JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2010年11月30日火曜日

Crow。

Crow in my Garage.

Crow in JINKEN Garage

"Crow"
THBP Bike Polo Player (Team Raijing)/
Yabusame test rider/
Bicycle Messenger in Tokyo.

Supported by  Masago / Yabusame Project  (TUBAGRA, Okayasu Factory, JBP)

ちなみに、現在彼女募集中。

今週末、黑雷 (Riki, Crow, & Takanori) チームとして、
台湾の高雄で行われるMISHKA CUPというバイクポロの大会に参戦予定。
そちらにはCCPさんやCHROMEさんのサポートも。

昼も夜も、暴れてきてください!

白いフライトは復活するか?白サドル革張り替えへの道(2)

先日の続きです。

これが、元の「ホワイト」のフライト。
機能的には問題ないながら、だいぶ表面はボロボロでした。
一般的なホワイトレザーの限界か。


そしてついに!
眞砂さんが研究の末に探し当ててくれた特別なホワイトレザーを張ってもらい、
復活!したフライトがこちら!

Masago Special White Leather for Bicycle Seat



美しい!
素晴しく発色の良いホワイトレザーです。
こすれたり、長く使用されることを念頭に置いたちょっと特別なホワイトレザー。

もちろん、天然の牛革です。

Masago Special White Leather for Bicycle Seat


型押しもいい感じに映えます。

さて、ここまではいいんですが、やはり問題はここから。
はたして、激しく日々乗りまくったときの変化はどうでしょうか。

以前も書いたとおり、白いレザーは、
天然の革としては(生き物ですから)本来は不自然な色ですから、
茶系やブラックのようには「使い込むほどにアジが出る」というのはなかなか難しいのですが、
それでも使うにつれてたんに汚れてボロボロになっていくだけではなくて、
ある程度の耐久性とリーズナブルな変化を見せてくれると嬉しいところです。

テスト!テスト!


Masago Special White Leather for Bicycle Seat


というわけで、このサドルは、
メッセンジャーのCrowくん(THBPの流鏑馬ライダーであり鉄ONE乗り)に、
仕事で使い込んでもらうことになりました!

毎日9時間とか、週5日、雨の日だって容赦なく使ってもらって、変化を調べてみたいと思います。

一週間で500kmとか!?
想定される「普通の人」の使用状況を考えるとちょっと極端な使用テストかもしれませんけど。

(週1のレアキャラメッセンジャーの私ではテストになりません、汗)

さてどうなるか!?

ちょっと怖いけど、楽しみです!


さらに。

White Leather  Frame Pad (test)

同じ革で、例のマレットホルダーつきフレームパッドも製作していただきました。
テスト!
テスト!

2010年11月29日月曜日

Masago×JBP本革ツールバッグ(一点もの)もうすぐ。

もうすぐ、こちらで少量のみリリース予定。

Masago × JBP Leather Tool Bags

今回もヤバい革取り揃えてます。
携帯工具類を放り込んで持ち歩けるツールバッグ。
使い込むとソフトに、アジが出ていく本革製。

ボディ、内張り、糸、ロゴのパッチ等、
同じものはない一点もので数量限定。

リリースのタイミングはTwitterで告知予定です。

Check it!
JBP Webshop

YOCOさんの鉄ONEのハンドルがすごい

ピクニックの後は、眞砂さんにて打ち合わせ。

jinken's and YOCO's TETZ-ONE
YOCOさんの鉄ONEと私の鉄ONEのツーショット!

YOCO's Nice Handlebar
このハンドル、かっこいい!
鉄ONEに似合い過ぎ!

ちなみにこの日、写真はありませんが、
FUKUさんのバイクに使われる予定の、
めちゃくちゃかっこいいステム&ハンドルも見せてもらいました。

眞砂の自転車部、とんでもなく奥が深いです。
面白すぎます。



実はJBPでも、オリジナルの鉄製ハンドル(ロウフィニッシュ)を構想中。
いろんな人からアイディアを頂いて、
ちょっとずつ詰めてます・・・実現するか?
実現させたい!
実現させる!

