JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2010年11月26日金曜日

オープン前のSunrise Cyclesにお邪魔しました。

岡安製作所の岡安さんと、
スタート直前のSunrise Cyclesさんにお邪魔してきました。

Mr. Takai, Sunrise Cycles

Takai氏。
20代のフレームビルダー。
ショップの店員を経て独学でフレーム製作を研究し、
日本の自転車界にあたらしい風邪を吹き込もうとしています。
ここにもいた、本気の自由人。

 発想が自由でこだわりが深くて、
それでいて柔軟で。

Sunrise-end

ディスクブレーキ+シングルスピードはここでも。
サンライズサイクルズのSがきれいにカットされたエンド。

他にも工房内にはきれいなラグのピストや小径車も。
いやもう、そういうジャンルを超えた自由なフレームの数々。

Sunrise Cycles

工房兼ショップは新高円寺の駅から近い五日市街道沿い。
なんとガラス張り。
外からフレーム製作が丸見え。


Sunrise Cycles

武蔵野に新しい風が吹きそうです。

Sunrise Cycles

スタートは12月1日。
個人からのオーダー受付はいつからかな?


自転車のフレームビルダーって、
本当にいろんな人がいるなぁー。
自転車に対する考え方やこだわり、製作方法や感性、美学といったようなもの、
本当に様々です。



多様な個性が並んで咲き誇るような、
そんな日本のモノ作りの風景が、
自転車製作の世界で実現すればいいな。

メイドインジャパン、可能性は無限です。


作り手の思いや個性や世界観を感じながら乗るっていう選択が、
日本にも一つの文化として根付いていけばいいな。

いろんな作り手が、
それぞれの個性や世界観を尊重しながら刺激しあって高めあって、
反響しあうように光り輝くような、
そんな場面に、私も是非居合わせたいものです。



東京は高円寺のSunrise Cycles、要チェックです。




私も彼のファンのひとりです。

0 件のコメント:

コメントを投稿