JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2010年3月31日水曜日

CMWC2009 TokyoのArt Rushサイト完成!

みんな、いますぐチェック!!
なんかもう、感動すら覚えます。


↑今更ながら、良く見るとこのロゴも秀逸。

楽しかったなーCMWC…

今でも、たまにCMWC Tokyoのサイトをチェックしてます。
ほとんど更新されないけど、
一応まだ生きてるんですよ。

そうそう、そして、
今日(2009.03.31)は、
この感動的な2009年のCMWC Tokyoを実現させてくれたTKBMAのボス、
Yoshi a.k.a.「校長」のメッセンジャーとしてのラストランだったはず。

お疲れさまでした!
そして、ありがとう。

大橋トリオ / 贈る言葉 の0:25~

仕事中のが(たまたま)通ります。



それにしてもいいアレンジ…!

もろもろの進捗。

3月も末になりました。

いろいろとバタバタしています。

まず、鉄ONEですが、
オーダーいただいている皆様、お待たせしております。

現在、一人ひとりのサイズとジオメトリにピッタリ合ったインテグラルヘッド仕様のヘッドチューブを
切削で製作してもらっているところです。

エンドも一人ひとりのジオメトリに合わせてひとつひとつレーザーでカット。
こちらはすでに届いております。

材料がそろい次第、岡安製作所にて制作が開始されます。
一本一本、岡安さんが丹精込めて溶接してくれます!


そして、バタバタの理由は他にも。。。

私が眞砂さんにワガママを言って作ってもらい、
あまりにも素晴らしいのでぜひ製品化を、とミーティングと試作を重ねて製作してきたコイツ。
(私が使っているのを見た人もいると思います、そう、アレです)

近日発表、眞砂×JINKENの特製ロディアカバーです。

奥にチラっと見えていますが、ただのカバーではありません。
もちろん、自転車(メッセンジャーバッグなど)に親和性の高い、
そして素晴らしく使いやすい、まったく新しいロディアカバーです。
(私の図面をもとに型から眞砂のKENさんが作ってくれています!)

こちらは近日正式に発表&発売予定です!
自信作です!


眞砂×JINKENのプロダクトたち(革編込ハンドルオールブラックのU字ロックサドル張り替えやロディアカバーなど)には、
ラミネートされた眞砂のカード(スポークカードにしてください)がつきます。
裏面は、革の「お手入れの方法及び保管方法」の注意書きになっています(笑)。


ステッカーも付きます。




さてさて、いろいろありますが、
何より、バタバタの一番の理由はコレです。


明日(4/1)、エイプリルフールなのが若干気になりますが(笑)、
JBP (JINKEN Bicycle Products)のWEBSHOPをオープンさせます!

もう言っちゃったから、
とにもかくにもオープンです。

その後のことはその後考えることにします!!


バタバタバタ。。。

2010年3月30日火曜日

自転車図案(立体)@静岡アートフォーラム

投稿作品です!

「立体自転車図案@鶴岡アートフォーラム つっこみどころはありすぎるけどかっこいい!」
byキワムくん

ハンドルだけちゃんと立体!



でも座ったら大変なことになります!

アートって言っちゃったらなんでもアリだなー!
と思っていたら、駐輪場を示すものらしくて、
一応実用的なモノらしい。

突出しはゼロだけど、これはこれで縦型のステム、に見えなくもない。

「アートセンターの駐輪場マークです。車で通りかかっただけで心奪われました(・∀・)」
byキワム

2010年3月29日月曜日

バイクポロ@修善寺サイクリングジャム、その他の写真たち。

順不同。


















ほんっと楽しかったねっ!

"Yabusame" the prototype frame for Bike Polo, made in Japan


Hi, everyone!
Let me explain the prototype of Yabusame that is the first Bike Polo frame in Japan.

"Yabusame" test frame only for BikePolo

First of all, Yabusame of the name means an old Japan toxophily
for the samurai to shoot the arrow while running getting on the horseback, like this.

Yabusame frame for Bike Polo is jointly developed
by Okayasu Factory, TUBAGRA, and JBP.

The large pit is open as understood from the image in the head tube and the seat tube.

"Yabusame" test frame only for BikePolo


Such a drillings have been given up to now with the MOZU frame of TUBAGRA,
and it is proven that it is processing that unites lightening to strength.

"Yabusame" test frame only for BikePolo

In the Yabusame frame, the style has been developed further.

Especially, a new hole in the back of the seat tube plays the role to prevent the tire being hit
to achieve extremely short length of the seat stay.

Moreover, the design of the seat stay composed of the welding
follows the design of the Tetz-One frame of JBP.


"Yabusame" test frame only for BikePolo

V brake plinth is welded under the seat stay,
because it is prevented from breaking being beaten brake with Mallets.


Crow, Tokyo Hardcourt Bike Polo Player, the test rider of Yabusame frame.

He is Mr. Crow who is the player of the Bike Polo scene in Tokyo.

It is scheduled that he tests Yabusame, and the improvement is added.

Details will be able to be announced by the end of several months
though neither the sale time nor the price have been decided.


2010年3月28日日曜日

バイクポロ@修善寺サイクリングジャム、2日目。

今日もポロ!

