JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2010年4月30日金曜日

近日発売!眞砂×JBP オリジナルロディアカバー/ホルダー

眞砂さんに何度も試作をお願いし、秘密裏に(?)テストしてきた、
JBPオリジナルのロディアカバー。

(実は何年も前から欲しくて欲しくて、あてもなくラフを何十枚も描いてきたものが、
ついに夢の商品化!)

本日、その全貌を公開っ!!


素材は贅沢にも最高級イタリアンレザー「ミネルヴァボックス」。
眞砂の職人さんによる、ハンドメイド in Tokyoです。

使用するロディアのメモパッドは小振りで使いやすいN°11。
文房具屋さんで売ってます。

専用のボールペンは・・・必要ありません!
コンビニでもどこでも売ってる、一般的なボールペンが使えます。
インクが切れても、ペンなくしても、すぐに補充可能。
実用性第一。

そして、右上に見えているのは、
3Mの定番商品、ポストイット・フラッグコンパクト。
コイツもポイントですが、それはあとで説明します。

ボールペンを挿してみるとこんな感じです。
革でしっかりとペンがホールドされ、抜け落ちることはありません。
そして、挿す時も迷いなくスパっと入ります。

市販の一般的なロディアカバーには、耳のようなちっちゃいペンホルダーがよく付いていますが、
あれは挿しにくいし、モノによっては細いペンしか挿せません。
手荒く扱うと、ちぎれてしまったり、ぶらぶらしたり・・・。

でもこのロディアカバーのペン挿しは何の遠慮もいりません。
ペンの尻のほうが飛び出していますが、
それも、ペンを抜き差ししやすくするためのデザイン。
実際、今まで私が使ったどのロディアカバーよりもペンの操作がしやすいです。


開くと、中はこんな感じでシンプル。
ロディアを装着すると、こんな感じになります。

カバーの内側にカードホルダーがあります。
フラップ付なので決してバラバラと落ちることはありません。

さて、ポストイットはどこに?

・・・ココです。
ポストイット・フラッグコンパクトがピッタリ収まる、
専用のスリットとフラップが装備されています。
自分のメモに貼って色分け・分類したり、
出先で資料を整理したり、目印に使ったり。
ポストイットの定位置として、出先でもスマートに使えます。


さてさて、
まだまだ工夫は山盛りです。
裏返してみましょう。


下の部分はベルクロで留まっています。
バッグの中で勝手に開いてしまうことはありません。
大切なメモがちぎれて行方不明になることもありません。

この部分は試行錯誤の末、
右手人差し指をかけてさっと外せるように、
使い勝手を追求した最適な位置に配置されています。


さらに、裏面には金属製の丈夫なフックが付いています。
ベルトやポケットに留めることができて便利。

このロディアホルダーは、(自転車で)アクティブに動き回る行動派向け、というコンセプト。
外で立ったままメモを多用する人に最適な仕様になっています。

そしてさらに!
ここからが、JINKEN ”Bicycle” Products としての真骨頂。

こんなオプションが用意されています。


オプションですが、ぜひ一緒に使って欲しい!
メッセンジャーバッグの肩パッドを兼ねたロディアカバーのホルダーです。

ここにロディアカバーが装着できます。


メッセンジャーバッグを背負って身体にピッタリと密着させ、
肩から胸の位置にホルダーを持ってくるようにすると使いやすいです。
自転車に乗っていてもすぐにメモが取れます。

バッグを開ける必要も、ポケットを探る必要もありません。

※これはテスト1ヶ月ほど使用したホルダーです・・・だいぶ艶が出ています


ホルダーも本体同様、最高級イタリアンレザー「ミネルヴァボックス」仕様。
使い込むほどに深みと光沢が出て、半永久的に革のエイジングを楽しむことができます。
天然のオイルをたっぷりと含んでいるので、多少の雨なら気にせずに使えます。

もちろん、ロディアカバーを装着していない状態でも、
肌触りがよくしなやかな素材なので、ストラップのパッドがわりにそのまま装着しておけます。

ちなみに、
本体を数ヶ月間、毎日のように使い込んだものがコチラ。

使い込むほどに味が出ていきます。


サイズも絶妙で、
左手で本体を持って右手でペンを抜いて開き、立ったままメモを取るのに最適な大きさ。
革の厚みや各部の仕様もホールド感にこだわった最高の仕上がりです。

ミネルヴァボックス使用で、カラーオーダーも可能になる予定です。

気になる価格は・・・
近日発表します!