小金井公園ピクニック。

84に誘われて、
数人で小金井公園へ。
trMOZUでのライディングを撮影してもらったり。

My special bike trailer

久しぶりにトレイラー登場。
トラ車のギア比で遠くに行くのは(行きはいいけど)帰りにテンション下がるので、
これがあれば行き帰りも楽しいのです。


P1190359

三連勝はいまこんな感じになっております(笑)
Massan、苦笑

Su
すーさん。


空が青くて紅葉もきれいで最高でした。
平日にすみません。


84、お誘いありがとう。

2010年11月28日日曜日

2010フラワートレイルダートジャンプジャム by TUBAGRA

今日は私もライダーとしてサポートされているTUBAGRA主催の
ダートジャンプジャム(@フラワートレイル)でした。

快晴!

久しぶりの(そもそもあまり行かない)ダートジャンプでしたが、
例のピカピカのtrMOZUでたっぷり遊んできました。



詳しくはTubagraのRiderページでサモさんが詳しく書いてくれています。
コチラをどうぞ

Ryota

これはRyotaくん。
私的に好きなインバートの形です。


私もほぼずっと乗っていたのであまり写真がありません。
全体としてはコンテストではなくてあくまでジャムなんですが、
恒例のライダー投票でMVPとインバートコンテストもあり、
なんとどちらもMiya-Gくんが穫りました!
怪我から復帰して間もないのにMTBでバックフリップ2連発、
そしてあの独特のすごい入り方をするインバート。


さて、JBP(JINKEN Bicycle Products)としても便乗させてもらって、
ちょこっとプライズ提供させていただきました。
眞砂×JBPのプレミアムレザー仕様の本革ツールバッグです。

Yuki
アグレッシヴ賞的なやつ。
MTBで果敢に360トライして、何度かすごい空中分解を見せながらメイクした、
幕張のYukiくん!


もうひとつは「大ゴケ賞」にするつもりだったんですが、
まさかの「いちばん大ゴケ&顔着はjinken」になってしまい(苦笑)・・・。


Kobayashi
接戦だった「2位」のKobayashiくんにプレゼント!


天気が最高で風もなく、寒くもなく、
本当に楽しい一日を過ごせました。
いつもトレイルを管理してくれているローカルの皆さん、ありがとうございます!

お肉や飲み物の差し入れもありがとうございました!


この写真を載せてtwitterでつぶやいたら、
「海老蔵!!」っていうレスがいっぱい返ってきました(笑)
怪我は単なるかすり傷なのですが、メガネが・・・。



2010年11月27日土曜日

木場公園。

とある会社のメッセンジャーさんたちの、
週末のバーベキューにちょこっとお邪魔させてもらいました。

急に現れてすみません!
ありがとうございました。

Kiba Park

紅葉がきれいでした。
この辺りまで来ると、東京も空が広い気がします。

at Kiba Park
鷹匠的な?
初めて見たかも。

2010年11月26日金曜日

オープン前のSunrise Cyclesにお邪魔しました。

岡安製作所の岡安さんと、
スタート直前のSunrise Cyclesさんにお邪魔してきました。

Mr. Takai, Sunrise Cycles

Takai氏。
20代のフレームビルダー。
ショップの店員を経て独学でフレーム製作を研究し、
日本の自転車界にあたらしい風邪を吹き込もうとしています。
ここにもいた、本気の自由人。

 発想が自由でこだわりが深くて、
それでいて柔軟で。

Sunrise-end

ディスクブレーキ+シングルスピードはここでも。
サンライズサイクルズのSがきれいにカットされたエンド。

他にも工房内にはきれいなラグのピストや小径車も。
いやもう、そういうジャンルを超えた自由なフレームの数々。

Sunrise Cycles

工房兼ショップは新高円寺の駅から近い五日市街道沿い。
なんとガラス張り。
外からフレーム製作が丸見え。


Sunrise Cycles

武蔵野に新しい風が吹きそうです。

Sunrise Cycles

スタートは12月1日。
個人からのオーダー受付はいつからかな?


