JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2010年12月31日金曜日

2010年、ありがとうございました!

いろいろあり過ぎて、
感謝しきれません!

The Last  Sunset of 2010.
(2010年最後の夕日@T公園)

みなさん、2010年はほんとにいろんな人にお世話になり、
幸せに、楽しくすごせました。

2011年も楽しくやりましょう!

よろしくおねがいします!

jinken


2010年12月30日木曜日

乗り納め失敗

近所のパークで乗り納めようと思ったら、
昨日で年内は終了でした。


現在のフレームの仕様やセッティングはほんとに気に入っています。
思えば今年2010年は、製品版としてのtrMOZUが世に出た年でした。
来年からも、24インチのストリートトライアルが、
日本でもっともっと乗り上がって行けばいいな。

2010年12月29日水曜日

年末スロウライド。

2010年の忘れられないイベントといえば、
9月に行われた「想い出ダブリュシー」。
その主役、辻さんが年末恒例で東京に。

今日は、以前辻さんから頂いたスチームオーブンレンジ
(懸賞で当たったものを送っていただいたのです)
を使って辻さんに振る舞う会でした。

悩んだ末に、鳥の丸焼き。
うーむ、安易だったかな。

でも美味しかった!

他にも、「想い出ダブリュシー」の会場となった
アハラン○サハランのKabaちゃんをはじめ、
たくさんのゲストで(いつも通り)激狭の店内(家だけど)は満席に。

辻さんとAikaちゃん、そして来てくださった皆さんのおかげで、
例の書類も無事完成しました。
ありがとうございました!

今後ともよろしくお願いします!

来年はスロウライド、もっとやろう。
飲もう、みんな。

チタン製ボトルケージっ

岡安製作所にて。

Titanium Cage, made by Mr. Okayasu

岡安さん、また作りませんか・・・??
欲しいです。
自分の鉄ONEには台座ないけど、欲しいです。

2010年12月28日火曜日

岡安製作所へ。

岡安製作所に行きました。
トレイラー引っ張って。

My Bike Trailer and TETZ-ONE

クロウがテストしてくれているバイクポロ用フレーム「流鏑馬」やら、
他のホイール2本やら、クランクセットやら、いろいろ積み込んで、、、。
吉祥寺〜川口を往復。

CYCLE SPORT '76 February
岡安製作所で、こんなものを見せてもらいました。
76年のサイクルスポーツ!
CYCLE SPORT '76 February
こんなページが。
この赤いミニベロが、岡安さん製作の最初の一台です。
今も工場に大切に保管されています。

CYCLE SPORT '76 February

岡安クン(18歳)!
若!!

Small wheels on TETZ-ONE !?

今日はこんな密談?も。
鉄ONEに24インチホイールをはめてみました。
(もちろんこのままではBB低すぎでだめですが)
案外、かわいい!

2011年、いろいろ楽しみです。

2010年12月27日月曜日

2008年、トロントにて

写真の整理をしていたら。


Nadir、お世話になりました。


Chris と Shane。

CMWCの準備の拠点の一つ、La Carreraの2階でしゃべったり。
この年はいろいろあって、三回もトロントに行きました。
なつかしす。

2010年12月26日日曜日

ハイライズハンドルの快適さ。

自分の他にも気づき始めた人はいるようです。


(青梅街道にて)
近所をうろうろするとき、
コンビニにちょっと行くとき、
最寄の駅まで行く時、
実はママチャリが快適だったりして。

なぜ?
カゴ?
両足スタンド?
それとも早く走らないポジション?
高いハンドル?

たぶん、どれもそれなりに正解。
速く走るだけが自転車の性能じゃないってことですね。
いろんな快適さがあるってことですね。

2010年12月25日土曜日

Xmassive 東京サンタグループライド 2010

先日ちらっとご紹介した、メッセンジャーたち主催のサンタ・グループライド、
Xmassiveに行ってきました!

TKBMA(東京バイクメッセンジャー・アソシエーション)による、
CMWC開催都市への募金も行われたこの集まり。
一言、最高でした!

