JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2011年12月31日土曜日

2011年、みなさんお世話になりました。

あっ!!!



・・・という間に、大晦日。


今年は大変な一年でしたが、
みなさま、いろいろとお世話になりました。

震災と津波、そして原発事故。
未曾有の悲劇にしっかりと向き合いつつ、
いかに前を向いて進んでいくか。
ひとりひとりが試された一年だったと思います。

2011年。
私(たち)にも生活の大きな変化がありました。
元日に入籍したり、
3月にメッセンジャーを引退したり、
4月に吉祥寺(の外れ)から武蔵五日市に引っ越したり。
新しい命を授かったり。
10月には結婚披露宴とウェディングBBQパーティ。
気持ち的にも、いろいろと変化がありましたね。
おそらく、何十年かして振り返ったら、
この2011年は私にとって凄い転機になっている気がします。

そんなわけで、、、
みなさん、今年もお世話になりました。

特に後半・・・ブログの更新が延滞しまくってすみません!
2012年は、文字通りの「毎日更新」でお送りできるように頑張ります!

それではみなさん、良いお年を!

(・・・と、新年あけてから更新・・・先が思いやられるw)




2011年12月30日金曜日

裏山遊び納め2011。

昨日いっぱい乗ったので、
それで乗り納めかと思ったのですが、
今日も、すぐ近くで裏山が呼ぶので我慢できず・・・
夕方、恒例の夕暮れライド。

夕日を木々の間から見ながら
森の中のシングルトラックを走るの、
超楽しいです。


落ち葉コースター。

夕陽、鉄塔、雑木林。

この日、以前から気になっていた山道の入口をずんずん進んでみると、

おお!面白い!
(地形図には乗ってないけど)

すごーく良い感じの小径がうねうねと続いて、
良い感じに未舗装の林道につながったりして、
うまくつないで走れば半日楽しめるルートになるのを発見。

こういう、ご近所大冒険、
大好きです。

春にここ武蔵五日市に引っ越してきて以来、
まだまだ飽きることのない裏山遊び。

裏山さん、今年はお世話になりました。
来年も、よろしくね。


2011年12月29日木曜日

裏山3人ライド。

天気も最高!
この日はこの3人で裏山遊びでした。

峠。

元・私のメッセンジャーの先輩Get'sさん。
ロードレースもやってて、トレーニングしまくりの強い人。

Get's
ですが、

Get's自転車を降りると弱い。
自転車をおいて山歩きさせると、、、
すげー弱いw

Get’sが落ちてた。

徒歩で登ると、変なテンションで走り出した挙げ句に、
ちっちゃくなって落ちますw

あ、強いといえばもうひとつ。
つまらない(というレベルを超えた)
オヤジギャグ(とも言い難い)発言を連発して会話が変な風に止まっても気にしない、
そんな強い心は持ち合わせているようです(苦笑)。

久しぶりに一緒に走った、Ubota。
Ubo

シングルスピードのハードテール、
これは懐かしのサイクルワールド。
中古のフレームを安く入手したそうですが、、、


いきなりのクラック疑惑・・・w
まぁ、本人あまり気にしていないみたいだけどw

Ubo
某山頂にて「ペヤング食べよう」ってゴソゴソとバーナーとかコッヘルとか取り出したUbota。
こういうときって、水かガスかコッヘルか、何かしら忘れるモンですよね。

つーわけで、今日はライター忘れて、着火できず。
どんまいw



Ubo
登るUbota。

この日は、(自分的には)かなりいっぱい登って、下って、走った!
Get'sさんの装備していたGPSによると、合計で30kmくらいらしい。

下りてきて、ほうとう屋さんで温かいほうとう食べながら、
「今日は30kmしか走ってないのかー」って二人がしゃべってたとき、
あえて何も言わなかったけど、、、

トラ車なギア比で、オール立ち漕ぎで上ったり下ったり30km走った、
自分を褒めたい・・・。

おつかれっした!
また、遊ぼう!