会場入りの前に、修善寺の温泉街でお土産やさんめぐり。
そこで押さえた、今回のベストショット(笑)


ポロボールinまんじゅう。
修善寺の修善寺へ。


ダルマとRyo。
再び、会場入り。
正面入り口付近にはゴールドスプリント!
こっちは人の流れが結構あるなー。

再度設営、の、前のひと時。
なんか、アスファルトがあったかいらしい。

ポロ向けにセッティングされた自転車がこんなに集まってるのは壮観です。
ポットにサングラス、
これ、超カワイクなーい?


さて、今日はピックアップゲーム。
自由参加で、マレットを置いた順にメンバー非固定でやる練習試合みたいな感じです。

それはそれで、すごく盛り上がるのでした。

バイクポロ。
ほんと不思議なもので、シンプルなルール、
かんたんな手作りの道具で、びっくりするくらい面白い。
見てても面白いけど、簡単なので、是非一度やってみることをお勧めします!


プラ段ボールで自作のホイールカバー、
みんなかなり使ってましたね。
スポークにマレットが入ってしまうことを防ぎ、また相手からボールを隠したり、
効果的なディフェンスにも役立ちます。
でも強風はつらいよね。

ちょっと詳細を忘れてしまったけど、
自転車系Tシャツ屋さん?らしいです。
自転車図案?


Matsudoのフレームパッド?
マレットが二本はさめる仕様です。
お洒落っ!




後半、MCで(いろんな意味で)盛り上がりました!
今日も風が強かったー。

さて、私の鉄ONE、ポロ仕様。
e13のガードをつけました。
PCDは110。


前後とも普通の700Cです。
ハンドルはコレ
アップライトなポジションで、ポロやってないときも、
これはこれですごく乗りやすい!


ReKidzのステッカー。
私ももらったなぁ。
何に貼ろう。

帰り。
そりゃ眠くもなるよね。


でも、レンタカー返さなきゃいけないので寝てられない。
修善寺から小田原に抜ける山道(なんとかスカイライン)では、
雪が。。。
気温は氷点下。
もうすぐ4月なのに!

濃霧で前が見えない中、なんとか抜けて高速に。

無事帰ってきました!


ほんと、みなさんお疲れさまでした!


いやー、ポロ楽しい!
まるで部活の合宿!

2010年3月27日土曜日

バイクポロ@修善寺サイクリングジャム、1日目。

行ってきました、修善寺CSC。
バイクポロの大会です。

東京のTHBPからは、レンタカー(ハイエース)4台で!
朝5時集合。

起床は4時。
寝たのは3時40分くらい。
睡眠時間20分。



場所は、メインサーキットのコース上!

こんな感じの場所でした。
結構傾いていたのですが、プレーをはじめるとあまり気になりません。

今回、東京のTHBP (Tokyo Hardcourt Bike Polo)のメンバーで柵の設営等もやりました!

Rikiさんの指示で、大人数で作業すると、あっという間です!

柵があるのとないのとでは大違いなのです。

この設営機材も、すべて東京から持ち込みました。
タイラップとボルトで留めていくんですが、
適当にやってもうまくいきません。
何事も、段どり、段どり。



プレイ開始!

リーグ戦で全7試合!

(なぜか最初の二枚の写真はMatsudo)

お昼休みには正面入り口付近をうろうろ。
上パーの激安パーツ販売もやっていました。
(今回チームメイトのNissyさん)
ほんと、自転車のテーマパークですよ、ここは。


午後もポロ!ポロ!

足をついてしまったら、一度プレイから離れてコートわき中央のこいつ(シンバル!)に
タッチしないと戻れません。
普通はコーンにタッチ、なんですが、シンバルとはお洒落です。
女子チームは赤いつなぎで!
チームワークもなかなかで、手ごわいのです。


風が強くて、かなり寒かったんですが、
相当盛り上がりました!


朝は少し雨模様だったんですが、
スッキリ晴れました!
全8チーム。
どのチームも、相当練習してきています。

このバイクでのラストゲームとなる?Crow。
流鏑馬のテストライダーに決まっています。
「ライジン」と改名したチームの三人。


流鏑馬フレーム(日本初のバイクポロ専用フレーム)のプロトを会場に持って行って、
いろんな人に見ていただきました。

写真撮ってもらったり。


ゲームも終盤。

このあたりはもう、すごくレベルが高い!

彼(Tommy)の技術はすごいです。
そして、エキセントリックなサイクルキャップ(メキシコ)もすごい。
レスラーのマスクみたいです。
そういえば、池袋のHajimeくんのこのヘルメットもすごかった!
チーム名(Black Wrist)といい、カッコイイですねー。


リーグ戦の結果!


優勝はTommy/Ubota/Beatチーム!
プライズは、眞砂の革巻きU字ロック!
しかも手前味噌ながら、JBP別注限定のオールブラックモデルです!

おい、Ubota!
ひどいぞ!(笑)
喜んでもらえてよかったです!

眞砂さん、ありがとうございます!


えっと、私とNissyさんとGonさんの「チーム・ゴースト」は、、、
最後の最後に一つ引き分けて、目標だった「勝ち点1」をゲット!
全敗だけは免れました…!


CSCではなく、修善寺の温泉街のホテルの団体部屋に宿泊。
夜は修善寺駅近くに繰り出しました!


といっても、おっちゃん一人でやってるラーメン屋(笑)。

いやー、ほぼ丸一日ポロって、
私的には去年の東京クラシック以来?
楽しかった!

夜…睡眠時間20分の私は、
亀田×ポンサクレック戦の途中でノックダウン。。。


明日もポロだ!


オマケ:ホテルの駐車場…
斜めにもほどがあるっ!