JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2011年6月30日木曜日

TETZ-ONE, A WHISPER OF IMAGINATION.

クロモリ、TIG溶接、ハンドメイド、
鉄ONEフレームセット。
一本一本、乗り手に合わせてジオメトリを調整。

TETZ-ONE, A WHISPER OF IMAGINATION.

オーダーご相談・お問い合わせ随時受付中です。
http://nobikenolife.com/tetz-one.html

2011年6月29日水曜日

コンビニエントじゃなくても。

ただでさえ22時までの最寄りコンビニ。
夜飲むビールがきれてることを思い出して行ってみたら、、、




これも武蔵五日市の懐の深さ。
許す。

2011年6月27日月曜日

ついに手に入れた!『自転車パスハンティング』

今年(あと半年を切った)の目標の一つ。
それは、

もう、

マウンテンバイク

って言うのをやめること。


というか、
自分のやっていることを、
マウンテンバイクっていう言葉なしで
(そこにはすでにもういろんな固定観念がまとわりついているので)
表現できるようになりたい。


その第一歩として、マウンテンバイクじゃなくて
そこに峠があっても、なくても。
なんだ、単なる言い換えじゃん、って思うなかれ。
呼び方を変えれば案外意識も変わったりして。

ストリート・パスハンティングとか、
あってもいいでしょ?
パスハンティングは、自由だっ!!


それはまぁいいとして、
以前から手に入れたいと思っていた、往年のパスハンターのバイブルをゲット。
その名も『自転車パスハンティング』1989年。



超美品。


書き出しからして、もう。


当時は「最も人気のある」走りがパスハンティングだったと。

ただし、
ハードコアな峠越えだけに価値があるわけじゃない!
と私としては思うわけです。

越えるべき峠は、乗り手の心の中にある。
ph24。




ちなみに。

もう一回「ATB」って呼んでみるのもいいかもね。
そっちのほうが、今「マウンテンバイク」って言われてるアレの本質を良く捉えていると思う。


2011年6月26日日曜日

【動画付き】二日連続の山遊び!Rainy URA-YAMA Pass Hunting

なんと、まさかの2日連続動画UPです。

土曜も日曜も山遊び & 撮影(一人で)。



なんだか、だんだんiPhoneでの撮影やiPadでの編集に慣れてきて、
作業スピードが上がってきてます。

それではさっそくどうぞー。



うちを出たときにはギリギリ降ってなかったんですが、
峠まで登ると雨(というか、雲の中)でした。

動画の中では峠を一つ越えただけでしたが、
欲張って峠からうちの方向と逆の林道を下りたら、
下りきってからさらにあと2つ峠を越えないと家に帰り着けませんでした・・・(苦笑)

標高600m越えの峠越えをはさんで、trMOZUで20km以上走った!
やればできる!(笑)

最近の悩みは、iPhoneのバッテリーの持ちの悪さと、
あとはiPhoneの容量・・・

iPhoneもiPadも最低容量の16ギガのモデルにしたことを、今さらながら後悔してます。


2011年6月25日土曜日

【動画付き】今日も裏山ライド!Early Summer URA-YAMA Ride 3


空模様を気にしながらも、午後からちょっと山遊びしてきました。
今回は一人ライド&撮影&編集です。

撮影はいつものようにiPhoneですが、

今回から編集はiPadのiMovieを使いました。
(Apple純正のカメラコネクションキットを使ってiPadとiPhoneを接続すると、
PCを介さず簡単にiPhoneで撮った写真や動画をiPadに転送できちゃうんです)

iPadのiMovieも機能はiPhone版と同じなのですが、画面が大きいので少し楽。



今回はちょっとばかり長くなったので、
The Astronotes(自転車乗りでもあるmasashiさんらのユニット)の曲を
贅沢にも2曲使わせてもらいました。
(ご厚意で使用許可をいただいちゃいました)

現在新アルバム製作中だそうです。
楽しみですね!


