JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2012年2月29日水曜日

まさかの大雪と、ニューマシン。

昨晩から降り始めた雪。
明日には助産院から退院して母子を車に乗っけて帰宅しなきゃいけないので、
今日積もるのは良いけどすぐに溶けてもらわないと困る!のですが・・・

朝起きると、こんなんでした。

車の上で雪崩がおきとるww

外はこんな。
子どもたちが駅前の道路を挟んで雪合戦。
明日大丈夫かいな・・・。

まぁ、気温が上昇するそうなのでなんとか大丈夫であって欲しい・・・

ちなみに、(車も頂き物ですが)頂き物のスタッドレス(ホイール装着済み)もあったのですが、
かなり古いものだったので近所のスタンドでチェックしてもらったところ、
もう硬くなっているので使用は危険、という判断。
がーん!車のタイヤって高い!しかも、自転車と違って4本もある!
しかもスタッドレスのゴムの寿命って、使っても使わなくても3年くらいだとか?
一年に何度使うかもわからないそんなもんに金出せるか!!

というわけで、もう、
明日の昼までに雪がそれなりに溶けてくれることを願うばかり。

さてさて、ニューマシンの話。


チャイルドシート!
安いのから妙に高いのまでいろいろあったけど、
結局安全性と日本メーカーへの信頼からこいつにしました。

タカタ takata 04-neoです。

ふむふむ、最初は後ろ向きなのね。
早速明日取り付けて、初ライドです!





2012年2月28日火曜日

JRにシマノの広告。

「毎日乗る自転車には内装パーツ」

そんなもん電車で宣伝してわかる人がどれだけいるのか。

っていうか、自転車って今もそんなに流行してるのか。

電車の中に内装変速機と外装変速機の違いを認識できる人がそんなにいるのか。

そもそも、そんなに宣伝しないと売れないのか。

謎だ。



確かに内装変速ハブは普段使いには凄くいいけど
(まだまだ重いしフリーのノッチが少なすぎてスカスカなのは気にくわないけど)
電車の内張広告にはちょっとびっくり。



2012年2月27日月曜日

trMOZUフレームの詳細写真など。

さてさて。
ずいぶん更新が溜まってしまいました。
この日も助産院に行ってました。

とりあえず、この日UPしたTUBAGRAのライダー日記からそのまんまコピペして、、、
今回はお茶を濁したいと思います。

私が乗っているのと同じ、trMOZUという24インチホイール用のクロモリ製国産ストリートトライアルフレームです。

以下、そのまんまこちらより。

・・・・・・・・・・・・・・・・
ども、jinkenです。

お客様のtrMOZUの組み上げをお手伝いさせて頂くことになりまして、
私の手元にMTBエンド(ディスクブレーキ使用予定)・マットクリア塗装のフレームが一本あります。
お客様の了承を得まして、組み上げまで何度か(簡単な)紹介をさせて頂きたいと思います。

今回は、(改めまして)trMOZUフレームの各部詳細画像と簡単な解説を。

trMOZU(トラモズ)は、これまでのMOZUシリーズで培われた定評のあるフレーム造作をベースに、ジオメトリや各部の作りをトライアル的な動きに最適化して開発された、ストリートトライアル(をベースにしていろんな乗り方ができる)24インチ専用フレームです。
個人的に、私がMOZUシリーズの中でもtrMOZUらしさが光るポイント(心臓部)だと思っているのは、
まずBB周りです。

trMOZU (TUBAGRA) Details

(岡安製作所の岡安さんによる美しいTIG溶接のビードとクロモリのパイプとプレートの焼け色が美しいですね!)

