JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2010年9月5日日曜日

想い出ダブリュシー2010 -Memories of CMWC-

1996年から2009年まで、
14年連続でCMWC(サイクルメッセンジャー・ワールドチャンピオンシップ)に出場し続けた男。
その名も、辻慎一郎。


一時は鹿児島で一人メッセンジャー業を興し、
IFBMAのリストにはいまもQ-Courierの名が残っています

そんな彼が主催で、CMWCで出会った古いメッセンジャーの仲間たちが全国から集まり、
過去14年分の写真やCMWC関連の資料を眺めながらパーティ。
まさに今、グァテマラで行われようとしている(大雨災害で大変な様子ですが)CMWC2010の裏、
そして地球の裏側、東京で開催されたこの「想い出ダブリュシー2010」。
辻さんの連続出場記録が止まる瞬間のパーティでした。

私もお手伝いさせてもらいました。
場所は、渋谷のアハランサハランです。




参加者もそれぞれ昔の写真や資料、Tシャツなどを持ち寄り、
想い出話に花を咲かせました。

参加者には辻さん考案のドレスコードが。
それは「過去のCMWCに関する何かを身につけてくること」。
古いCMWCのTシャツ、キャップからゼッケン、マップまで。。。
会場は昔のCMWCのパーティにタイムスリップしたような独特の雰囲気に。


辻さん。
所属するメッセンジャー会社や世代を超えて、
これだけのバラエティに富んだメンバーが集まるのは、
この人の魅力。



中には辻さんと10年以上ぶりに再会した人や、
愛知から駆け付けてくれた人も・・・!


過去のCMWCの記念バッグやTシャツたち。
貴重なコレクション!


現在までつながる、貴重な写真たちのスライドショーを鑑賞。
1996年からあるんですよ。
辻さんの若いこと。




人であふれかえった、決して広いとは言えない店内は熱気でムンムン。



レジェンドの共演も…!



鹿児島Q-Courierのパンフレット!
超貴重!


入口には2000年のCMWC(ある意味で日本のメッセンジャー史にとっても重要な大会)の
ゴールで使われていたバナー が!



ほんと、素晴らしい時間でした。
大きな告知なしで、口コミとメールだけでのお誘いだったにもかかわらず、
30人以上の(元/現役)メッセンジャー/CMWC参加者たちが集まってくれました。
当然ながら、ほとんどが偉大な先輩メッセンジャーで、
メッセンジャー「ダニエル」はしょっぱなから緊張しまくりでした。。。!


会場となったアハランサハランのスタッフのお二人には、
事前の打ち合わせから設営から撤収まで、料理以外でも本当にお世話になりました。
カバちゃんKetchくん、ありがとう!
そしてMeiさん、micheek、そして協力してくれたすべての方、
本当にありがとうございました!

そして、


会場の隅でずっと音楽を担当してくれたのはDJ hrk.y(Mosaique)
ナイスな選曲で場の雰囲気をつくってくれました!
ありがとう!


ラストにはTKBMAの呼びかけで、
現在大雨災害でひどいことになっているグァテマラを始め、
CMWCと世界のメッセンジャーコミュニティのための募金の呼び掛けも行われました。
ご協力ありがとうございました!



最高に楽しかった!
辻さん、みなさん、ありがとう!

0 件のコメント:

コメントを投稿