JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2011年8月24日水曜日

プチ・ナイトライドしてみましたが

先日手に入れた高輝度LEDライト()ヘルメットマウント付き)を装着して、
さっそく近所の山道へ。


もちろんtrMOZUで。

結果は・・・
うーむ、300ルーメンは確かに明るい、明るいのは明るいんですが、、、
結論としては、ヘルメットに装着したLEDライト一灯だけでは、



「目が疲れます」



・・・いや、まじで。

街と違って、山の中はマジで真っ暗で、しかも山道は当然ながら凹凸があって狭いので、
集中して路面を判断していかないと危ない・・・というわけで、進行方向の路面をジーっと集中して見ることになるのですが、そこに高輝度のLEDの光が集中していると、もう、眩しいというか、目が痛いというか。
照らされた一点以外は真っ暗なので、そのコントラストでまた疲れます。
やはり、一灯では照らされる範囲が狭すぎてしんどいです。

それに、ヘルメットマウントだけの場合、目線とほぼ同じ位置から光が地面を照らすので、光で平面的に塗りつぶされたようになって路面の凸凹が見えにくい。

しかも、一瞬目線を外してまわりを確認してまた視線を戻すといった時、
光が頭の動きについてくるヘルメットにマウントしたライトだけだと、
視線を戻した直後に目が慣れて状況を把握するまでにコンマ数秒のタイムラグがあり、
それも若干こわいと感じました。

結論として、どんなに明るいライトでも、一灯だけでは不十分。
おそらく、100ルーメンくらいでいいので、ハンドル位置に最低あと一灯、
できれば左右に一灯ずつと、さらにヘルメットマウントのライト一灯、
合計2灯もしくは3灯あったほうがよさそう。



・・・当然と言えば当然の結論になりました。
すいません、ありきたりで。



私の場合、ナイトライドと言ってもやっぱり裏山の山道が中心なので、
バッテリーは3時間も持てば十分。
というわけで、なるべく安価で取り扱いも楽なライトを探した結果、
Amazonでコレをポチりました。



価格は変動してるみたいですが、2100円くらい。

それに、これ(バンドのほうね)。




「お急ぎ便」にしたので、すぐとどくはず。
また、レポートします。


2 件のコメント:

  1. 初めましてノリと申します
    凹凸が見えなかったりするなら電球色のLEDかキセノンバルブのライトが凹凸がよく見えていいですよ
    電球色のLEDは高いですけど、、、
    http://www.akaricenter.com/led_light/dosun/s1-delux_warm.htm
    これなどおすすめです

    いきなりすみません^^;

    返信削除
  2. >ノリさん

    コメントありがとうございます!
    アカリセンターさんは気になってました!
    確かに、ちょっと電球色っぽい色の方が目に優しそうですよね。。。
    私の使い方だと、転倒(たまに前転)もあり得るので、
    取り付けにはプラスティックのブラケットよりも、
    バンド式の壊れにくいものが良さそうです。

    それにしても、いろいろ調べると、
    LEDライトも奥が深いですね!

    返信削除