 Dream Messengers in Xmassive 2010

グループライドの途中合流も含めて50〜60人いたみたい。
サンタだけじゃなくてトナカイや謎のツリーマンも。

 micheekサンタも。

60人くらいがゆっくりゆっくり走るので、
まぁまぁの距離を走るんですが身体はあったまりません。
寒かったです、かなり。
(私はなんと!?trMOZUで走ったので若干熱かったですが・・・ギア比が・・・)

でも、沿道や信号待ちの車から子どもたちや道行く人たちが
たくさん手を振ってくれたり、
メリークリスマス!って声をかけてくれるし、
ほんとに楽しかった!
こういうテーマ性のあるグループライドっていいですよね。

Best Santa 2010 in Xmassive

ベストサンタ2010はこの人!
Booさん、癒し系サンタルックで全行程走って、
ゲットしたのは3億円へのチケット!


Nocchi Santa in Xmassive 2010
個人的ツボのマイフェイバリットサンタ。

アフターパーティではプレゼント交換も!

いっしょに走ったmicheekともども、
まさにぴったんこの素晴しいプレゼントが回ってきました!
いやー、ほんと嬉しいです。

来年もやるよね?
いまから(ハロウィンもクリスマスも)楽しみです!


Flickrにほかにも何枚かXmassive写真をUPしました。

2010年12月24日金曜日

Who are you?


Who are you?
Originally uploaded by jinken.24style


下北沢にて。
誰?

久々に下北をうろうろしました。
micheekと二人で古着屋とか雑貨屋とか。
若いな、俺たち。

2010年12月23日木曜日

Like the Tower of Babel



他のビルが周りになくて、
闇の中にあの建物がすっと立っていたら、
まさしくバベルの塔にみえるだろうな。

2010年12月21日火曜日

新横浜 to 日本橋界隈ストリート

お誘いいただきまして、
新横浜のパークに行ってきました。

Flying 4-months bigginer
BMX歴4ヶ月のTamuraさん。
この後すごくいい感じに挿して飛んでたんですがシャッターのタイミングがっ・・・!
この後東京に戻って某所でストリート遊びしたんですが、
グラインド、すごくいい感じでした!


Flying Godzilla?
Akiyama a.k.a. dog-rさん、
バニーホップを何気なく撮ったら、背中に翼ならぬ背びれが・・・!


幽体輪脱
360やウォールを果敢に攻めてたHajimeくん。
テイルウィップ練も。
東京に戻ってから会社の近くのストリートスポットをいろいろ案内してもらいました!
(荷物は全て車に置いたまま移動しながら乗ったので写真なし!)

いやー、すっごく楽しかったです!

みんなで乗ると楽しいですね!

みなさんお疲れっした!
また行きましょー!

2010年12月20日月曜日

trMOZUで山サイ。

※この記事はTUBAGRAライダー日記に書いたものと同じです。


今日は午後快晴。
trMOZUで、久々にシングルトラック走ってきました。


(Ubotaくん/Matsudaさんと。)

天気もよくて路面のコンディションも良くて、最高でした!


(楽しすぎて、自分が走ってる写真はありません・・・)

trMOZUで山サイ、面白い!
こういうトレイルを走るバイクとしてはステムも長いし、
サドルも低すぎて座れないんですが、
基礎的なトライアルの動きができれば、
普通のバイクでは思わず押してしまうようなテクニカルな場所や、
きつめのガレた登り返しでも乗って進めるので、
乗車率はかなり上がります。

もちろんスピードはあまり出ませんが、
もちろん専用コースではないので、
そのくらいがむしろちょうどいいのです。
(フルサスなんかだとおそらくもっと飛ばしたくなっちゃうと思いますけど)


今日の私は普段のストリートトライアル向けのタイヤのまま
(MaxxisのHolyRoller(R)とシュワルベのTable Top(F)です)でしたが、
うまく体重移動させてグリップ「させる」意識がないと奇麗に走れないので
逆に頭を使いながら走れて楽しさ倍増でした。
トレッドが地面に刺さらないので、山道にも優しいかも。