それにしても、この裏山シリーズ(その1その2キノコ編)、
だんだんと、やってる自分(たち)もますます楽しくなってきております。

一応、trMOZUは「24インチストリートトライアル」フレームなんですが、
自分的にはもう、「ストリート」を完全に「自由」と読み替えてますw

2011年6月24日金曜日

バイクポロ専用Yabusameフレームについて

YABUSAME

発売時期と価格のお問い合わせを多く頂いております。
申し訳ございませんがまだ未定です。

競輪に使用されているのと同じ国産のバテッドパイプを使用したハンドメイドフレームで、
現在テストしているのと同じ仕様で発売するとすれば穴あけなどの加工もあり、
はっきり言って安くはないフレームになることは必至です。

Follow JBPjapan.

時期は未定ですが、細かいところを詰めて近い将来発売します(受注生産)。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

jinken

2011年6月23日木曜日

初夏の。

初夏の農道と踏切。


うちから、日の出ショッピングモール(イオン)に向かう途中の道です。
こんな生活、最高です。



イオン近くで用事を済ませて、
ちょっとした空き時間があったので、
山の雰囲気を眺めながら、地図に載ってなさそうな小径を探して三連勝でぶらぶら。
案外、こういうカンは鋭い方です。
発見!発見!良い感じのトレイル。

自転車をとめて、歩いてずーっと行ってみました。
急な登りは担ぐとして、下りは良い感じに走れます。

そんなこんなで森の中に1時間半くらいいて、
一度帰宅して今度は電車で吉祥寺へ。

吉祥寺のガレージで、メッセンジャーバッグにフレームを2本ピック。


これとこれ。
鉄ONEに乗って向かう先は・・・


高円寺のサンライズサイクルさん。
すごーくお世話になってます。

この2本のフレームに新たな生命を吹き込んでもらうのです。
(乗るのは私じゃなくて、それぞれの新オーナーの元へ)

いやー、自転車ってすばらしい。
そして、自転車でつながる人たち、すばらしい。

いい一日だったなっ!

2011年6月22日水曜日

かわいがり

大相撲のせいで、「かわいがり」のイメージが悪い。

2011年6月21日火曜日

trMOZUに太めのブロックタイヤ装着


trMOZUで先日パンクした
ので、直すついでに思い切って前後のタイヤを替えてみました。
キノコ動画は、このタイヤを履いて撮りました。



これです。

SCHWALBE Big Betty 24×2.4
この太さで820グラム程度。

今までは、あえてストリートよりのタイヤを使っていました。
(F : SCHWALBE Table Top Kevler 24×2.25 R : MAXXIS Holy Roller 24×2.4)
が、そこそこ軽量でパターン的にもグリップの良さそうなBigBettyが手に入って、
以前からソワソワ。。。で、思い切って交換!

trMOZU with Big Betty Tires

こんな感じのルックスに。
迫力出ました。

太さとサイドの厚さの割に軽い!
もう、こうなるとストリートバイクのルックスではないですね。。。
完全に山仕様に。。。(汗


このタイヤ、すごく良い感じです。
そんなに低コンパウンドってわけじゃないので粘っこくグリップするわけじゃないんですが、
そのぶんブリブリわかりやすいグリップ感でいいです。

2011年6月20日月曜日

ズングーカと、寿と。



昨日のことですが、
武蔵五日市の駅からちょっと山に入ったところにある自然人村というキャンプ場を拠点に、
micheekとあきる野深沢「あじさいウォーク」なるイベントにいってきました。
(キノコ動画を撮る前の午前中から昼過ぎまで。)

主な目的は・・・

寿(ことぶき)のお二人のライブ。

寿 in 自然人村。
こんな時だからこそ、
「前を向いて歩こう」が心に響きます。
あと、わったーねっとも好き。

そして、



ズングーカのライブ。


良かった!

