JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2010年1月5日火曜日

trMOZU最終プロトで2010年パーク初め。

夕方から近所のパークで乗ってきました。
もちろん、ついに最終形にたどり着いた、trMOZUで。

日本のストリートMTBライダー集団TUBAGRAで開発を進めてきた、
国産クロモリ24インチストリートトライアルフレームです。



いやー、パークでも最高のパフォーマンスです。

とにかく、動きが軽い。
挙動が分かりやすい。
リアタップやダニエル状態になったときの安定感と踏ん張りは特筆ものです。
360も気持ちよく回ります。
もちろん、私は前後ともブレーキを使いながら乗るトライアル的な乗り方なのですが、
こういった乗り方が特にtrMOZUのジオメトリと仕様に合っているのかも。
まさに、ストリート+トライアル。

横に回りたくなるトライアルバイク。
トライアルがしたくなるストリートバイク。
めちゃんこ楽しいですよ、これは。

今回組み上げるときに採用したリアフリー(HOPE PRO2Trial)も、最高ですね。
フリー部分もガッシリしているし、チェーンテンショナーなしでも固定ボルトが大きくて固定力抜群。
ちなみにフロントは、フロントフリークランクに固定コグを入れて使っています。

試しに使ってみたクロモリ製のフロントフォーク(肩下410mm、ディスク専用、1200グラム)も、
細身だけどなかなかカッチリしていて、気持ちよく乗れます。
妙なブレもないし、アルミのフォークよりもコシがあって乗りやすい。
trMOZU用のオリジナルフォークができるまではこれでバッチリ乗れそうです。
(まぁ細めでベンドしてる見た目には好き嫌いあるかもしれないけど)

文句なしに、今まで組んだ&乗ったトライアル系フレームの中で最高の仕上がりです。


ついにキタ、って感じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