タイムや順位を競う競技と違ってこういう自転車遊びって、
「楽しいと感じさせる」性能のようなものがすごく大事だと思うんです。
「速い」とか「楽」とか「便利」とかだけじゃなくて・・・。
今シングルスピードのバイクの人気が出てきているのも、
きっと同じ感覚が共有されてきているからなんじゃないかなーと思います。


もちろん24インチのタイヤは径が小さいので山道では転がりにくいし、
設置面も小さいので自転車まかせのままでは気持ちよく走れないかもしれませんが、
自分が主体的に身体を動かして自転車と一体になって「走らせる」気持ちになれば、
むしろそういった要素が「楽しむ」ための性能に変わります。
コントロールするということ自体を楽しめるというか・・・。


今日は、自分(trMOZU)の他にも、
明らかに面白い自転車が。



Ubota。
今日の山道は下り基調で、
全体としてはそう難易度の高くないルートだったとはいえ、
13年ほど前のクロモリフレーム(ホリゾンタル)に短いリジッドフォーク、
さらになんとママチャリの(ステンレスの)ハンドルっていうバイク、
これで登りも下りもむしろスムーズに走ってしまう。。。正直すごい。
めっちゃ楽しいんだろうなーこのバイクも。
下りきったとき、Vブレーキから猛烈に焦げ臭い匂いがしてたけど。。。(笑)


今日は冬至だったらしく。
一服して帰りの電車に乗る頃には空はこんな感じ。
それにしても今日はいい天気だった!



Matsudaさん、Ubotaくん、お疲れさまでした!

山サイ写真はこちらに。

2010年12月19日日曜日

トラ車の穴あきリムのリムテープ。。。

膨らみ過ぎ。

Rim-tape Torture Test

いい加減、リムテープ換えないと。。。



話は変わりますが、
最近、写真が楽しいです。
2年落ちのコンパクトデジカメですが、
一眼レフに負けない素敵な写真が撮りたいです。

いい感じに撮れたらFlickrに上げてます。
よかったら見てねっ。

2010年12月18日土曜日

突如踊りだすのやめてください。

街中がクリスマスっぽい。
自転車屋さんまで。


大きいサンタだなーと思って近づいたら、
このサンタ、突然大音量の音楽と共に踊りだした!!
あーびっくりした!


それはそうと、もうすぐ、ほんとにクリスマス。
クリスマス系のグループライドはいくつかあるみたいだけど、
先日のハロウィングループライド「ザ・ダークライド」に続いて、
やっぱり本命はこれ。


クロスマッシヴ!(クリスマッシヴ?)
なつかしの東京MASSIVEから、もう4年弱。
MASSIVEの名前入りイベントが帰ってきた!
Nissyさん、楽しみにしてますよ!
晴れてくれー!!!

サンタの格好して、走ろうっていうシンプルな企画ですが、
走った後にプレゼント交換的なのもあるみたい。
楽しみです!

ザ・ダークライドのオバQを越えるサンタは現れるのか。。。
そっちも楽しみ!

http://tkbmajp.blog133.fc2.com/blog-entry-25.html

2010年12月17日金曜日

新しいストロボ&セルフタイマーの孤独。

(※今日の記事はTUBAGRAライダー日記に書いたものとほぼ同内容です)

最近、TUBAGRAのモリタくんが一眼レフをゲットして徐々に写真のレベルをあげつつあるので、
負けじと私も(大人げなく)対抗心を燃やして(笑)撮影機材を追加しました。




2つ目のストロボです!
中古で、2800円でした。
(twitterでアドバイスくれた方々、ありがとうございました!)




角度も変えられて、バウンス撮影も可能。



発行の強さもマニュアルで3タイプ選べるみたいです。

リモート発光させるキット(海外通販で数千円のやつ)を使うので、
カメラ側ではシャッターに連動して光らせることしかできませんが、
これでストロボが2つになったので、二つの角度からライダーを照らせます。
夜のライディング撮影でもさらにいい感じに撮れそう!

