JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2010年3月8日月曜日

眞砂×JINKEN サドルの革張り替え/ハンドル革巻き プロジェクト続報

こんにちは、jinkenです。

JBPの各プロジェクトはどんどん前進しています!

まず、サドル!

お尻に合ったお気に入りのサドルは、
革を張り換えて長く使おう、というコンセプト。
せっかくなら、こだわりの高級皮革でカスタムを。



大泉珈琲店の大泉くんのサドルが進行中。



ぜひ眞砂ブログをチェック!

サドルの革の張り替えは、近日中にJBPを通じて眞砂さんに依頼できるようになります。
使用する革の詳細や仕様、価格などはもうすぐ発表できる予定です!



そして、かなりの反響をいただいている、
眞砂×JINKENのハンドルの革巻きプロジェクト



こちらは、各種ハンドル少数限定で、
巻いた状態での発売もいずれできるかもしれません。
こだわりの高級皮革「ミネルヴァボックス」を紐状にカットして、
手作業で編込み&革巻き。

こちらも、進行の具合は眞砂ブログをチェック!

先日の特殊形状の革編込みブルホーンハンドルよりも、
現実的な価格で発売を目指しています。

合わせて、お気に入りのハンドルをステム付きでお預かりして、
指定の色の革で巻き上げるというサービスの可能性を考えています。

オープンクランプじゃないステムだと、先に革を巻いてしまうとステムが入らないし、
お気に入りのハンドルをベースにして製作できれば最高じゃないですか?
握り心地の優しさは素晴らしいの一言です。

現在、試作と最終チェックが進行中。

こちらも、価格や仕様の詳細は近日発表予定です。

もちろん、サドルもハンドルも、多様なカラーの革が選べます。
(カラーの「呼び名」を考え中・・・イエローは「武蔵野イエロー」が最有力。)



買っては捨て、買っては捨ての自転車ライフから、
一歩先へ。

眞砂(MASAGO)×JBP (JINKEN Bicycle Products)からの提案です。



4月を目標にして、どんどん動いています!

0 件のコメント:

コメントを投稿