乞うご期待!


個人的には、探しても探してもなかった、
本当に自分で使いたい、最高のロディアカバーができたと自負してますっ!

お問い合わせ等は・・・ jinken@nobikenolife.comまで。

2010年4月29日木曜日

トップページ更新とTHBP展のお話

5月を前に、ホームページのトップ画像を変えました。


あー、ポロやりたいなー。
でも結局自分用のポロバイクはないので、
Crowの流鏑馬貸してもらってやりたいなー。

そうそう、我らがTHBP(Tokyo Hardcourt Bike Polo)がもうすぐ設立一周年!
(えっ、まだ1年なの?っていうぐらいの展開を見せましたねー)

というわけで、来る6/4(金)~6(日)に、
THBP FESTIVAL(1周年記念イベント/展示)が企画されてます。
展示の場所は、渋谷区広尾にあるTRANSMIT。
詳細についてはまた書きますが、ポロシーンに興味がある人、
今すぐ手帳に書いておいて損はないですよん。

流鏑馬のプロトバイクも展示されます。

2010年4月28日水曜日

自転車図案:国立駅のポスター

うーむ、図案というよりイラストですが。

おお、珍しくヘルメットかぶってる!

・・・いや、駅員だとしたら帽子かな。
残念。



このエンド形状、
昔のキャノンデールを彷彿とさせるなぁ。

フォーク細い!!

そして・・・Cook Brosっぽいデザインのステム!
丸い!


そんなこと言ってますが、
いやー風邪しんどい。

2010年4月27日火曜日

自転車×ビール!FAT TIRE!

Kaostemのichimuraさんがtwitterでこんなつぶやきを…

「素敵なビール!美味しいよ〜。 http://twitpic.com/1iv06o



なにげはなしにリンク先の写真を見てみると。

!!!

こんなビールあるんだ!!

さっそく検索。

すると。。。





Fat Tireっていうビール!

アメリカ、コロラド州のビールらしいですね。
ニュー・ベルジアム醸造所 New Belgium Brewingというところでつくっているとか。

いろいろ、購入する手を考えたんですが…
輸入しているところも発見しましたが、24本くらいまとめて買うことになるし、
それでもスロウライドで飲むとしても一本当たり800円とかしちゃうなー。。。


自転車ラベルといえば、
チリワインのコノスルなんてのもありますね。
これは、安い割に結構うまい!

自転車のラベルのお酒って他にもあるのかな?
なんか、気になってきた!

自転車図案:三岐鉄道三岐線の車内吊り!

今回のはすごいですよ。
いやー、実際に行ってみたい。

レジェンド・オブ・CMWCとして有名(?)な、
出身県鹿児島でラジオ出演まで果たした(!)Tsujiさんからの投稿です。
恐縮です。




三岐鉄道三岐線の車内吊り。
三岐鉄道は、日本では珍しく自転車をそのままの状態で
無料で車内に持ち込める。
自転車に対してとても理解のある鉄道会社。
でも、自転車の絵はいいかげん(爆)」 byレジェンド

行ってみたい!

それにしても、カゴを描く余裕があったら他にいろいろ…



自転車そのまま持ち込めるっていうだけで、
この路線で乗ったり降りたりしてみたくなりますね。

White Industriesのシングルフリー、22T。

1日半ほど、超久々の風邪でぶっ倒れていました・・・
もう二度とごめんです。
健康管理、ちゃんとします。

で、38.6℃の朦朧とした頭で…
考えるのはやっぱり自転車のこと…





これ、いいでしょー。
White Industriesのシングルフリー。
22Tですっ!

大きい歯数はこんな感じで肉抜きが入るんですね。

モノとしてかなりの好みです、需要は少なそうだけど・・・
バイクポロなんかにもいいかもね。

こちらで出品しております
落札されるまでは、眺めて楽しみますっ!

2010年4月26日月曜日

来ました!!Kaostem!

噂の「ゲリラ納品」のゲリラ具合は本物でした。

朝、Kaostemのichimuraさんから連絡が。
「本日納品です」

えええーー!


ほんとにやってきてくれました!
どん!!
良い色でしょ?


さっそく取付!
バイクは…もちろん鉄ONEです。


バッチリです。
ハンドル形状が、前方向にベンドしているものなので、
この手の短めのステムでちょうどいいのです。

(私の顔ステムは、長さを若干変更したテスト品です)


岡安製作所JBPフレーム)、Kaostem(ステム)、
そして眞砂サドルハンドル革巻き)、さらにRui & Aguriヘッドバッジ(試作)と、
メイドインジャパンのオンパレードです!!
ポジションも狙い通り、完璧な仕上がりになりました!

