JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2010年7月24日土曜日

武蔵野ソフトバイクポロ。

記念すべき第一回、武蔵野「ソフト」バイクポロ。
もしくは、弱ポロ。
もしくは、バイクぽろん。
もしくは、大っきなボールのポロ。

今回はコンビニに売っていたピカチュウの絵入りのおおきなボールを使用。


転んでも楽しい。

後ろ20インチ、フロント26インチの「ポロ車」とか。
おもしろ自転車でポロ、まじで面白い。


今日は来れなかったリカンベントでポロなhidekkyとか、
鎖骨ポッキンキンでほぼ「見てるだけ」となったトールバイクでポロなQuiwamuくんとか、
さすが武蔵野、意味が分からない、っていう感じの愉快なメンバーたちがいっぱい。
小径車もいいね。



ところで、なぜ大きなボールか・・・について。


バイクポロはすごく面白い。
どんな自転車でもできる。
ママチャリでも。ピストでも。マウンテンバイクでも。小径車でも。
マレットもちょっと作り方を知れば自分で作れる。
ボールをマレットで突っついているだけで、すでに楽しい。

で、ちょっとゲームっぽいことをやってみようとすると。。。
案外、あのボール(オレンジ色の、ストリートホッケー用のボール)を
マレットでうまく打つのは難しいんですよね、最初は。

空振りします。
届かなかったり。
薮に飛び込んで探しまわったり。
すげー飛んでいっちゃったり。


でも、大きくて柔らかいボールなら、
とりあえずマレットを振れば当たります。
ころがります。
当たっても痛くありません。
だいたい、ピカチュウのボールだし、マジになりきれません。
適当な気分で、そこそこ熱くなりつつ、でかいボールをバコーンって打つのは気持ちいいです。
他にもいろいろ、面白いことが起こります。



今、日本でも、
競技系のバイクポロのレベルはどんどん上がっています。

明日はついに日本選手権開催。
トップレベルの選手たちのマレットさばき、スピード、正確性は半端ない!

全国のガチなポロプレイヤーたちに敬意を表しつつ、
武蔵野界隈から、ちょっと別のベクトルのポロ遊びの提案。
面白い自転車で、大きな柔らかいボールで、ゲラゲラ笑いながらの、
ソフトバイクポロ。

やわらかバイクポロ。
ばいくぽろん。

ルールもその場で適当に決めて。
ダートもアリとか、
足をついたらすげーー向こうの何か(今回は駐車場の入り口の券売機)にタッチしなきゃいけないとか、
マレットなしで手で打っていいとか(見た目以上に難しい)、
工夫次第で面白さ無限大。

流行らないかな。
流行らないだろうな。
かっこよくないし。
でも、めっちゃ面白いよ。

ほんとに、工夫次第で誰でも楽しめます。



今日なんて、カブトムシも参戦。

またやりたい。
今度はボールの空気を抜いてさらに転がらなくして、
中にちょっと水入れたりして。
楽しみだ。





(この日、楽しすぎて、飲み過ぎました。反省してます。みんな、ありがとう。)

0 件のコメント:

コメントを投稿