ちなみに、自分のカメラは約2年ほど前のコンパクトデジカメ(Panasonic LX-3)です。
1年半くらい前に奮発して、4万ちょっと(+ポイント)で買いました。
(広角に強くて明るく撮れて、すごく使いやすい!)


写真については、私は完全に素人です。
撮影のための詳しい理屈は殆どわかりませんので、カンでやってます。

一眼レフ欲しいけど、普段乗りにいくときに持ち歩きにくいので、
自分にはコンデジが向いてるんだと思ってます。
(写真は殆どブログ用だし)


さーて、非力なカメラと安価な機材でビシバシ撮って、
容赦なくモリタくんにプレッシャーをかけたいと思います!?(笑)
 
さて、で、早速ですが、新しいストロボ抱えて、夜のK祥寺へ。


"Ready to fly"

これはストロボ一つ。


これは二つ。

"Shaking Hip on Street Corner"

うーむ。


"Street Trial is my Joy"

これも二つ。

うーむ、難しい。。。


画角に入らないところで光らせたいけど、
物陰にストロボを置くと赤外線が届かないのでうまく光りません。

それに、暗い夜のストリートでは、
ストロボの光量のバランスの調整が難しい。。。
(ほんとは簡単なのかもしれませんが、試し撮りしまくっていい感じのセッティングを探すので時間がかかります)

さらに、、、


"Taking pictures with the self-timer is a fight with solitude. "

頭でセルフタイマーの10秒カウントダウンを数えながら、
ぴったりのタイミングで一番「撮られたい」姿勢に持っていくことの
難しいこと難しいこと。
(上の写真は着地後にシャッターが切れちゃったパターン)

まぁこれまでも何度もセルフで撮っているので、
それなりに難しいのはわかっていたんですが、
高いところから飛び降り系だと、
シャッターを押してからその場所によじ上って体勢整えて、、、
って相当忙しい。。。

しかも、自分のイメージに近い写真が撮れるまで、
ひたすら押してはよじ登って飛び降りるっていうくりかえし。。。
しかも寒い。。。
孤独。。。

跳びながら、自分でシャッターを遠隔操作できる装置?
が何かあればいいんだけどなー。


"My Ride"

Mayaさんペイントしてもらって、
いろいろセッティングも決まって、すごく調子いいtrMOZU。

後半、結局カメラほっぽらかして楽しく街を跳び回っていました。


やっぱり、乗るか撮るかどっちかにした方がいいかも(汗
特に真冬は、、、風邪引きそうです(苦笑)

2010年12月16日木曜日

レアキャラメッセンジャー。

今日は午前中から板橋区の眞砂さんでミーティング。
BoggyさんとRui君と進めているプロジェクトに欠かせない、
アレの打ち合わせでした。

いやー、素晴しくいい感じです。
そして、眞砂さんの近くのお惣菜屋さんのトンカツがなかなかうまかった!
お弁当もあるんですが、トンカツ&ご飯大盛りのコストパフォーマンス!!


さてさて、そのまま夜はメッセンジャー。

Shin-Maru
(新丸ビル前)

なんだか、今日はいろんな人に発見されました。
(そして、発見しました)
業務中の私を発見するといいことがあるらしいです。
噂だけど。

今はすっかりレアキャラ化(時間帯が夜で、しかも日数少なくて時間短い)
してるからアレだけど、
ここ数年でメッセンジャーの知り合いはだいぶ増えてるはずだから、
もし今、昔見たいに週に4とか5とか毎日朝から晩まで走ったら、
あちこち知り合いだらけなんだろうなー。

Flying to the Tower

それにしても、寒くなったな。。。


帰り道、いつも通り(笑)チェンジーズでたこ焼き食って帰宅。
「今日も無事なう」をつぶやける幸せ。

2010年12月15日水曜日

Koseiがブログ始めました

trMOZU乗りのストリートトライアラーKosei(たこ焼きing)が、
満を持して!?ブログ始めました。

Kosei, the Master of CHANGES.