翌日、メンバーの一人コイケ龍一さんに沢戸橋(秋川沿いの橋です)でばったり。
この日、ある素敵な友達が自分(たち)の映像を撮ってくれるということで、
半日近所の山道や沢で自転車に乗ったり撮ったりしていて、山から出てきたところで、
車で通りかかったコイケさんが声をかけてくれました(撮影的な事情で、自分たちは風貌からしてかなり目立つ感じだったので)。



2011年6月19日日曜日

【動画付き】裏山動画っ!Early Summer Mashroom


またまた、Ubotaと山遊び(?)動画を撮ってきました。

Early Summer Mashroom

ハイクオリティな音楽(The Astronotesさんありがとうございます)と、
今回も完全にiPhone完結の編集、そして限りなくロークオリティな演技力。
(撮影2時間、編集1時間半、ぜんぶiPhone4で。)

どうぞー。



タイトルですが、、、
MushroomじゃなくてMashroomになっちゃってるのは後で気づきました。
良い感じに恥ずかしいので内容の馬鹿っぽさにぴったり!ということでそのままにしてありますw


雨上がりなので、林道には水たまりがいっぱい。
で、帰ってきたら自転車は素敵にドロドロ♪
After an Afternoon Ride.


梅雨開けまでもうすぐ、か?
夏を楽しみましょうっ!

やったもん勝ち!


2011年6月17日金曜日

トライアルのiPhoneゲームアプリ。

こんなの発見。
その名も、Vito Sport Freestyle。




Martyn Ashton監修だそうな(笑)





無料なので試しにダウンロードしてみました。

あ、案外難しい。。。


立った姿勢のダニエルのフォームがなかなか綺麗です(笑)。



ダウンロードは iTunesから。

2011年6月16日木曜日

何屋??

先日、うちから自転車で10分くらいのところに発見した看板。。。



寿司屋なのか中華屋なのか、何なのか?
そして、看板に金髪。。。




面白そうだけどさすがに入る勇気はないなー、と思って帰宅。


でも、、、、


あの店名、なんか見覚えがあるな。。。





後で気づきました。


この店、うちから徒歩1分、すぐ目と鼻の先の、あの店だ!!







これは。。。
行くしかないな。

2011年6月15日水曜日

(動画紹介)Tokyo Street Trial2:gotoo tr MOZU

gotooことゴトウハルノブの最新動画。



きてますねーー!





ちなみに、昨年の夏の終わり、
KirvyからUPしたインタビュー&ライディング動画はこちら

うーむ、やっぱストリートトライアルなスタイル、最高ですね!
自分も頑張ろう!

2011年6月14日火曜日

眞砂(Masago)× JBP Wマレットホルダー付きフレームパッド!(Frame Pad with Double Mallet Holding Belts for Bikepolo Players)

眞砂×JBPのオリジナル企画。

バイクポロ用のマレットを留められる2本のストラップが付いた
本革製のフレームパッドを発売しました

Masago X JBP Frame Pad with Double Mallet Holding Belts for Bikepolo Players

トップチューブ前方に取り付けておけば、
転倒やハンドルのヒットによるフレームの傷みを防げるだけでなく、
移動時にマレットを留めることができて便利。
(後方はそれぞれの自転車の形状に合わせて工夫してもう一カ所留めてください。)

Masago X JBP Frame Pad with Double Mallet Holding Belts for Bikepolo Players

使用されている革はイタリアでなめされた「クレイジーカーフ」レザー。
オイルがたっぷりの高級レザーで、表面は細かく擦られて独特の表情。
使い込むうちに光沢が出ていき、エイジングが楽しめます。

Masago X JBP Frame Pad with Double Mallet Holding Belts for Bikepolo Players

全長15cm。
もちろん、眞砂製のハイクオリティ、Hand Made in TOKYO!
大きな写真はこちらをご覧ください。


今回も数量限定、黒、濃キャメル、チョコの三色、各色3つずつです。

こちらからどうぞ!


JBP Webshop





※眞砂×JBPの一部商品は業販も視野に展開を考えております。
もし興味をお持ちの販売店関係の方がいらっしゃいましたらご連絡をお待ちしております。
(Mail : jinken@nobikenolife.com)

2011年6月13日月曜日

SJ Disc Adapter。固定ギア+ディスクブレーキを可能に。



Sunrise CyclesさんとJBPとの共同企画の素敵(特殊)パーツ。
SJ Disc Adapter」正式発売です。


SJ Disc Adapter
(写真は2個ですが、一台に使用するのは一個です)

この不思議な形のパーツは・・・

Fix / FreeのフリップフロップハブのFree側スレッド
(44~45mmチェーンライン)に取り付けることで、
固定ギア+6穴ディスクブレーキを実現するアダプターです。

もちろん、これは単品で機能するわけではなく、
フレームの側にもディスクブレーキの
キャリパーを取り付けるための台座が必要です。

鉄ONE(もしくは小鉄)のフレームセットをオーダー時にご指定頂ければ、
エンド幅120mmでディスクブレーキ台座付きのフレームを製作、
このSJディスクアダプターを組み合わせれば、
固定ギア+ディスクブレーキ仕様の鉄ONEバイクが可能になります!



