JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2010年2月11日木曜日

眞砂(MASAGO) x ABOVE BIKE STOREのサドル!

 ABOVE BIKE STOREというお店がオリジナルで作っていたサドルに、
眞砂の職人さんが皮を張り直したスペシャルなサドルが登場!
話には聞いていましたが、ついに予約開始したようです。

聞くところによるとピスト関係では結構知られてるお店のようで、
こういったカタチで眞砂のプロダクトの品質の高さが知られていくのはすごくいいですね。
大量生産品ばかり目にしている普段の感性のまま手に取ると、
思わず「ほぉーーーー!」って言っちゃいます。

革は非常に高品質しかも国内(しかも東京、板橋区)で職人さんが一つ一つ厚みまで調整しながら張っています。
ぜひ店頭でチェック!
(・・・って私は行ったことないお店ですが・・・機会があれば行ってみたいですね)



眞砂ブログより:

MASAGO x ABOVE BIKE STORE

Posted by admin at February 10, 2010
MASAGO x ABOVE BIKE STORE さんとのSADDLEが、
本日より、先行予約開始となりました。
ABOVE BIKE STOREオリジナルのAERO SADDLEをベースに
眞砂が丁寧に表革を張り替えたサドル!!
美しいエアロフォルムが特徴を考慮しながら
革の厚さをミリ単位で調整したサドルです。
機械による大量生産では生み出せない仕上げの美しさを、
是非一度、ご自分の目で見て、手にとってご確認下さい。
ABOVE BIKE STOREさんで、実物サドルが見れますよ!!




さてさて、私jinkenが鉄ONEフレームセットと共にスタートした
JBP(JINKEN Bicycle Products)でも、眞砂さんとのコラボ製品の開発を進めています。

オリジナル商品については近々発表するとして・・・
眞砂の「サドルの革の張り替え」サービスの受付は、
JBPのサイトでももうすぐ受付をスタートする予定です。

サドルって人によって微妙に合う・合わないがありますし、
いくつもサドルを買い換えて、試して試して、
・・・ようやく「コレだ!」という銘柄に出会える・・・みたいなところもありますから、
もしお気に入りのサドルに出会ったら、ベースが生きているうちは表面が傷んでも皮を張り直してずっと使って行ければ最高ですよね。

「見た目重視で安いサドルをどんどん使って、飽きたら買い換える」というのもアリだとは思いますが・・・
自分のお尻に合った、信頼できるお気に入りのサドルを再生させながら長く使っていく、
という選択肢もあっていいと思うんです。

「このサドルであそこに行ったなぁ・・・あの時乗ってたなぁ・・・」なんて思い出が染みこんだ、
思い入れのあるサドルと長くつきあって行ければ。。。

そして、せっかくお気に入りのサドルの革を張り替えるなら、
最高級のこだわりの革で!職人の最上級の手仕事で!


眞砂さんの仕事の丁寧さや新しいことに挑戦する姿勢はすごいし、
個人的におつきあいさせてもらって職人さんの人柄も含めて信頼しています。
私が個人的に張ってもらったサドルも素晴らしい出来でした。
(それに何より、眞砂には「チャリ部」があります!自転車大好き。)

やるなら、やっぱ、眞砂しかない!って思ってます。
JINKEN Bicycle Productsの「サドルの革を眞砂で張り替えよう」プロジェクト。
もうすぐここでも詳細を発表できるはず。

もうちょっとだけ待ってね!
お楽しみに!

0 件のコメント:

コメントを投稿