2011年12月28日水曜日

Beruf の新作バックパック(山道自転車遊び対応!)をテストさせてもらってます

昨日の記事でも少し書いたんですが、
Beruf の新作バックパック(山道自転車遊び対応!)をテストさせてもらってます。

チラ見せ。

今回は、アイディア出しの段階から開発に参加させてもらっています。

自転車にまたがったときに重心がちょうど良い位置に来るように、
そして(ロードバイクと違って)スタンディング状態で状態を振ったり、
ジャンプしたりして大きく身体を動かしたときにもずれにくく、
それでいて出来る限りシンプルでわかりやすく、
スポーツとしてのハイテクギアとは逆のベクトルで、
つまり「遊び」としてのMTB遊びを念頭に置いています。

今日も早速、裏山でe背負って走り回りました!
すごく良い感じに仕上がっています!
イメージ通り!

細かいところをブラッシュアップして、
そう遠くない時期に発売されるみたいなので、
こうご期待!

このブログでも、少しずつご紹介していきます!

2011年12月27日火曜日

Beruf to Masago to Gohongi-Cafe

この日は電車でいっぱい移動!

まずは、代々木にあるバッグブランドBerufさんの事務所へ!
(=1197ストア・・・JBPの商品も一部展示・販売して頂いています)

ここで受け取ったものは二つ。

まず、これ!



できてたほやほやの、brMOZUフレーム!


BerufのバッグデザイナーSanoさんがオーダーしてくれたものです。
うれしいですね!
組み上げをお手伝いさせて頂くことになりました。
楽しみ!

そして、これ!!
Beruf Backpack Prototype for Ura-yama Rides

(まずはチラ見せ)
アイディア出しの段階から深く関わらせてもらった、
Berufの新作バックパックのプロトタイプ!

私流にいえば、
「裏山自転車遊び用バックパック」なのです!
自転車用、しかも自転車山遊び向けの工夫がいっぱい!
明日から早速、背負って遊んで、テストテスト!


さて、次に向かったのは板橋区の眞砂さん。
ご存じの老舗の革小物メーカーです。
JBPとして、そしてTUBAGRAへのサポート、
さらにはライダーとしての私にもサポートしてくださって、
今年もガッツリお世話になりました!

この日は来年に発売予定の新企画製品の打ち合わせなど、
そして個人的に・・・

このサドル(ターボマチック!)の張り替えをお願いしました!
先端部分のプラスティックが破損してしまったけど、
どうにか良い感じに補修出来ないかな・・・とご相談。

このサドルは、高校時代から友人が乗り込んだものを譲り受け、
私がさらにメッセンジャーの仕事用で3年ほど乗り込んできた、
想い出のしみこんだ大切なサドルです。

張り替え完成が楽しみ!

※ご好評頂いているサドルの革張り替えですが、
眞砂のある超ベテラン職人さん(歴50年以上!)の
勤務日数の変更に伴い納期が「3ヶ月以内」へと変更になります。
最高の張り替えクオリティを実現するには熟練の技術が不可欠。
お待たしますが今後も妥協のない品質にこだわってやっていきます。

その後、さらに祐天寺駅まで移動して徒歩、
向かった先は、、、まっさんが料理作ってる、
今話題の!ゴホンギカフェ。


TUBAGRA関連(というかフラワートレイル関連?)で、
プチ・忘年会でした。

21時までは自転車屋さんで、21時からカフェ(というかバー?)なのです。
ここからだと帰宅するのに2時間くらいかかるので、
あっというまに帰らないといけない時間だったのですが、
お酒を飲まない我らがTUBAGRAのボス、
サモさんになんと自宅まで車で送っていただきました!
ありがとうございました!

いやー、今日も濃い一日だった!!

みなさんありがとうございました!!


2011年12月26日月曜日

年末夕暮れライド。

今年もあと数日。
大掃除を試みたり、
考え事をしてみたり、
いろいろやってると、、、

あっというまに夕方。




山なみと枯れススキ。

天気が良いと、どうにも我慢できませんので、
最近は毎日のように夕暮れライドしてます。

ライト装備で、夕暮れ&ナイトライド。


この日の発見は、自転車に装備した明るいLEDライト
(私が使っているオススメはこれ)で左右から照らせば、
iPhoneでもかなり良い感じの写真が撮れるってこと。
左右から(かなり角度を付けて)被写体を照らすのがポイント。

ストロボを赤外線でリモート発光させてデジカメで撮るのと、
ちょっとだけ近い雰囲気のコントラストの綺麗な写真が撮れます。



近所の、何屋さんかわからない大衆食堂(?)で晩飯。
味はまぁ普通だけど、とにかくメニューの豊富さがすごい。

そこで発見した、なんだか凄そうな酒。
地元の喜正の地酒なんですが、
「超」大吟醸、しかも別名が・・・

くびつり

かなり気になります・・・!


