JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2012年6月11日月曜日

思い出せない・・・

さて、3ヶ月ぶりにブログの振り返り更新を決心したわけですが、
2記事めで挫折しそう。。。

この日何をやってたかだって?
何を考えてたかだって?


思い出せないぜ!!!


とはいえ、便利な世の中。
Twitterのログを見返せばいいんだと思い立ち、
Evernoteに転送しているツイート(「ツイエバ」っていうサービスを使っています)を見返すも・・・



俺ろくなことつぶやいてない(汗




たしか、BHCでコケまくってあちこち痛い身体をさすりながら、
「休養」してたんでしょう。

たぶん、そうでしょう。


この日のつぶやきから昨日のBHC後の雑感ツイートをいくつか転載して、
今日はお茶を濁します。

このくらい濁さないと、3ヶ月分の更新なんて一生終わらないぜ!(笑


この日のツイートより
・・・・・・・・・・・・・

  • 決勝でミニジャンランつかって高めのアブバカ挑戦してて何回目かでリアがスッポ抜けて空中分解した時、飛んでいくバイクが自分も落ちながら見えて、瞬時に「そのまま壁越えて向こうの畑まで飛んでけ!」って念じたけど壁に当たって戻ってきてちょっとガッカリしたのを覚えてる。
    19:24 
  • インスタでBobの写真を2枚連続で上げたら2枚目の肉々しい写真のほうがダントツで「イイネ」が多い件。
    19:46 
  • 昨日乗ってて(見てて)難しいなと思ったのは、ギリギリのトライを持ち時間の中でどこまでこだわって繰り返し挑戦するかということ。最後のランで手堅くまとめるのではなくて難しい技に思い切って挑戦するのは観客を引き込めるし盛り上がるけど、メイクできなかったときどこで引くのか難しい! 

  • 目標とBBはちょっと高めがイイネ!RT @m_massan: ひさしぶりにMTB乗ったらBB低くて乗り味もっさいわ。だからみんなクランク短いのね。
    20:47 

  • ステムの手前側の角(or ヘッドキャップ)で怪我をしたことのあるライダーを何人も知っています。BMXと違ってMTBはヘッドの位置が高いので膝や股間や額をぶつけやすいんですね。ストリートMTBやストリートトライアル系のバイクにはステムカバーがもっと使われていいと思うんです。 

  • 自分も、ステムカバーに数えきれないほど助けられています。使ってなかったらあちこちがザックリ行きまくってると思います。
    22:47 

  • 普通に走る(もしくは下る)ためのMTBと違って、回転するためにすごく身体をひねったり、飛ぶために深くためたり、ものすごく伸び上がったり身体を前に投げ出したりする必要があるストリートライディングでは、たとえ転倒しなくてもステムの手前の角にどこかをぶつける危険は高いと思うんですよね。 
  • それで病院送りになってしまったライダーを知っています…ステムカバーがあってもぶつけると痛いのに、ざっくりいったら…もう考えるだけで縮み上がりますRT @seima3142: トップキャップで顔面はないけど息子周りをざっくりやったとかはあります
    22:51 
  • 尖ったステムの角から股間を守るために、ストリートMTBでもパッド付きのレーパン履けば良い!!って思いついたけど想像しただけで気持ち悪いので却下。 22:58 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さぁ!たたかいは続く・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