価格ですが、

(1)SJ Disc adapter のみ ¥10,500- 

(2)鉄ONEフレームセット(エンド幅
120mm,前後ディスクブレーキ台座仕様)の
オーダー時にSJ Disc adapterをご注文の場合 
¥8,400-

となっています。

(ご購入はこちらへ)



・・・さらに。

もし、固定ギア+ディスクブレーキ使用のために
新たにフレームをオーダーできないとしても、
諦めることはありません。


Sunrise Cyclesさんでは、ピストフレーム持ち込みで、
ディスクブレーキ台座(長穴ディスクキャリパーマウント)の
追加溶接ができます。


つまり、SJ Disc Adapterとこの台座溶接で、
ご自分のピストフレームがディスクブレーキ対応に変身!するわけです。

(写真はSunrise Cyclesさんより)

「愛着のあるピストフレームにディスクブレーキを付けたい!」

・・・とお考えの方は、ぜひSunrise Cyclesさんまでご相談ください。


台座の溶接関連の価格については、以下のようになっているようです。

SJ Disc adapter + キャリパーマウント溶接 ¥23,100-
フロントフォークディスク台座溶接(リア台座溶接と合わせての場合) ¥8,400-
SJ Disc adapter のみ ¥10,500-
長穴キャリパーマウントのみ ¥3,150-

(こちらのお問い合わせはSunrise Cyclesさんまで。)



雨でも安定して効き、
メンテナンスも楽でリムサイドを傷めない、
全天候で快適に使えるディスクブレーキ。

このアダプターで、
固定ギア乗りにもディスクブレーキが
浸透していけばいいな。


お問い合わせは:

鉄ONE/小鉄フレームセット(固定ギア & ディ
スクブレーキ仕様)については→こちら(JBP)。

ピストフレームへのディスクブレーキ台座溶接
等については→こちら(Sunrise Cycles)。




2011年6月12日日曜日

(動画付き)今日の雨上がりライディング。After the rain - a painful Sunday -

雨の予報が午前中にはあがり、
夕方あたりに我慢できなくなったのでちょっとだけ乗ってきました。




痛かったです。


でも楽しい♪



今回もiPhone完結の動画です。

今回のBGMは、ピスト乗りでもあるMasashi Kanekoさんらのユニット
The Astronotes」のご厚意で使わせて頂きました!
ありがとうございます!


After the rain


最近、動画や写真付きで野山を駆け回っているブログ記事が多い
(というかそればっかり?)なので、
「どんだけ自転車乗ってるの!?」っていう感じですが、
実際には、一度走りに行っても乗るのはせいぜい一日2時間程度。

家から目的地の林道やトレイルまでホントにすぐなので、
おいしいところだけガッツリ走って(気が向いたらiPhoneで動画を撮って)、
すぐに帰ってこられるのです。

今日は途中でパンクしたため、
撮影&編集&公開までトータル1時間半くらいかな?

天気が良くなったら、
もうちょっと作り込んだ感じ(?)で3分くらいの動画も作ってみたいなー。
作り込むと言っても、
iPhoneで完結(もしかしたらiPadのiMovieで編集はやるかも)は変わらないかも?

Macには一応ファイナルカットエクスプレス入ってるんだけどな。。。

鉄ONE。

鉄ONE。

Liberate the Rhythm of your life

http://nobikenolife.com/tetz-one.html

2011年6月11日土曜日

Pass-Hunting with trMOZU

trMOZU on Mountain Trail

先日、Wikipediaで見つけた項目。
パスハンティング」。

また読み返してしまいました。

素敵すぎる!
自由すぎる!