こんどだれか、一緒に飲まない?



2011年12月25日日曜日

フラワートレイル03ダートジャンプジャム!

FT03DJJAMでした!

はじめて車で武蔵五日市から3時間弱かけてフラワートレイルに行きました・・・
なかなか、遠いっすね・・・着いたときにはすでに若干の達成感が・・・w

そして、結果ですが、
どの種目でも勝てなかったのになぜか総合2位という、
自分でもリアクションしづらい感じになってしまったわけですが(汗)
クリスマスということで、笑って許してください。

個人的には、JAMの前半をほぼ捨ててサンタのプライドをかけて取り組んだ
「湿った炭に火を付ける to 焼き肉」の大技をギャラリーの子どもたちと協力してメイクしたことでさらに素晴らしい達成感を得ました。
関係各位に感謝します!(パパさん、ママさんもありがとうございました!)

各種目優勝者、そして、
総合優勝でなんとRui and Aguri製の王冠を手に(頭に)した
おめでとうございます!

X-upコンテストの前に何度か飛んで練習できてれば・・・と、実は結構くやしい)


うん、超たのしかった!


サンタ姿でバタバタしてて、
写真はほとんどこれしか撮ってません(汗

サポートしてくださっているSilkypixさんによる特設ページや、
UPしてくれた写真をぜひご覧ください!

そして、動画(仮編集版)も。




そしてチャンピオンに輝いたこの人・・・


King of 03(おっさん=Over 30)
髭坊主さんによる撮影/編集の動画も!


(これすげー!!)

実は2位ofおっさんは終わってみると結構悔しかったので、
次回は頑張ります!

はい、jinkenサンタがお送りしました。
また来年!



2011年12月24日土曜日

オステリア・チ@武蔵五日市にてイヴランチ。

オステリア・チにて。

武蔵五日市界隈には、
隠れた名店が少なくないんですよ。

ただし、「隠れている」ので(?)あまり目立たない。
だから、ゆったり楽しめるんです。

というわけで、夫婦でメリークリスマス。

2011年12月23日金曜日

クロスマッシヴ(X Massive 2011)サンタライド!

昨年も参加した、
メッセンジャーたち(にっしーさん等)主催のサンタグループライド
クロスマッシヴ2011に参加しました!

この時期、サンタライドは数あれど、
自分的にはやっぱりこれだねってことで。


Xmassive2011サンタライド
@六本木

メッセンジャーも、元メッセンジャーも、そうでない人も、
思い思いの自転車で、格好で、クリスマス直前の東京をクルージング!


Xmassive2011サンタライド
@銀座中央通り


Xmassive2011サンタライド
@新橋

Xmassive2011サンタライド
うらさんのサウンドシステム!
クリスマスチューン 全開!



Xmassive2011サンタライド
ちっちゃいトナカイ(耳は猿)@けやき坂下

Xmassive2011サンタライド
にっしーさん(サンタバックパック)@芝公園

今年はtrMOZUで走りました!
ゆっくりなライドだったのでついて行くのは大丈夫でしたが、
それでもなかなかハードでしたw

走りながら、100回はメリークリスマスって叫びました。


そしてなんと!

Xmassive2011サンタライド
ベストサンタ頂きました!
うれしす!

来年も行けるかな?


サンタライドの後はパーティ!
プレゼント交換!

パッションサンタ(生誕40周年)より、
すっごくすてきなものをいろいろ頂きました!!
ぜんぶ有効活用うぃる!

なかでもこれ!
ユッチンソンのタイヤのベルト!
このタイヤ、昔使ってた!
なつかしい!
そして、超うれしい!!
サンタさんありがとう!


そしてこの日は、さらにその後、、、


高校時代からの友人たちに合流。
終電まで小一時間しかなかったな。。。
でも久しぶりで楽しかった!

・・・サンタの格好のままtrMOZUでダッシュで待ち合わせのバーに入ったら・・・
なんかテンション違った?
みんな、大人ねぇ。

そんなこんなで、終電ギリギリで武蔵五日市まで輪行でバック。
すごく 濃い一日になりました!


おまけ:

Xmassive2011サンタライド
Kensuke氏にシャッター押してもらいました。
記念すべきダニエルサンタ。

みんな、おつかれ!

