気付いたら15時には私も車に乗ってました。

Takumaくんの運転で橋本へ。

始めて来ました、このパーク。
すごい!
広い!
明るい!
セクション大きい!

ボウルまであります!
ただし、子供の滑り台的遊び場になっている時間が長いという、
平和な雰囲気のおかげで、優しい気分になれます。

昔どこかでコンクリ製のボウルはちょっと走ったことがあったけど、
こんな本格的なのは初めてです。
めっちゃ速い!

瑞穂のやつはもう少し大きいとか。
行ってみたいなぁ。

Massanもその速さに「目が回る!!」って。
いやーもう、Takumaくんは別格のうまさ。
動きにキレがあって、スムーズなんですよ。

他のセクションもすげー楽しい!
ちょっとフットプラントしてバンクに抜けたり。

楽しいなぁって思っていたら、、、

同じところをTakumaくんが走るとこうなります。
もう、地面が見えません。


そんなこんなで、他にもいろいろ楽しいセクションがあって、
ハンドルちょい上の直角ステアに久々に登ってみたり、
360やってみたり、遊んでいたら、、、


ん?

えっ
まっ、
まさか・・・?
はい、コレです。

裏から見ると完全に割れてます。
ねじ切れたみたいになってます。

このまま気付かずにでかいジャンプして前落ちしなくて良かった。

ローター擦ってしかたないのでキャリパー(こないだブツって行ったのがまだ直らないのであたらしいのをとりあえず降ろした)
はずして、この状態で帰宅。

うーむ、またリベンジしにくるぜ。
っていうか、別にパークにやられた訳じゃないと思うんだけど・・・。




フォークですが、
よく見るとコラム部分や肩の部分はかなり強そうなんですが、
肩から入っているリブ(凸になってる)が下に行くにつれて細くなり、
同時にブレード自体も細くなっていってます。
そして、ディスク台座の上端(折れたところ)は、ただの細い○パイプ。
ここが一番弱いようで、残念ながら応力が集中しちゃったみたいです。
フレームもそうですが、やっぱり重要なのは全体の強度バランスなんですね。

勉強になりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