厚いクロモリのプレートで構成されたヨーク部の基本的な構造こそ他のMOZUシリーズと共通ですが、24インチでチェンステイ長357mm前後という我々が考える現時点での(trMOZUとしての)ベストなリアセンターを基準に24×2.6DHタイヤも飲み込めるようにtrMOZU専用に最適化され、MOZUシリーズの他のモデルよりもクリアランスが広く取られています。

さらに一目見てわかる特徴として、BBとシートチューブの間に三角の補強板が左右に入っています。
この補強も含め、BB周りのこの複雑かつ合理的な構造によって、クロモリフレームらしい「しなやかさ」を残しつつも「ストリートトライアル」フレームらしいコシのある反発とガッシリとした剛性感を実現しています。

ウィリージャンプやパラレルのようなトライアル特有の動き(高トルクの鋭く強い踏み込み)を受けとめ、BB周りが変にヨレたりたわんだりすることなく、軸がしっかり保持されます。

そして、もう一つtrMOZUらしい特徴的なポイントが、エンド周りです。
trMOZU (TUBAGRA) Details

これはMTBエンド(135mm幅、ディスクブレーキ仕様)の写真です。
一目で他のMOZUと異なるのは、ディスクブレーキ台座下の補強です。

1年半私が乗り込んでテストした限り(高所からのドロップオフも含め)では、これまでtrMOZUにおいてこの部分のクラックやトラブルは発生しておりません。
リア(ディスク)ブレーキを駆使するライディングをした場合、この補強無しではシートステイがもたない=クラックが入るor破断することは珍しくないのです。

また、このブリッジ状の補強にはリア三角のねじれを押さえる効果もあるようで、ある場合とない場合では踏み込んだときのフィーリングが違いました。
通常、この手の補強はブレーキ台座の反対側(ドライブ側)にはないフレームがほとんどですが、スタンス(左足前or右足前)によるフィーリングの違いや左右のウィップ感の違いをなくすため、trMOZUには左右ともに補強が入っています。
(オプションのVブレーキ台座を追加しても、また116mm幅のトライアルエンド=ディスク台座無しを選ばれても、この部分の補強は変わらず入ります)
シングルスピード用のフレームとしてチェーンの干渉はおきないように設計されていますのでご安心ください。
trMOZU (TUBAGRA) Details


MOZUシリーズ共通のヘッド周り。
カンパ規格(ヒデゥンセット=45°×45°)のインテグラルヘッド仕様。
BMX用としても数多くの(比較的安価な)ヘッドセットが市販されており、交換も専用工具いらずで簡単。

ヘッドチューブとダウンチューブの間には、楕円に肉抜きされたボックスガセットが。
組んで上から見ると見えにくい部分ですが、下側(BB寄り)の部分はあえて溶接せず、応力集中をさけてダウンチューブにクラックが入りにくいように工夫されています。
フロントからセクションのカドにズバッと刺していくような乗り方をするとヘッド周りに非常に力がかかりますが、こちらも私のテストの範囲ではこれまでクラック等のトラブルは起きていません。

また、ガセットが入る分ダウンチューブのヘッドチューブ側がやや上方にオフセットされるため、サスペンションフォークを使用した場合でもフォークの肩とダウンチューブに十分なクリアランスが取れます。
trMOZU (TUBAGRA) Details



シートステイ、トップチューブ、シートチューブの接合部。
こちらも、MOZUシリーズ共通の、お馴染みの構造です。
MOZUシリーズならではの、もう一つの「心臓部」と言えるかもしれません。
綺麗ですね。


以上、これまであまり細かくUPしてこれなかった、trMOZUフレームのディテールでした。
trMOZU
は現代の「競技仕様」の24インチトライアルフレームと比較するとホイールベースが短く、回転系の動きなどにも対応しやすいです。
とくに、MOZUシリーズのコンセプトを受け継いだ短いリアセンターと、30mmUPの適度なBBライズで、踏み込みながらのフロントアップやダニエルへの基礎的な練習もしやすく、クロモリ製(約2300g )のフレームとしては乗り味が非常に軽快です。
これからトライアル(的な乗り方)を始める方にも乗りやすいと思いますし、少しトライアルをかじった方なら、トライアルの基礎的なムーブを活かしてストリートトライアル、パークライド、山遊び、と自由なスタイルで楽しめるフレームだと思います。
サドルも付くのでストリートMTB寄りにも組めますしね。

MOZUシリーズはこれまでも少しずつ進化してきましたし、このtrMOZUにしても今後ディテールの変更やバージョンアップが行われることもあるかもしれませんが、どんな時もその時点での「ベスト」なフレームを常に提供していけるように、テストライダーとして私も頑張っていきたいと思っています。