2011年12月22日木曜日

GTのオールドMTB(サイクロン)を組み始めたよ。

Ubotaから譲ってもらった、
10年以上前のクロモリMTBフレーム。

GTのPsyclone!


クルーザーハンドル仕様で、
ついに組み始めました。

フルリジッドの前後26インチ。
ダートトラッカー的な雰囲気になりそう。

超久しぶりに、リアは変速有り(9速)にしてみようと思います。
(でもシフターもディレイラーも処分しちゃってて持ってない 汗)


オールドMTBを組むというよりは、
年式ごちゃごちゃにして、
自分的に好きな雰囲気のパーツを寄せ集めて組みたいです。

というわけで、ブレーキは前後XTRのVブレーキ、
ブースターはPaul。
どっちも、昔Surlyのクロスチェックに組んで、
メッセンジャーの仕事で使っていた物です。

裏山クルージングに使おうかな。
あとは、遊びに来てくれた人にレンタル出来るように考えています。

すでにかなりいい雰囲気になってきた!
完成が楽しみです。
(現在変速周りのパーツ待ち)



2011年12月21日水曜日

チタン製バーエンド自慢。

WE THE PEOPLEの、チタン製バーエンド。




ええやろ。

すいません、単なる自慢です。

もう、たしか一年以上前から持ってるんですが、
単体でも素敵すぎるので、なかなか組めずw


どのバイクに使おうかなー。

うひひ。



2011年12月20日火曜日

自転車トライアルのハウツー系サイトご紹介。

トライアルのハウツーが詳しいサイトと言えば、、、これ
かなり以前(1997年!)から存在する、
KINOSHITAさんによる、素晴らしく参考になるサイトです!



トライアルを始めてみたい方、

トライアルになんとなく興味のある方、

競技としてやるほどじゃないけど
トライアル的な動きがちょっとできると
山での自走率が上がるなぁ・・・って思う方。

ぜひチェック!



そして、もう一つ、
こちらもかなり古くから(2001年〜)
トライアル関連の情報をまとめてくださっている、こちら


いそしさんの、「お気楽!自転車試行」です。

こちらもトライアルを始めてみたい方、
そして、普通のMTBを改造してトライアル車を作ってみたい人にも
役立つ情報が満載です。



他にも、トライアル関連の役立つ個人サイトはいくつもありますよね。


案外、古くからあるサイト
(ブログが流行する以前からあるような)
が充実している一方で、
それ以後にスタートしたブログや個人サイトは
更新が止まっていたり閉鎖されたりしているところが多いような気がします。

やっぱり、なんとなくの日記よりも、
サイトのコンテンツがしっかりしているほうが、
長い目で見るとずっといいですよね。
自分的にも、すごく参考になります。

自分も、ちょっとHPの内容を見直したいなぁ。
10年経ってもいろんな人に見てもらえて役に立つ、
そんなサイトは凄いと思います。




2011年12月19日月曜日

HOPEのハブの爪とバネが・・・

2年使ったHOPEのトライアル用ディスクハブ。

フレーム変更(エンド幅135mm→116mm、ディスク台座付き→V専用)に伴って、
とりあえず役目を終えたのですが、
メンテしようと開けてビックリ(いろんな意味で)


HOPEのハブは特殊な工具無しでフリーの心臓である
ラチェット部に簡単にアクセスできるのですが、
見てくださいこれ。

4本ある爪のセットのうち、
3本の板バネがポッキンキンしてました!

半年くらい前に開けたときは無事だったんだけどな。。。

つーことは、、、
ここ最近はたった1本の爪で動いてたのか!

すごい!
ほとんどわからなかった!
(たしかにここ2ヶ月くらいたまに怪しい音がしてたけど・・・)

この動画撮ったときには、折れてたのかな。
島で4本目が折れなくて本当に良かった 汗


でも、HOPEの凄いところは、
ベアリング一個、軸一本、そして爪と板バネ、
どこをとってもバラで手には入って自分で直せるところ。


私もさっそく、
ストックしてあった新しい爪と板バネに交換しました。
これで、激しく使ってもあと2年は大丈夫だねっ!