いやー、なんて幸せなんだ。

Nakamuraさんのステム(プロト)には、テストで彫り込まれたKAO―STEMの文字。
こんなこともできちゃうんですね!
いつか、うちの製品にもJBPって入れてみたい!

ガレージ前には84くんも合流。

メイドインジャパン、盛り上がっております!!

2010年4月25日日曜日

鉄ONE製作中@岡安製作所

鉄ONEをご注文頂いている皆様、大変お待たせしております。


鉄ONEはサイズ・ジオメトリ等フルオーダーのため、
エンドやヘッドチューブ等もひとつひとつ最適なサイズや角度で製作されたものを使用します。

すべての材料が揃い、
まさに今、岡安製作所にて製作が行われている真っ最中です。
(写真は仮どめされたフレーム・・・岡安さん撮影)

岡安さんが一本一本、丹精込めて製作してくれております。
昨日の関戸橋も、「行きたかった!」と言いながら、
岡安さんは工場で鉄ONEの製作にあたってくれていました・・・

私も完成が楽しみです。

溶接の後はセンター出しや塗装の工程を経て、
さらにヘッドやBBのフェイシングを行ってフレームは完成します。


もう少し、もう少しお待ち下さいね!


JBPでは鉄ONEのフレームオーダーに合わせて、
必要なパーツのセレクトや手配、組み立てにもご相談に乗らせて頂きます。
オーダーをお考えの方はお気軽にご相談下さい






・・・いまだに自分でも「ジェイビーピー」って言いにくい。

2010年4月24日土曜日

せきどばし、春。

起きたのは9時半。

もう、関戸橋では早朝のゴールデンタイムは終わってるでしょうね。
それでも10時頃うちを出て鉄ONEで向かいます。

年に二回の、主催者のいない巨大フリーマーケットの集い。

春。

先週は雨だったので、今週かなぁ、と。

たんぽぽぽぽぽ。
ついたら11時。
もう終わり気味の時間ですが。。。

いきなり、オールドクラインが2台、目に飛び込んできました!
いやー、買い物だけじゃなくて、こういう素敵な自転車がたくさん集まっているのが、
関戸橋の魅力ですね。

ポロリな面々のブースにお邪魔。
Rikiさんがいっぱい準備したというマレットはすでに売り切れ。
これで、日本のバイクポロ人口がまた増えたに違いない!!



半年後、秋のフリマではこんな感じでテーブルとか持っていってやりたいなぁー。



昼過ぎまであちこちウロウロして、
豚汁や焼きおにぎりをいただいたり、落とし物したり、見つかったり、
買い物したり、楽しかったです!

みなさんありがとうございます!

そして、今日もいくつか素敵な出会いが。

ほんと、自転車乗ってて良かった。



本日ゲットの品々(一部)


なんといってもコレ。
眞砂さんからいただいた、新ステッカ-、FUKUさん仕様(笑)!!
trMOZUに貼ろうかな!?


下の三枚は耐候性の新ステッカー。
こっちは鉄ONEに貼ろうかな!

あとは、PCD110mmのチェンリング、42Tと50T。

ほとんど新品で500円と1000円!


リッチーの刻印入り!

もっと朝早く行けば掘り出し物がいーーーっぱいあるんでしょうね。
でも、危険なので、次回も遅めに行くと思います。
(というか、早起きできない)

BR-M525。

HOPEのMONO Trialは相当調子いいんですけど、
やっぱ価格がね。

っていうアナタ。


フロント用・リア用ともにいっぱいあります。

興味ある人いるかな・・・?

2010年4月23日金曜日

trMOZUのハンドル周りのセッティング(最新版)

そういえば、trMOZUのハンドル周りのセッティングの話。
実は2週間くらい前にハンドルを替えてました。



blkmrktのBADABOOMっていうハンドルにしました。

7075アルミ製、クランプ径は31.8mm。
トライアル用のハンドルではスタンダードな材質と径。
やっぱり、硬さといい軽さといい、この仕様が一番しっくりきます。

そして、こいつは(トライアル用として売っているものではあまりない)
ライズ大きめの2インチライズです。

角度も、数値はわからないけどちょうどいい!!



