JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2010年3月5日金曜日

眞砂×JINKEN コラボ企画続々!

先日発表した革編み込みブルホーンハンドルを皮切りに、
眞砂×JBP(JINKEN Bicycle Products)のコラボ企画が、複数走り始めています。

まずは、サドル!

革の張り替えがJBP(JINKEN Bicycle Products)を通じて
眞砂さんに依頼できるようになります。

現在、大泉珈琲店の大泉くんのサドルを、
手順のご紹介を兼ねて作業中!

その模様は、こちらで順次追って紹介されています!
是非チェック


眞砂JBP(JINKEN Bicycle Products)が革の「張り替え」にこだわるのには理由があります。

サドルは直接身体を支える重要な部品ですが、
お尻に合う/合わないがあり、好みもあり、
「ずっと付き合いたい」お気に入りのサドルにたどり着くまでには試行錯誤が必要なことがほとんどです。

もし、幸運にも自分にあったお気に入りの銘柄のサドルに巡り会えたら、
そのサドルをずっと使っていたくなるはずです。

でも、サドルは身体を直接支えるだけに、
構造的には問題なくても、サドルトップが破れたり削れたりして、傷んでしまいます。
それがサドルの寿命・・・なのでしょうか?

いいえ。
革を張り替えれば、生まれ変わります!
しかも、眞砂の手で、最高級の革を使って、雰囲気も新たに、再生します。
ベースが壊れてしまうまで、なんどでも皮を張り替えて、
お気に入りのサドルを使い続けましょう!


そして、眞砂×JBP(JINKEN Bicycle Products)のコラボ企画がもう一つ。

革編み込みハンドルその2!

今回はNittoのプレーンなブルホーンです。
今回も、見事・・・!

こちらも、製作の進行具合が眞砂さんからレポートされています

こちらは、近日中にオープン予定のJBP(JINKEN Bicycle Products)のウェブショップで
取り扱いが開始される予定です。

詳細は後日。


他にも、実はいくつも水面下でプロジェクトが走っています。

近日中に、続々!
発表していきます!


JBP(JINKEN Bicycle Products)、まだまだスタートしたばかりですが、
日本で頑張る職人さんたちと一緒に、
どんどん新しいチャレンジを続けていきます!

0 件のコメント:

コメントを投稿