「パスハンティングは競技ではないため機材に関するルールがあるわけではなく、一台ずつ組み上げるカスタム車でもあるため、製作者や使用者の経験と好みを反映し、細部の形態にはかなりの幅がある。」

ホイール径も、ベース車両も、走り方も、
すべて自由。

素晴らしい!

というわけで、今日、雨がやんだので、
夕方から「パスハンティング」してきました(無理矢理)。
もちろん、trMOZUで。


trMOZU on Mountain Trail

24インチで、ギア比は17/13T。
マウンテンバイク、と考えると激軽ですが、
トライアルバイク、と考えたらこれでも進む方です。

スピードを出さなくても「乗ったまま」登りも下りも、
荒れた路面もちょっとした岩場も、
ぐいぐい進めるギア比。
山の中に入っても、乗車率は相当高いです。

サドルには休むときしか座りません。
そのぶん身体を動かせる範囲がすごく大きくて、
自由度が高いと感じます。

Pass Hunting with trMOZU

今日は「峠」を2つハント。

24インチはコンパクトで担ぎも楽。
ダウンチューブに手をかけて脇の下で持つか、
ちょっと長い距離や急な斜面では、
ダウンチューブに肩(というか首)を入れて担ぎます。

この頂上からの見晴らしはなかなかでした!

それにしても、このあたり、
未舗装の林道が縦横無尽に走り回っていて、
夕方から日没までの数時間ではとても走り尽くせない!

帰りに、まだどん詰まりまで行けてなかった林道を進んでみると・・・

山奥の廃墟

山奥に、廃墟発見。
これは、撮影ポイントか・・・!?

今度また、乗りに来よう。

で、日没と同時に帰宅。
うーむ、本日の山遊び時間、2時間。

これで全てのストレスと疲れが吹っ飛びます。
武蔵五日市暮らし、最高です。

2011年6月10日金曜日

鉄ONEフレームセットの納期について

岡安製作所×JBP鉄ONEフレームセット
コアな(マイナーとも言う)路線にもかかわらず、
少しずつ知ってくださっている方も増えてきているようで、
本当に嬉しいです。




現在オーダー頂いた場合の納期ですが、
従来よりも少し伸びまして、現在正式オーダーから「6ヶ月」頂いております。
(オーダー状況により、それよりも早く完成する場合もございます)

急がず、慌てず、じっくりと腰を据えて、
その時点での最善のものを製作するために少し長めの時間を頂いております。
よろしくお願いいたします。


鉄ONEフレームセットのお問い合わせやご相談は
こちらから。

24inch版の小鉄( Co-TETZ )もよろしくお願いいたします。

jinken

2011年6月9日木曜日

自分のtrMOZUのパーツリスト

現在の私のtrMOZUのパーツ構成を書いておきます。
先日の動画のように、最近はかなーり山遊びで乗ってますが、
特に山用のセッティングに変更しているわけではありません。
パークもストリートも「あえて」このままです。

トライアルの動きをベースにしたポジションながら、
身体を大きく動かせる広さ(懐の深さ)のあるフレームなので、
いろんな乗り方に応用がききます。

my trMOZU

Frame : trMOZU (MTBエンド、ヘッドチューブ肉抜き有り)
※ Custom Painted by Maya (Kuroutadory)
Fork : クロモリ製ディスク専用フォーク(肩下410mm、オフセット45mm)

my trMOZU

Head Parts : Pro-Lite(カンパヒドゥン規格)
Head Badge : Rui and Aguri Fine JewelryTUBAGRAヘッドバッジ (コラム部取り付け用)
Frame Pad : 眞砂製オリジナル
Stem : Thomson 90mm 10° 31.8mm
Stem Pad : 眞砂製オリジナル
Handle Bar : Blkmrkt Bada-Boom 31.8 690mmにカット
Grip : ODI Lock-Jaws Ruffian
Seat Post : SDG I-Beam 25.4mm
Seat : SDG I-Beam 眞砂による革の張り替え済

F Rim : TIOGA Factory DH 24inch 32H
F Hub : Unknown Bicycle Products 32H
F Spokes : #14
F Nipples : Spline Nipples
F Tire : SCHWALBE Table Top Kevler 24×2.25
F Tube : MAXXIS Welter Weight 24×1.9~2.1
F Rim-Tape : Non (製本テープをスポークホールに貼付)

