JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2009年12月31日木曜日

組んでおります

30日の夕方、早速trMOZU最終版フレームにBBを入れてクランクを装着。

クランクとBBは新調。
やはり、バニーホップの着地やステアからの回転系の降りをやってると、
BB・クランクにはだいぶ負荷がかかります。
ストリート用のバイクなら3ピースクランクを普通に使うんだと思いますが、
フロントを(ガードつきで)小さくしたいトライアラーには、
その選択肢は(今のところ)ありません。
重いし。

とはいえ、トライアル用のフロントフリークランクと127mmもの長いBB(結構軽いものが多い)では、
やっぱりねじれたり折れたりする可能性も。。。
(以前ぶち折ったBB、同じものを新調したんですが、気付いたらまたツイストしてた…)


というわけで、BBもクランクも新調!


ECHOの7075削り出しの強いクランクに、今回はリアフリーということで、
フロントには薄歯17Tの固定コグ+ガード(2速化は後々の課題ということで保留)。
フロントが固定なので、 BBはフロントフリーのときのように長いものを使う必要はありません。
強さも上げたかったので、
RaceFaceのISIS、118mmのDH向け(軸が肉厚)を使用。
若干重いけど、それでも鉄製の3ピースよりはトータルで相当軽いはず。


今回はあるところで発見したクロモリフォークを個人的に試験的使用です。
アルミのフォークは軽いけどやっぱり折れるっぽいので。
コラムは、市販のトライアルフォーク(あらかじめ切っているタイプ)に合わせて200mmでカット。
この長さでポジションが出るようにハンドル回りを作っていきます。

このあと、最後の忘年会→深夜2時過ぎまでカラオケ、という年末らしい時間を過ごし、
そこからさらに!!
ガレージにもどって続きをやりました。

年内に乗れそうだ!!

0 件のコメント:

コメントを投稿