チェンジーズで、「ブログの名前どうしよー」って3分迷って、
決まった名前が「おれんじニップルs」。

というわけで、コーセイのブログはこちら
Twitterはこちら




おれんじニップルs。
KoseiのtrMOZUの後輪。

P1190935

上方向の視界!(自転車で快適なメガネを考える〜その1)

先日、フラワートレイルで顔着して、
5年ほど愛用してきた(案外頑丈だった)メガネをぶっ壊して以来、
自転車乗りにとって快適なメガネとは何か、、、って考えつづけております。

顔着プルーフなメガネの前に、自転車乗り一般にとって、っていう話から。
the Sliding Nose Pad
とりあえず、ってことで使っている「スペア」のメガネに、
上下可動式ノーズパッドを付けてもらいました(吉祥寺の頼れる眼鏡屋さん「Glassias」にて)。

Glassiasといえば、実はもう、5年弱のおつきあい。
昔こんな記事やこんな記事を書いたなー、懐かしい。



さて、自転車に乗ってて、
眼鏡Boy(Boyって!っていうツッコミはなしで)的に感じることはいろいろとありまして。

まず、一つ言えることは、
自転車にまたがって前傾姿勢を取ったとき自然と上目遣いで前を見る感じになりますが、
多くの(カジュアルな)メガネはあまり「上を見上げる」視界のことは考えて作られていないってこと。
メガネの多くは、「やや下」に広く視界を確保するようにデザインされてるみたい。

まぁ、ものを読んだり、何か食べたり、歩いたり、つまり普通に生活している時は、
やっぱり「やや下」を見てる時間が相当長いですしね。

でも、自転車の場合(特にハンドル位置が低いロード系のバイク)、
上体をかぶせて前傾姿勢をとったとき、首を自然な角度に保ったまま前を見ると、
メガネのフレームの上の部分が今からすり抜けようとしているタクシーの車列に重なったり。。。
ようするに、上方向の視界が足りないっ・・・。

ちょっと大きめのレンズのメガネを選んでも、
広く取られているのは下の方ばかりだったりして。
むりによく見ようとすると、首を不自然に起こさなければいけなくて、
肩が凝る&フォームが崩れる。


というわけで、ロード・ピストでメガネな自転車乗りにとっての快適なメガネのデザイン要素として、
「上方向の視野を考えたフレームデザイン」は外せません。

とりあえず、今使っているメガネの上方向の視野が狭くて自転車に乗ってて怖い、
っていう人は、写真のような可動式のノーズパッドに交換すると、すこしましになります。
自転車に乗るときにパッドを下に伸ばして、メガネを上方の位置でホールドしてやるわけです。
(ただし、元のパッドとは厚みがそもそも変わるため、交換したときにはノーズ部分の再調整をメガネ屋さんでやってもらったほうがいいでしょう)

ちなみに、セルフレームで、ノーズ部分も一体になっているメガネの人。
じつはそのノーズ部分、きれいにカットして写真のような金属&可変ノーズパッドに交換することも(メガネ屋さんの技術で)できるんですよ。
(たぶん、一式やってもらって3千円とか?・・・上のメガネも昔付け替えてもらいました)


しかし、自転車で快適なメガネの条件は、上方向の視界だけじゃない(当然)。

この「自転車で快適なメガネを考える」シリーズで、ちょっとずつ考えるべき条件についてあげていきたいと思います。

というわけで、ざっくりと続く。

2010年12月14日火曜日

PCD 94/58 よ、もう一度

いきなりですが、小さい歯数で考えると、
一番好きなチェンリングのカタチ(バランス的に)は、PCD58の20Tです。
インナーですが。


かわいくないですか?

