JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2010年9月2日木曜日

メッセンジャーのバーテープとか。

1か月ぶりに、鉄ONEで仕事。
いやー、やっぱ良いですね。
ディスクブレーキもバッチリだし、良く進む。

さてさて、会社のガレージで見かけた同僚の自転車。


メッセンジャーの自転車のハンドル。
コットンのバーテープの最終形態。

なんだろう、このカッコよさは。



良いですね、良いです、良いんですが。。。

これに匹敵するぐらいかっこよくて、
それでいてキッチリと役割を果たしてくれる、
そんな耐久性も機能性も雰囲気も抜群のバーテープが欲しいです。

そう、レザー。。。

ゆっくりと、いろいろ進行中でございます。


さてさて。
今日、信号待ちをしながら、マンホールを開けて下を覗き込みながら
会話するお仕事中の人たちを見ながら、
思い出したこと。



少し前、メッセンジャーたちが企画したパーティのフライヤーで、
自分たちメッセンジャーを「路上労働者」と表現したものがありました。

そう、僕らは道という道を走り続ける路上労働者。
ネガティブに聞こえますか?
そんなことはない。

路上=ストリートこそ、我々の職場であり、仲間たちと共有する空間。
手足を自由に伸ばし、身体を動かし、自分の言葉を発しながら、労働の中で自己表現する。
メッセンジャーを含む労働者の連帯があるとすれば、それは路上連帯のようなものではないだろうか・・・
そんな空想(残念ながらそれはまだ現実じゃない)が、夜中、家を目指して踏みながら頭をぐるぐると回った夜でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