JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2012年5月18日金曜日

AR-4iのマイクをオフセット&その指向性を360°全方位に!(偶然)

先日、iPhone4Sの動画の音声をよりクリアに、
ステレオで臨場感たっぷりで録音するための専用機材(FOSTEX AR-4i)を
購入して、そのマイクにフェイクファーの毛糸を縫い込んで
ウィンドジャマー(テレビのロケで使われてる集音マイクのモフモフ)を
無理矢理自作した話を書きましたが、
そのときiPhoneのレンズにその毛足の長いモフモフが映り込んでしまう!
という問題が発生していました・・・こんな感じで。



ステレオミニプラグをそのまんま延長するコネクタを探して、
マイクの位置を少し上にオフセットさせればいいのでは?と思ったのですが、
まったく何の変換もせずに継ぎ足すだけのコネクタなんて、
普通の人には機能的には完全に無意味なので、
製品としてどうやら存在していないみたいで…
どうしようかなといろいろ考えましたが・・・

(Twitterでいろんな人がアドバイスくれました、ありがとうございます)

結局、こいつを使う事にしました!


ステレオミニプラグのジャックを、
L字方向に方向を変えるだけのコネクタ。

こいつを2×2個組み合わせて…


こうなりました!

目的だった上方向(レンズから遠ざけるための)オフセットはもちろん、
結果的に上下左右、全方向に!
マイクの指向性を向けることができるようになっちゃいました!
苦肉の策のつもりが、まさかの機能性向上!

結果オーライ!


ここまで結構AR-4iを使用して動画とりましたが、
実はモフモフの毛が映らないようにマイクの角度がかなり限られていたんでした。
えへ。

これでiPhone4S動画撮影機材環境はついに完成形にたどりついた!か!?
夏にはiPhone5が?っていう噂もありますが、
今の所は考えない事にする!!!!






0 件のコメント:

コメントを投稿