あ、PCDっていうのは、
チェーンリング(前のギア板ね)の固定ボルトの穴のピッチの大きさを表す数値で、
同じ5アームのクランクでもざっと4種類(以上?)ありまして、
この値が違うと穴が5個あいてるクランクとチェンリングでも互換性がないんです。

昔は、PCD94/58mmのクランク(昔のXTとか)使って、
ミドルの位置にBlack Spireのグラニーゴッドなんかのバッシュリング入れて、
26inchのマウンテンバイクでトライアルやってたなー。

ところで、ロードではPCD130mmが標準だと思いますが、
最近は「コンパクトドライブ」?とか言って、
PCD110mmのクランクセットが使われたりしているみたいですね。

で、MTBは昔はPCD94が多かったのですが、同じ5アームでもPCD110mmのものが増えて、
あっという間に現在は、デフォルトのクランクアームがほぼ4アーム(PCD104mm)になっちゃってるんですよね。

うーむ、でもね・・・。
MTBには、もっと小さくてコンパクトなチェンリングを使いたいっていうニーズはないんでしょうか。
速く走るだけが能じゃないと思うんですが。

BMXやストリートMTBなんかでは、3ピースクランクで22Tとか24Tとか普通に使われてるのに・・・。
ホローテック2互換の規格で、PCD94/58mmの5アームのクランクとかあったら、
昔のチェンリング(DH用なんかでシングルスピードで使えるものも海外では激安で残ってる)使えて、
楽しく遊べるのになー。

バイクポロとか、ギア比を落として遊ぶ乗り方も普及してきてるし、
むりやりリアを大きなコグにするより、フロントを無理なく小さくできる機材があれば、
その方がずっといいのにな。
3ピースクランクは強すぎ&重すぎ、って言う人には特に。

(ただし、ISISやホローテック2BBを一度使うと、やはりスクエアBBには戻れない・・・)

あのMindbikeの組み立てムービー。

夏のPPLD展(東京ミッドタウン)に展示されていた自転車の中で、
個人的には最も注目すべき一台(しかもダントツで)と思った、Mindbike
100年前の自転車から競技用の最新自転車までが展示されていたあの展示会で、
もっとも「現実的で可能な未来」を想像させたのがこの一台でした。

溶接レス設計で、メインフレームとフォーク部分が共通の構造。
キャッチコピーは「自転車を再発明」。
パイプを溶接して構造体にし専用工具を駆使して組み上げる必要がある従来の自転車のカタチそのものを根本から覆すまさに革命的な自転車。
「労働集約型製品からの脱却」!

その、組み立てムービー。



ほとんどの作業は「ボルトを締めるだけ」。
部品点数も(普通の「自転車」に比べると)相当少なく、
輸送効率も高く、(普及して台数がまとまれば)生産コストも低い。
各部が再利用可能で壊れにくそうで、本当の意味でエコ。

Mindbikeは、街乗り自転車の未来を変えられるか?
注目です。

2010年12月13日月曜日

Rui and Aguriの自宅兼工房/ホームギャラリーにお邪魔しました

昨日のお話。
なんと、鉄ONEのヘッドバッジも!
作品の一つとして飾られていました。
感激!

Rui and Aguri Home Gallery

Boggyさんとの例のプロジェクト、着々と進行中!
めっちゃカッコいいです!
もうすぐ・・・!

Secret work

こちらはRui and Aguriのチューリップリング!

Tulip ring

精巧なだけじゃなくて、独自の世界観があります。

自転車のチェーンモチーフのこんなリングも!



Rui and Aguri Fine jewelry

2010年12月12日日曜日

T公園 to チェンジーズな日曜日。

何ともまったりな、お外遊びの日曜日。

Soap bubbles and bikes

高円寺SunriseCycleのTakai一家がガレージにきてくれました。
お子さん、めっちゃ素直&かわいい!

Winter park hero

諸事情により(笑)急遽行き先を変更して小金井公園のはずが超近所のT公園。
トールバイクは子どもたちの注目の的。
っていうか、トールバイクに乗れるQuiwamuくん、ヒーロー。

Changes, the Takoyaki shop

ボールとフリスビーと自転車でたっぷり遊んだ後は、
満を持して(笑)みんなで富士見ヶ丘チェンジーズへ。

いやー今日も美味しかった♪
めっちゃ食べた。

店外では、
トールバイクチャレンジ。

the first try for Tallbike riding

高井!じゃなくて高い!!



みなさん、素敵な休日をありがとう!