グラフィックは好み分かれるでしょうがこんな感じ。


ステムはちょっとトライアル寄りにしたかったので90mm。
ライズの大きいハンドルを使うと、ステムは「普通の」角度のものが使えるのが嬉しいところ。

今のところ、やっぱりベストはThomsonですねー。
顔ステムの長いバージョンとかあったら使いたいけど・・・!

ギリギリバニーホップも跳べて、ダニエルでも安定する場所を狙ってます。

コラムは200mmで切ってるんですが、
ステムのクランプはこんな感じの高さでちょうどいいです。
もうしばらく乗って、これでキマリ!って思ったら余ったコラムを1.5センチくらいカットできそう。

全体で見るとこんな感じです。
ストリート+トライアル、好みのバランスになりました。

NSの3インチライズのクロモリハンドルも悪くなかったんですが、
ちょっと重いのと、角度がきつ目で手が思ったよりも疲れる気がしたのでした。
今のところ、この組み合わせがファイナルアンサー!(死語)に近い感じです。


ハンドルポジションのセッティングは考え始めると難しいけど、
ダイレクトに身体のポジションが変わるので、
試行錯誤も楽しいですね。

2010年4月22日木曜日

アメクラメッセンジャーっ

多くは語りません。

雨でした。

メガネメッセンジャーの視界は最悪です。
メガネのワイパーが欲しいです。




ひとりでひっくり返りました。

怪我はありません。

どこも壊れてません。

ちょっと前輪が振れただけ。

ある意味、奇跡。

雨、クラッシュ、メッセンジャー。




いやー・・・前日24℃くらいあったのに、
今日は雨で気温は7°。

ハンパねぇぜ。

春はどこに行った!!


でもまぁ、防水靴下+鉄ONEで、
雨ッセンジャーのストレスはかなりの割合低減されまして、
足先は濡れないしあったかいし、ディスクブレーキは濡れても問題なく効くし、
以前に比べると相当いい感じに走れるんですが・・・


メガネの水滴で視界が・・・。


次はメガネ作るか?(笑)
メッセンジャー仕様のメガネ・・・まだイメージわかないけど。


レーシックやりたいな。




帰り道。
疲れすぎて井の頭通りの途中のミニストップで休憩。

身体じゃなくて、なんか神経が疲れるんだよなー、雨だと。
視界がクリアじゃないと頭が疲れるんだと思います。



オマケ:


KAN。

2010年4月21日水曜日

自転車図案:投稿作品。

福岡の「少年」さんより投稿。



自転車「図案」と言えるかギリギリですが、
イラストとしても珍しくバックミラーが付いてます。。。

そして、やっぱり、

図案というより、
「ちゃんとチュー(RIN)して」のコピーにヤラれます。


もう一つ投稿作品。

Harrier氏より。


「図案@茗荷谷・・・帰り道の町内掲示板に貼ってあった1枚
内容の理解に時間かかります」

確かに、何が言いたいのかよくわからない。。。
子供の作品でしょうが、よく見ると面白いですね。
自転車のチェーンステイはないけど、
乗っている人間には両手両足ぜんぶあります。


最後はtomoshitからの投稿。

自転車もすっごいカタチですが、
またこれ、人間が自転車を追いかけてる、アレの系統ですねー。
しかも、シュシュシュって線が入ってなんだか速そう。

案外こういう構図もいっぱいあるのかな。




まだまだ、投稿お待ちしてます!

2010年4月20日火曜日

まっさん、まじっすか?

こないだうちのガレージで「珍しく」自転車をいじっていたMASSAN。

今日もやってきました。

あれ?
またクランクですか・・・?



・・・って、
まっさん、、、
これ・・・

先日は「できた!!」ってこれで帰ったらしい・・・
左右がまっすぐなってない!!

「こげないから変だと思って、そこのファミマで気付いた」

って・・・。

ファミマまで気付かなかったの?(笑)

今度は大丈夫だねっ。

今度こそ、大丈夫だよねっ!

2010年4月19日月曜日

Bicycle!: A Repair & Maintenance Manifestoっていう本に出ている日本人。

Bicycle!: A Repair & Maintenance Manifesto

この本、知ってますか?


ある日本人が1ページどーーーんと写真で載ってます。
だーれだ。

ヒント:

・東京にいる人です。
・メッセンジャーです。
・矢のように走る感じです。
・超前傾ですげー滑ります。

本人、知ってるのかなぁ。


ちなみに私は、2009年のCMWCトロントに行ったとき、
Women's Bookstoreっていうお店(La Carreraの斜め前にあります)で偶然買って、
帰国してから発見しました。