JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2012年8月5日日曜日

夏の日のナインティナイドボン

暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

乗ってますか?水浴びてますか?ドボンしてますか?
そう、夏です、ドボンの季節です。

(タイトルはヤケクソです、意味はありません)

というわけで…trMOZUに乗るようになって
(クロモリフレームということもあって)
自粛していましたドボン活動ですが、、、

こんな場所を見つけて以来、
ウズウズが止まらなくなってしまい、
日常生活に支障を来すようになったので今年解禁することにしました!



「こんな場所」





ちょっとぼかしてますが上から下ってきて、
あそこにキッカー的なものを置けばやばくないっすか?

やばいっしょ?
うずくっしょ?
夏っしょ??


つまり、こういうことです。




(もうやってるw

スターター付き(笑)、助走なしで楽々、下って跳んでドボーン!




さっそくやってみました!






(ムキムキボディのカップルに見守られながらw

斜度はこんな感じです。

ラッキーなことにヌルヌルではないので
(もっと下流だったらヌルヌルになりそうな感じですが)、
不安なく下っていけます。

そして
最高に気持ちいい!跳ぶ瞬間!ドボンの瞬間!・・・




!!!







・・・続きは今月の裏山Hike ‘n’ Ride動画(月末配信)で~w
お楽しみに!

(※この記事を書いているのが2.5ヶ月遅れなので、
実はもう公開してるけど、あえてここではリンクを貼りませんw)




すぐ近くにはこんな場所もあります。


エアウォーク!

(すっかり膝のことを忘れてます、もう)




セット!!!


それでーーー、


レッツ!











消失w





(ご注意)
当然ですが、ドボンには様々なリスクが伴います。

何よりも、後のメンテナンスが大変です。
フレームの水抜き、乾燥、防錆処理はもちろん、BBやヘッド、そして何よりもリアハブの分解、洗浄、グリスアップは必須です。
(まぁ海水じゃなくてきれいな淡水なので、半分は「洗車」感覚でw)

ご自身の責任で爽やかなドボンライフをお送りください!






危うく、またメガネをなくすところでした。
なぜかカバンに入っていたヒモで即席のメガネホルダーを作りました(結んだだけ)。

ドボン用品、一式揃えたいな~。
ドボン専用ジャンプランプとか作りたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