自転車のフレームビルダーって、
本当にいろんな人がいるなぁー。
自転車に対する考え方やこだわり、製作方法や感性、美学といったようなもの、
本当に様々です。



多様な個性が並んで咲き誇るような、
そんな日本のモノ作りの風景が、
自転車製作の世界で実現すればいいな。

メイドインジャパン、可能性は無限です。


作り手の思いや個性や世界観を感じながら乗るっていう選択が、
日本にも一つの文化として根付いていけばいいな。

いろんな作り手が、
それぞれの個性や世界観を尊重しながら刺激しあって高めあって、
反響しあうように光り輝くような、
そんな場面に、私も是非居合わせたいものです。



東京は高円寺のSunrise Cycles、要チェックです。




私も彼のファンのひとりです。

2010年11月25日木曜日

まさか降るとは。ずぶぬれメッセンジャー(泣)

いやー、もう、タイトル通り。
まさか、降るとは。

曇りって言ってたじゃないかー!泣

17時に走り始め、20時には降り出したと思います。
雨具なんか持ってないヨ!!

小雨がパラつく程度かと思い、我慢して走ってましたが、おかしい。

全身がまさかの「びしょびしょ」になりかかった頃、
観念して(?)デリバリーの合間にiPhoneで天気予報見ると・・・

雨。


おい!!
いつの間に!!!

どんどん強くなり、水たまりの水を踏み散らしながら走るほどに。
フツーに大雨じゃないか!
 
すっかり濡れた後で悔しかったけど、
どうしようもないので仕方なくコンビニでビニールのカッパを購入(500円)。
ポンチョ式なので下半身はあいかわらずずぶ濡れ継続。

一応、冬ですよ。
気温は赤坂見附の電光掲示板で8℃。
寒いよ。
靴の中もガポガポ音がするくらい水浸し。
(防水靴下も履いてない。。。)

この季節にこの濡れ方はやばいね。。。

後半はもう、帰りにあそこによってあったまることしか考えてなかった!!

そう。
冬の雨でずぶ濡れ(雨具無し)でも帰りに寄っちゃう、
富士見ヶ丘のチェンジーズ


 うどん。

 たこ焼き&生ビール(サーバーも設置されました!)

むねチー。


帰り道にも、さらに滝ならぬ冬の雨に打たれて、
本日の修行は終了。
あー、久々に、悟りが開けるかと思ったぜ。

2010年11月24日水曜日

まだ11月ですよ?

新宿オペラシティあたり。

東京って、気が早い街ですね。

それにしても。
私が使っているコンパクトデジカメ(Panasonic LX-3)、
もう2年以上?前に発売されたモデルなのに今でもほんとに使いやすいです。
 

2010年11月23日火曜日

Rui&Aguri×はぎやまたかひろ×JBP。着々と。

みんな本気です。




http://jinken-blog.blogspot.com/2010/05/rui.html

少しずつ、一点の妥協もなく進んでいます。
製品開発という意識を超えて、完全にアーティストたちによる作品の共同製作のレベル。






現役メッセンジャーでありシルクスクリーン職人、板金工、
そして、独自の世界観を表現し続ける絵描き。
そんな希有な存在であるBoggyさん=「はぎやまたかひろ」氏のデザインを、
これまた現役メッセンジャーであり1児の父、
そしてジュエリーブランドRui&Aguriとして素晴らしい作品を世に送り出し続ける
「走る彫金師」=Ruiくんが独自の解釈を加えて立体的にカタチにする。
そんな、私にとっては夢のようなコラボレーション。

さらに、
JBPとのコラボを始め、フレームパッドU字ロックサドルの革張り替え、
そして最近ではバイクポロの世界でも存在感を発揮する、
あの老舗革小物メーカー眞砂さんにもご協力頂けることになっています。


製作も終盤に差し掛かっています。
もうすぐ全体像を公開できるか!?

乞うご期待!

2010年11月22日月曜日

MayaさんによるtrMOZUのペイント、完成しました!

真っ白にペイントされたTUBAGRAのストリートトライアル用フレーム”trMOZU”に、
Mayaさん(KUROUTADORY)がペイントを施してくれました!


金属の無機質な構造体である自転車のフレームに、
曲線と植物の生命力の静かでやさしい力強さを感じさせるペイント。


 ストリートMTBやトライアルのフレームとしては初めて見るテイストで、
本当に、このまま飾りたいくらいです。


ヘッドチューブ周りから後ろに流れるようなデザインになっていますね。
フレームの印象を裏切らないような、流れるようなライディングがしたいものです。


真っ白なままのフレームをお渡しして、
もちろん全てお任せで、Mayaさんに自由に製作していただきました!
ありがとうございます!