やっぱり、HOPEは最高です。

2011年12月18日日曜日

プラネット・ポッキンキン(私じゃないけど)

またまた、行ってきました、プラネットパーク。

バスタブカー@プラネットパーク。

夕方。
パークに着いたら、バスタブカーが(笑)
この日はお休みだったらしく。
はじめてYufuneさん@スケーターとご一緒しました。


さて、日曜日と言うことで、


この日は24も26もいて、
楽しかった!



今日のバイクは・・・!




完成したての、新テスト用trMOZU!

調子よす!!

(→詳細はこちらの記事で!)


さて、
この日の事件。
一緒に乗った、Ke-Taくんのクロモリハンドルが・・・






ポッキンキンtoギザギザハート

ポッキンキーン!

軽量なクロモリハンドルでした。
ローレット加工がステムのクランプ部より外側まで出ている場合、
そのギザギザに沿って折れやすいみたいです。。。

おーこわ。

Ke-Ta君と、分離独立運動の勃発したハンドル。

哀愁・・・


でも昨日は夜にはかなり冷え込んで、
乗っていないと寒くて震えるくらいだったので、
このあと、なんと折れたハンドルをずらしてステムで固定し、
超短いハンドル(走り系のピストみたい)で
バースピンの練習をしていました(笑)
断面のキザギザが見てるだけでも恐かったので、
たまたま持っていたプラのバーエンドを貸してはめてもらいました。
クソ寒い中の流血は見たくなかったので(笑)

他にも、この日は日曜日と言うこともあって
スケーターやBMXをはじめたくさんの人で賑わっていまして、
その中には24インチ/26インチのストリートMTBも、
そして(写真を取り忘れたことが悔やまれる)brMOZUも!

brMOZUのオーナーさんは、
以前TUBAGRAのサモさんとも乗ったことがあるっておっしゃってました。

まだまだ(BMX等と比べると)メジャーとは言い難いストリートMTBですが、
こうやってパークなんかでお会いするとすごくうれしいですね!

これからも、ジャンル関係なく楽しく自転車遊びする人口が増えて、
あちこちでいろんな人に会えるといいなと思います!

新trMOZUテストフレーム(with REI’s Art Work)組み上がりました!

前回のエントリーでご紹介した、
REIさんにペイントしていただいた新しいtrMOZUのテスト用フレームを、
先日組み上げました。
trMOZU Bike with REI's Art Work

Frame : trMOZU テスト用 Team Edition (116mm トライアルエンド、ヘッドチューブ肉抜き有り)
※ Custom Painted by  望月 玲児郎(a.k.a. REI(HATOS, NORMALIZATION)
Fork : SR Suntour Epicon (Shortened to 45mm Stroke)
Head Parts : BLANK(カンパヒドゥン規格)
Head Badge : Rui and Aguri Fine Jewelry TUBAGRAヘッドバッジ (コラム部取り付け用)
Stem : Thomson 90mm 10° 31.8mm
Handle Bar : Blkmrkt Bada-Boom 31.8 690mmにカット
Grip : ODI Lock-Jaws Ruffian
Seat : JBP×眞砂 本革BMXサドル(Prototyle)

写真では取り付けていませんが、もちろん眞砂製のフレームパッドと同じく眞砂製ステムパッドも装備。

trMOZU Bike with REI's Art Work

F Rim : TIOGA Factory DH 24inch 32HF Hub : HOPE Pro2 Evo with 9mm Through Axle
F Spokes : #14F Nipples : Spline Nipples
R Rim : 24 Bicycles Y.A.M.I.A.B 36H (サンディング済)
R Hub : Profile Racing Elite (204ノッチ!)with 13T with 7075 Alloy sprocket
Chain Tensioner : Monty
R Spokes : #14R Nipples : Spline Nipples
R Rim-Tape : ECHO

F/R Tire : DMR MOTO Digger 24×2.35
F/R Tube : MAXXIS Welter Weight 24×1.92.1

F-Brake : Shimano M810 Saint Disc Brake set (Right Hand)
R-Brake Rotor : Alligator 160mm
R-Brake : AVID Single Digit Ultimate V Brake
R-Brake Lever : Shimano XTR (Left Hand)
R-Brake Booster : SLiC
Crank : ECHO 7075 CNC 170mm
BB : RACEFACE Evolve DH ISIS 118mm
F Sprocket : Bazooka Cr-Mo 3/32 17T
Ring Guard : ZHI for 18T
Pedal : ECHO SL with Titanium Axle(パーク走行時はDMRのプラペダル)
Chain : IZUMI 厚歯(半コマ×1使用)

trMOZU Bike with REI's Art Work
trMOZU Bike with REI's Art Work
trMOZU Bike with REI's Art Work


