JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2012年5月21日月曜日

山抱きの大樫。

五日市の駅から北に伸びる谷沿いの「深沢」地区。
ここは、明治初期に作られ後に五日市憲法と呼ばれる事になった、
当時としては画期的に民主的な憲法草案が土蔵の中から発見されたエリアです。
(今も門と蔵が残る深沢家の深沢権八がその草案の作成に関わっていたんですね)

今日は、深沢小屋(オススメの山小屋、コーヒーも食事も)に家族で寄ったあと、
以前から見てみたかった近くの「山抱きの大樫」を見に行きました。
(リンク先は「この木何の木」でお馴染みのあの日立さんのページ…紹介されていました)


近くに寄っていくと…すごい迫力です。
山の中腹の岩場に、かたい地面をカチ割るように根を張り、
太い幹からにょきにょきと、枝を四方に伸ばしています。
大きさとしても「東京一」だそうですが、
岩場の上にぐいぐいと広がるこの生命力みなぎる雰囲気は、
大きさだけじゃなくてすごく雰囲気があります。

この木は比較的最近整備された山道のおかげで
真下まで行けるようになったらしいです。

オススメです。

五日市から徒歩だと40分くらいかかりますが、
近くの「深沢の小さな美術館」や「深沢小屋」、
そして6月中頃以降は近くの「あじさい山」と合わせて、
ぜひ見に行ってもらえればと思います。







0 件のコメント:

コメントを投稿