上の写真はすべて数年前のコンパクトデジカメ(Panasonic LX-3)でJPEGで撮影し、ホワイトバランスや明るさ、コントラストなどをSilkypixでちょちょっと補正したものです。カンタン!

jinkenでした。




・・・あ、そういえば、






225日の朝、パパになりました。
大きな楽しみがまた増えました。
イェイ。

2012年2月26日日曜日

結局、今年の抱負は守れませんでしたが

今年の抱負。
それは、このブログを文字通り「毎日更新する」こと!!



・・・でしたが・・・


さっそく不履行。
まだ2月ですがすごーく更新が溜まってしまいました。


でもね、今回ばかりはしょうがないよね!


ツイエバの記録でこの日のTwitterのつぶやきを確認しようと思ったら、
なんとこの日、何もつぶやいてないのw

でもいろんな人から「おめでとう」メールとかコメントとかいただいて、
凄く嬉しかった記憶があります。
ほんとうにありがとう。


この日は、朝一でmicheekと子ども(!!)がいる助産院に行って、
一日過ごしてました。



さて、心機一転!

単なる親バカブログにならないように(自分は楽しいけど、そういう記事はたまにで十分だと思うので)、
これからも(なんとか)更新していきますので、
定期的な更新サボりにめげず、たまにチェックしていただけると嬉しいです。
役に立つかどうかはわかりませんが(たぶんたたない)、
よろしくです。

jinken

2012年2月25日土曜日

新しい家族。

今朝、無事に誕生しました。


女の子です。

こんな私ですがついにパパになりました。
大きな声で感謝を叫びたいです。
ありがとう!!



これからは、このブログにも、
所々に(隠し味程度に)親バカスパイスを効かせながら
・・・引き続き更新していきます!




そんなわけで、みなさん、
この小さなニューカマーも含め、
jinkenファミリーを今後ともよろしくお願いします!

2012年2月24日金曜日

今日も、「待つ」時間を堪能しました。

今日は夕方から、夫婦で散歩。

春も、遠くないね。

秋川の夕暮れ。

大好きなスポット。
水の流れの音と光のサラウンド。

今日も終わり。

「必ず」来てくれる人を二人で待ってた、
この時間もいい思い出になるだろうな。


2012年2月23日木曜日

今日は徒歩。

夕刻から近所を散歩。

一句詠みたくなるような風景。

俳句とか興味あるなぁ。
ばぁちゃん(香川は丸亀在住)に習いたい。


五日市は、本当に夕暮れ時の空が綺麗です。



今日の一番星。
僕たちの一番星は、もうすぐかな?

2012年2月22日水曜日

トライアル用(フロントフリー対応)クランクの可能性

トライアルをやっている人にはお馴染みの、
フロントにシングルフリーをねじ込んでフロントフリーで使える、
トライアル用クランクですが。



そこに普通のコグをねじ込むと、
簡単に小さい歯数のコンパクトでシンプルで強靱な、
リアフリー用のクランクセットとして使えるわけです。


裏から見るとこんな感じ。
ガードを挟むようにコグをねじ込むだけ。
シンプル&クリーン!実にシンプルで合理的な仕組みです。

上の写真は17Tの薄 歯。
私は17T×13Tで24inchのトラ車に使っています。

このクランクですが、
トライアル以外にもかなり使えると思うんですよね。

たとえば、18Tのコグを入れて使えば、
リア12T(普通のフリーハブでも入れられる最小)で使えばギア比1.5。
26インチや29erのシングルスピードでのんびり山遊びするにはなかなかいいのでは?

