JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2012年2月8日水曜日

iPhone動画撮影用のクリップとグリップとワイコンを導入!

もうすぐ、極めて身近に撮影のモデルというか被写体というか、
そういう人が一人増える予定なのです。
というわけで、撮影機材(笑)を増強。

・・・もちろん、iPhone4sの。



これ、やばいっしょ!?

iPhoneをこいつで挟んで簡単固定。
そしてこいつを装着、握って撮影!
高価で複雑なスタビライザー(こんなのや、意味があるのか不明ながらこんなののもありますが)を取り付けなくても、
これである程度不快な手ぶれは軽減できますし、何より撮影していて気持ちいい!


とくに、この拳銃の握りみたいなグリップ(グリップハンドル雲台)のほうは、
iPhoneだけじゃなくて三脚が装着できるカメラならどれでも
簡単に装着できて(ねじ込むだけ)最高にオススメです。

手触りも悪くなくて、なんだか動画魂が燃え上がりますw

挟んでいる部分のクリップも楽に付け外しできて便利ですが、
どうしても画面が一部隠れてしまい、録画ボタンをタッチしにくい。。。
ですが、ボリュームボタンを押せば録画/停止できるので問題ありません!

iPhoneに三脚やこの手のグリップを装着するためには、
私も今までつかっていたglifという小物や、
その改良版(というか、serifというオプションを追加したもの)なんかもあり、
そっちのほうがデザイン的には洗練されていてスマートですが・・・
不精な私はガバッとはさむだけのこいつのほうが楽で、向いているみたいです。

そして、もう一丁。


こいつは、iPhoneにクリップで挟んで取り付けるだけの、
装着も取り外しも簡単なワイコン(ワイドコンバージョンレンズ)です。
iPhone動画の画角の狭さが解消されて、
広い範囲が映るようになる追加レンズですね。

いろいろとこの手のレンズは出ていますが、
これまた、装着が一番簡単そうなやつを選びました。
(自分の性格から、お手軽じゃないと使わなくなっちゃうのは目に見えているので)

やはり、若干周辺部が歪んで映りますが、
室内でもかなり広く映すことができ、中心部はしっかりピントも合うようなので、
クセにも慣れながら使っていきたいと思います。
さらに広角になる魚眼レンズタイプもあるんですね・・・キニナル。。。

んー、楽しみ!
こいつらを使うのも楽しみだけど、
はやくあの人を撮りたい!!
というか、早く会いたい!!






0 件のコメント:

コメントを投稿