Mayaさんのナチュラルかつ大胆な作品の世界観が
trMOZUのフレーム造形とうまく響きあっています。
いやー、本当に素晴しいです。

自転車×アートの新しい可能性を感じます。


ヘッドには肉抜きの穴が開いていますが、
その部分もいい感じにデザインに取り入れてくれました。


撮影後、すぐにガレージで組み上げました!
モノトーンで、シャープさと柔らかさ、落ち着きと力強さが同居する、
素晴しい仕上がりになりました。

 眞砂のフレームパッドやサドルの革のカラーともいい感じに馴染みました。

 ヘッド周り。

TUBAGRAのロゴがヘッドの穴から見えるのですが、
ばっちり合っています。

 左サイド。

 右サイド。


今回ペイントしてくれたMayaさんは、
幼少期をドイツで過ごされ、その後京都で作品制作を開始。
現在は東京を拠点に製作をされている若手のアーティストです。
もちろん自転車も乗ってます。
今年8月のPEDAL DAYミニベロのフレームにライブペイントされていたのが記憶に新しいですね。
私とは、ご近所のトライアラーTakemiくん(trMOZU準備中)やMJSなnbくん、
さらにはドイツ時代に同級生だったというメッセンジャーの元同僚Giwonくんなど、
自転車を介した複数の不思議なつながりが。

Mayaさん、ありがとうございます!



//////////////////

maya: Enjoyed Childhood in Germany. started Painting in Kyoto, 2009. now in Tokyo, performing LIVEPAINTING show, along with creating Wall paintings and other works on tabreau, as well as Ceramics and Sculptures.

maya: ドイツの緑の中で幼少期を過ごす。 2009年ペインターとして京都で活動開始。 現在は東京を拠点とし、ライブペイントや壁画制作のかたわら、 キャンバス、パネル作品の他、陶器作品、彫刻も作成する。


kuroutadory@gmail.com
twitter account: @kuroutadory
FaceBookPage:
Kuroutadory

2010年11月21日日曜日

製作風景。

こちらの制作風景です。



trMOZU×KUROUTADORY。


maya: Enjoyed Childhood in Germany. started Painting in Kyoto, 2009. now in Tokyo, performing LIVEPAINTING show, along with creating Wall paintings and other works on tabreau, as well as Ceramics and Sculptures.

maya: ドイツの緑の中で幼少期を過ごす。 2009年ペインターとして京都で活動開始。 現在は東京を拠点とし、ライブペイントや壁画制作のかたわら、 キャンバス、パネル作品の他、陶器作品、彫刻も作成する。


kuroutadory@gmail.com
twitter account: @kuroutadory
FaceBookPage:
Kuroutadory

2010年11月20日土曜日

東ぶらぶら

ちょっと用事があって、東の方に行ってきました(電車で)。

浅草寺とか。

隅田川沿いをぶらぶらとか。

かなりできてる!
スカイツリーとか。

スカイツリーは角度によってはねじれているように見えるんですね。

それにしても、すごい人でした。
日本一人が集まる工事現場でしょうねー。

おそらく数十年経ったら、
昔を振り返る想い出映像なんかに工事中のスカイツリーとか出てくるだろうなー。
一応、真下から見上げることができてよかったです。

2010年11月19日金曜日

たとえば、こんな場所を通りかかって、

うずうずするっていう、
ライダー魂というか感性。


あー、この柵がなければなぁ。

1ヶ月半くらいtrMOZU乗ってません。

もう少しの辛抱です!

2010年11月18日木曜日

ダニーさん、もう意味がわかりません。 Danny MacAskill: Way Back Home

巷でどんなジャンルの自転車が流行しようが、
やっぱりこいつはすごい。



ストリートトライアル。
無限の可能性。



BMXの動きの単なるコピーとは違う、
トライアルベースの創造性。

日本にも彼のような存在が必要なんだろうな。



しかしここまですごいともう…
やる気が出るというか、もはや出ないというか…(笑)

2010年11月17日水曜日

kirvy updates : LOCAL HERO FREE STYLER KOICHI

素晴らしい。


Koichi君もすごいけど、
この映像と記事を編集したMassan、グッジョブ!
私の考える、「Kirvyらしさ」が凝縮された一本です。

Kirvyの記事はこちら

Kirvy Promotion




local hero free styler Koichi from kirvy_promotion on Vimeo.