リア軸の固定位置は設計時の想定通りにしています。
実効チェーンステイ長は約357mmですね。
trMOZUのフレームは24×2.6DHタイヤ(自然地形でのトライアル向け)にも対応できるクリアランスを確保してあるので、
今回使っている24×2.35のタイヤだと、まだまだクリアランスがあります。

チェーンステイ長は短い方が、漕ぎを使わないフロントアップや回転系の動きは楽になりますが、
私のように(そして多くのトライアラーのように)漕ぎを入れてのウィリージャンプで高さをコントロールしようとすると、
リアセンターが短すぎると難しくなる傾向にあります。
バニーホップはチェーンステイ長が短くても身体の動きを早くすれば対応できるし楽に高く跳ぶことも可能ですが、
ウィリージャンプやダニエルから跳ぶ場合(トライアル特有の「漕ぎ」を使う動き)はちょっと事情が違うと思います。

というのも、ペダルの踏み込みでクランクが回る速さがギア比で決まってくるので、
リアセンターが短すぎるとフロントを浮かせる動き、引きつける動きとペダルの回転のタイミングを合わせるのが難しくなってくる気がするんです。

ギア比を少し重め(ストリートバイク寄り)にして、
(停止状態からではなく)流れの中で技を入れる乗り方をするなら、
もっとリアセンターを詰めてもちょうど良いのかもしれませんね。
STEM*くんのバイクはエンドを削ってリアセンターを詰め、ギア比は少し重めで調子よさそうです)

・・・私の場合はtrMOZUの元々の設定である357mm近辺でちょうど良いです。
(山遊びもするので、リアセンターが短すぎると急な登りで後輪に加重してトルクをかけにくいっていうのもあります)
といっても、この357mmという数値でさえ、他の24インチバイクと比べるとすごーく短いんですけどね。
未加工でそのまま組むだけで、とりあえずはオールマイティに乗りやすいリアセンターで、しっくり来ると思いますよ。

trMOZU Bike with REI's Art Work

さて、昨日早速プラネットパークで乗ってきました。
ジオメトリ的には変わっていないのですが、
自分のバイクの今回の組み替えで一番大きく変わったのが・・・
やはりリアハブ。
trMOZU Bike with REI's Art Work
プロファイルのエリートハブ(110mm幅、BMXのレース用)です。
内部の話ですが、ラチェット機構のノッチを掴む一つの爪に小さい3つの爪がオフセットされて付いている機構で、
一回転で204回のエンゲージポイントがあります。(簡略化して204ノッチ、って言っちゃいますけど)
私のギア比(17/13)の場合、クランクを一回転させる間に267回噛むことになります。
これはもう、感覚的には無段階に近い感じで、どこから踏み込んでもロス無くホイールに力が伝わります。

難点は、音が大きく(カチカチ、ではなくてジイィィィっていう感じ)、
夜中に外に出ようと思ってもうるさすぎて、住宅から離れるまで後輪を浮かして歩かないと迷惑なくらいです。
(田舎なので、夜は本当に静かなので余計に響く・・・汗)

あとは、プロファイルのハブの固定ボルトはインチ規格のため、
それ用の六角レンチを持ち歩く必要が出たことでしょうか。
しかし、太いボルトの固定力は抜群です。
trMOZU Bike with REI's Art Work
ハブの幅は110mm、ここにトライアル用の3ミリ厚のテンショナー(手持ちのMontyのもの)を挟み、
フレームのスロットの延長上に空けられたねじ穴にボルトをねじ込んでそこにテンショナーをかけて使います。
あまり馴染みのない人も多いかもしれませんが、110mmハブに3mm厚のテンショナー×左右で使う、
エンド幅116mmのフレームはトライアルでは一般的な規格です(trMOZUもこのトライアルエンドに対応しています)。
見た目もすっきりまとまりますし、後から引っ張るタイプのテンショナーと違い、
テンショナーがちぎれたり壊れたりする心配が無く、調整もしやすいのでオススメです。

今回テストしている、後上がりに角度の付いたエンドも、
なかなか調子よさそうです!
これはしばらく乗り込みながら検証します。