R Rim : 24 Bicycles Y.A.M.I.A.B 36H
R Hub : Hope Pro2 Trial 36H
R Spokes : #14
R Nipples : Spline Nipples
R Tire : MAXXIS Holy Roller 24×2.4
R Tube : MAXXIS Welter Weight 24×1.9~2.1
R Rim-Tape : 24 Bicycles
R Sprocket : Gusset Double Six 13T

F Disc Brake : Hope Mono Trial 180mm Rotor, Right hand
R Disc Brake : Hope Mono Trial 160mm Rotor, Left hand
Crank : ECHO 7075 CNC 170mm
BB : RACEFACE Evolve DH ISIS 118mm
F Sprocket : Bazooka Cr-Mo 3/32 17T
Ring Guard : ZHI for 18T
Pedal : Wellgo MG-1 Ti (パーク走行時はDMRのプラペダル)
Chain : IZUMI 厚歯(半コマ×1使用)



my trMOZU
(タイヤの向きまで考えて撮らなかった!しまった)

my trMOZU

ざっとこんな感じです。
参考にして頂ければ。




あ、ちなみに、
眞砂(Masago)さんの期間限定セールはまだ続いてます。
全品!全品!30パーセントオフっ!

2011年6月8日水曜日

父の日にいかが?本革ツールバッグ。


もうすぐ、父の日。

眞砂×JBPの本革製ツールバッグなんてどうですか?



全て一点ものです。
その時に気に入りそうな色や使用の組み合わせがあるかどうか、
チェックしてみてください







JBP Webshop

2011年6月7日火曜日

2011年6月6日月曜日

trMOZU自走。

先日のことですが。
そういえば、八王子にできたばかりの「日本最大級」スケートパーク
「プラネットパーク」に行ってきました。

・・・自走で。

Sunset on the Planet

うちから、片道45分。
ギリギリですね。。。
真夏は無理。

パークについてはまた今度。
2時間くらい乗ったかな?
広すぎて、trMOZUのギア比じゃ走りきれないかな、これは。。。

trMOZU and tuNNEL

途中のトンネル。
案外、歩道&自転車道が広くて走りやすい。


車があれば気軽に行けるんだけどなー。

2011年6月5日日曜日

(動画付き)Early Summer URA-YAMA Ride 2!

昨日、今日と雨も降らず、自転車日和の週末でした。

trMOZU with Colorful Hub Brush in Beautiful Creek.

武蔵五日市に引っ越して、一ヶ月半になりますが、
今も時間を見つけては(作っては)あちこちの林道や山の小径を走りまわっています。

今日は武蔵野自転車仲間のUbotaと走ってきました。

Climbing Ubo
上ったり下ったり、担いで登ったり!
すげー楽しい!

先日の動画が嬉しいことに好評(?)だったので、
またまた調子に乗って動画を作ってみました。
(撮影はUbota)

どうぞー。



いやー、気持ちよかった。
すぐに家に帰れるからこその暴挙(笑)。
輪行だったら、帰りの電車を考えたらできない。。。

今回もiPhone4撮影、iPhone4のiMovieで編集、
そのままiPhone4からYoutubeにUpでした。

それにしても24インチの太いタイヤ&低ギア比の山遊びは楽しい。

日本の林道にちっちゃい四駆(ジムニーとか)が向いているように、
日本の山道には24インチが向いてると思います!
(「個人的な」イチオシです!!)

さてさて、この動画、
こんなシンプルな機材(?)で撮っています。

動画撮影機材:iPhone4、Glif、ミニ三脚。

iPhone4、Glif(アマゾンで買えます)、ミニ三脚(岡安さんに頂きました)。
必要十分。

願わくば、iPhone/iPad版のiMovieの機能がもうちょっと充実して欲しいけど。

Ubo and Fisher in End Cap

なにやら覚醒したUbo。
ん、エンドキャップから釣り人が生えてる・・・w
(この日、秋川で解禁されたばかりの鮎の友釣りの大会をやってました)

Ubo's shin

山で遊んだらこうなる、男の子の脛。

自転車最高!