JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2011年3月25日金曜日

3/27(日)は!東高円寺のSunrise Cyclesさんのオープニングパーティ!

高円寺に突如現れた新進気鋭の若手フレームビルダーの工房。
その名も、Sunrise Cycles

今週末の3/27日曜日、14時〜18時、
そのサンライズサイクルさんでオープニングパーティがあります。



地震の後、あちこちで「とりあえず自粛」みたいなムードが広がりかけましたが、
無事で元気な我々は、身近なところから元気を出して日本を盛り上げよう!

それにしても、、、 あの場所でパーティ。。。
いやー、もの凄い人数やってきたら一体どうするんだろう?
(昨年、うちのガレージでやった写真展の時の人だかりを思い出す)
・・・って心配になるくらい「ほどよく狭い」工房なんですよ。
この日くらいは、とんでもない人であふれるのも良いのではないでしょうか。
(責任持てませんがw)

というわけで、ご本人了承の上の告知です。
気になっているそこのアナタ、お友達お誘い合わせの上、高円寺へGO!

オープニングと言えば、
先日のBerufのショップ (代々木、1197store)のオープニングでは
ビールがいっぱい出ましたが、サンライズサイクルさんのオープニングでは、
日本酒が出るそうですw

 
サンライズサイクルさんについては、
ぜひHPを見てみてください。
スポークをツイストした芸術品のようなホイールも製作されています。
もちろん、造形の細部の細部までこだわったフレームもオーダーできます!
鉄ONEとはまた違ったベクトルで、素晴らしい世界観を作り上げられています。

Rear view
Rear view, originally uploaded by Sunrise cycles.

このバイク、完成体で見てみたかったな〜。



ビルダーの高井さん。

Mr. Takai, Sunrise Cycles


メイドインジャパン。
職人さんが一本一本作っていく本物のフレーム。
たとえば、私の身近なところだけでも、
岡安さんが作る鉄ONE、REW10ワークスさん、サンライズサイクルさん、
みんな、型にはまったカタチにこだわらずに独自の世界観を持ってやっています。
こういうハンドメイドの日本製フレームの世界観が、
これからさらに広く受け入れられて行くことを、
私としても願ってやみません。

0 件のコメント:

コメントを投稿