JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2010年3月5日金曜日

トライアラーによる、空気を読まないピスト動画:Chris Akrigg。

基礎が高いレベルでできているトライアラーの順応性の高さは半端ないです。
軸に乗る感覚や、バイクの上で身体を大きく動かすことに慣れているから、
DHでもピストでもストリートでも、応用が利いてしまう。
(超うまい人の話ですけど)

この動画、貼ろうかどうしようか迷ったんですが、
貼ります。
もう、あちこちで話題になってるし。

Chris Akrigg THE MAURICE.0 from chris akrigg on Vimeo.



ピストから自転車に乗り始めた人はびっくりするかもしれませんが、
彼はガチで競技もやっているトライアラーです。

スゴイ、ことは確かですが、みんながこれを目指すべきだとは思いません。

(部外者のつぶやきとして聞き流してほしいんですが…)

ピストトリックは全体としては、
BMXや競技トライアルの世界の人間が気まぐれで固定に乗ったくらいでは真似のできないような、
ピストならではのスタイルや動きを発展させていってほしいと思っています。

まぁ、個々人のレベルでは、ピスト+トライアル、とか、ピスト+ダートジャンプとか、
びっくりするようなスタイルもアリだと思います(こういうのは、早い者勝ち)。

(ちなみに、私が心の奥でひそかに一番かっこいいと思っているのは、
 名前はわかりませんが、ドロップハンドル・細タイヤのケイリン仕様でスムーズに鋭くスピンして、
 そのまま走っていくようなスタイルの…あの人です。わかる?)


ちなみに、私は、固定には(今のところ)乗るつもりはありません。
私はトライアラーですが、もし私が乗ってもこんな風にはなりません!
(なれない、というべきか)

0 件のコメント:

コメントを投稿