JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2009年11月16日月曜日

バニーホップの真実

昨日、久々にいっぱい(しかもマジで)バニーホップしました。
(普段はストリートでもウィリージャンプ多用なので)

そのあとで色々と考えました。


どうやったらバニーホップで高く跳べるか?
というのはまぁいろんな要素があって永遠のテーマ?かもしれませんが、
フレームのジオメトリとハンドル周りのセッティングにしぼって酔った頭で考えてみます。

まず、「BBが高いとバニーホップしにくい」「リアセンターが短いとバニーホップしにくい」は、
端的に言って間違いです。
すべてはバランスの問題です。

ちなみに私が乗っているtrMOZUはBBが30ミリUPです。
ストリートMTBとしてはめちゃんこ高いです。
(トラ車としては高くないけど)

そして、trMOZUのリアセンター357mmは、
通常のストリートバイクとしては激短です。
(これは、トラ車としても短いでしょう。)

私もいままでいろんなフレームに乗ってきましたが、
私的には、trMOZU含むMOZUシリーズが今まで乗ったフレームのなかでは
一番バニーホップしやすい。
それもダントツで。

ちなみに、昨日のバニーホップコンテストでは、
MTBクラスの上位4名のうち3名はTUBAGRAライダーでした。
trMOZUに限らず、我々の乗っているMOZUシリーズは、どれもショートリアセンターが特徴です。


あとはポジションですが、
ハンドルが低すぎると確かにバニーホップしにくいです。
これは、単純に、上げにくい。

高すぎると、バニーホップに入るまではいいですが、
タメがきかないので高く跳びにくい。

ハンドルが遠すぎると、空中で一番高くなる瞬間に差しにくくてバイクが立ってしまいがち。
リアタイヤが引っかかって高く跳べません。

ハンドルが近すぎると、窮屈で身体を大きく動かせず、
引きつけにくく、結果、高く跳べません。



(む・・・なんだかいやな予感・・・)



要するに、遠からず、近からず、高すぎず、低すぎず・・・



(やばいな)



タメがある程度効く程度に低く、抜けない程度に高く、、、




(いかん、もう、だめだ)




要するに、









ちょうど良いポジションで・・・






(うわーーーーー!!!)




すみません。


やっぱそうなっちゃいます?




少し、「バニーホップの真実」を語るのは早すぎたようです。





飲んで出直します。





どうもすみません!

2 件のコメント:

  1. 「バニーホップの真実」を飲んだ直後に飛ぶのが最高到達点

    返信削除
  2. >harrier

    「バニーホップの真実」
    売ってたらいいんですけどねぇ。
    できれば、飲み物じゃなくて、本で。
    俺が教えてほしいですよ。

    自分がどうやって跳んでいるのか、
    いまひとつよくわかりません(苦笑

    返信削除