JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2011年11月5日土曜日

月面に着陸。

プラネットパークに久々に。


白い。白すぎる。

以下、Tubagraのページに書いたことをぽちっとコピペ。


ちらっと八王子のプラネットパークに行ってきました。
とにかくかなり広いんですが、そのうちのストリートセクションのほうの写真を何枚か。
(これと同じくらいの広さの、主にアールのついたセクションで構成された
「ボウルセクションエリア」も横にあります・・・こっちだけでもすごい)

※下の写真たちは、「ストリートセクションエリア」だけのものです。
奥に見える階段状のところは休憩スペースです。
路面もスムーズで(若干滑りやすいですが)乗りやすいです。


上の写真の向かい側。
バンクやステアやグラインドできるレッジや・・・いろいろあって飽きません。
とくに、グラインドするライダーにとっては攻めやすいセクションがたくさんあると思います。

とにかく広いです。
ちょっと、私のtrMOZUのギア比だと疲れるくらい。

さて、表題の「貸切できません!」についてですが、、、

このプラネットパーク、
オープン当初の情報では、1日5万(?)で片面ずつ終日貸切可能(イベント開催歓迎)、
ということだったと思うのですが・・・(でしたよね?)・・・

実はこれ、市との合意がとれていなかった(そんなことあり得るのだろうか)らしく、
公共の施設という性格上・・・他の利用者との公平性を保つため・・・
「現在は貸切はできません」とのこと。

(まぁ、普通はそうでしょうね・・・)


でも・・・じゃああの「貸切OK!」「片面5万!全面貸切10万!ヤッホー!」っていう情報は、
一体何だったんだろう・・・

現在、「市と交渉中」とのことでしたが、どうなることやら。
要望があることは把握されているみたいなので、今後何らかの展開があるかもしれません。
(ないかもしれませんが)

・・・注視したいと思います。

えっと、パーク自体は広くて快適、
バーエンドやペグ、バーエンドはプラスティック製オンリーですので要注意。
(これはオープン当初からかなり厳格にチェックされています)
こんなに広いのに、平日はガラガラという情報もあります。
周りには家族連れでも普通に楽しめそうな原っぱや運動公園もあります。

あとは、ユニーク(?)なのは「サドルのない自転車はダメ」(=競技用トライアルバイクは来ないで)
「ペダルを逆回転させてタイヤが一緒に回転する自転車はダメ」(=ピストは来ないで)
「変速機が付いている自転車はダメ」(=マウンテンバイクは来ないで)
など・・・明確に車種を絞って「NG」を出していることでしょうか。

これだけの規模ですから、開設までにはいろいろな方々の努力や苦労があったことでしょう。
逆に言えば、トライアル車や(トリック系)ピストなどのライダーがパークの企画・設計段階で意見を述べる機会がなかった
(いや、その機会を積極的に得ようとしなかった?)のだとしたら、これも仕方のないことなのでしょうか。
少し寂しいですが、事情をよく知らないので何も言えません。

とりあえず、シングルスピードでフリーでタイヤの太い自転車で、サドルが付いていて、
ペダル・ペグ・バーエンドがプラ製であれば利用できます。
(当然ながらヘルメット必須です)

利用料は一日500円。
駐車料金はかかりません。
規模を考えれば格安だと思います。

詳しくは、こちらをご覧ください。

今のところ2回しか行っていませんが(汗)
今の家(武蔵五日市)から車で15分くらいの距離(自走だと小一時間かかったけど)なので、
またちょくちょく通ってみたいと思います。


というわけで、まぁすでに知っている人にとっては内容がないような記事でした。
すみませんです、はい。

jinken

0 件のコメント:

コメントを投稿