TRIALTECHから22Tくらいまで対応のガードも出てます。
ということはもっと高いギア比でも・・・!いろいろ使えますね。
小さい歯数で前後ともコンパクトでガード付きが可能に(ガードなしでも使えますが)。

バイクポロとかシングルスピードバイクとか、
ストリートMTBとか、もちろんトライアルとか。
自分としてはBMXにも使えるんじゃないの?とか思ったり。

ごっつい3ピースクランクよりもだいぶ軽いし、
ISIS規格のBB(軸が厚くベアリングがたくさん入っているDH用などを使う)仕様なら、
自分が使ってきた限りなかなか耐久性もあります。

BBの軸長を選んで、さらにコグとクランクの感覚をスペーサーで調節すれば、
多少はチェンラインも調整できます。

今後新しくシングルスピード(で、ギア比やや低め)のバイクを組む機会があれば、
このトライアル用クランクの可能性をいろいろ探っていきたいと思います。

あ、そうそう、
ご存じSLiCさん製作で今Tommyがポロ車でテストしているコレ
こう考えてくるとポロの他にも広くいろいろ使えますよね!
市販されるかな?
楽しみ!




2012年2月21日火曜日

国分寺。

とある理由から、何ヶ月も前から定期的に国分寺に通っています。


最近は、毎週来ています。
「とある人」を待っているのですが、なかなか来ません。
待つのもまた楽し。



関係ないですが、10年ほど前に何年か、国分寺市民だったことがあります。
その前は国立市民でした。
その前は調布市民でした。
その前は新居浜(愛媛県)市民でした。

2012年2月20日月曜日

子どもの頃一番楽しかった遊び。

それはズバリ、
自転車で階段下り。

↑今日。

やってることが全然変わってないw



15歳の頃、初めてマウンテンバイクを買ってもらって、
当分の間ハマっていたのは、、、

「この林道の終点まで登ってみよう」遊び。


↑今日。
全然変わってないw。
今日も終点まで登った!


そういえば。
小学生の頃から、地図が好きで。
卍マークを見つけて、自転車で遠くのお寺を目指したりしてた。

↑今日。
これは五日市の深沢地区の、旧深沢家跡。
(近所だけど)

地図を眺めて近所の名所旧跡を(再)発見とか。
20年前とやってること全然変わらない。
楽しいね。


そういえば、中学生の頃にマウンテンバイクで良く目指したのは、
遠くの尾根の上に見える、鉄塔。

↑今日。

やってること全然変わらない。
地図にない鉄塔のメンテ道をたどって、
自転車担いで、ここへ。
めっちゃ楽しい。


中学生の頃と言えば。
ど田舎(愛媛県新居浜市の山裾)に住んでいながら、
なぜかBE-PAL読者という(苦笑・・・なんか恥ずかしい)
ちょっとひねくれたアウトドア少年だった私。

↑今日。

田舎→都会、のつもりで東京に出てきて15年。
今、「東京の田舎」で木漏れ日に癒される。
やっぱりちょっとひねくれてる?笑

夕暮れ時のこの感じをのんびり楽しめるのは、
近所に住んでる特権かな。




オマケ:



今日の狛犬。
犬?猿??
なんだこの表情!笑



2012年2月19日日曜日

水辺の小道。

落ち着かない日々の落ち着かなさにも、
若干慣れてきましたが。

今日も近所の小道を自転車散歩。

川沿いの小道。
近所にいろんなシチュエーションの道が無数にあるから、
自転車散歩も飽きることがありません。


川の水音を聞きながら。


ちょっと、後輪だけ寄り道(笑)。


河原に下りてみると。
まだ、端っこの方は氷ってました。

そして・・・やっぱり我慢できず・・・



バリバリバリー。
いやー、やっちゃった。

本流のほうの飛び石にトライ。

でも、すぐに落ちちゃった。
それでも浅瀬で寒中水遊び!



↑落ちる前。
ちょっと浮いてるだけで、遠近法が狂って見える!




オマケ:













あぶねっ!!w



2012年2月18日土曜日

丸太越えHow-toのロケハン。

まだ「落ち着かない日々」継続中。


いつでも「出動」できるように、
近所限定で乗ってます。

良い感じの原っぱに、丸太発見。
近々、ハウツー記事を書きますって言ってますが、
この感じではちょっと先になるかな。

でも、そのための写真や動画を撮るための場所を探してます。
ここもいいね。
丸太一本落ちてたら、
そこで小一時間は一人遊びできます。
これ、トライアラーならでは、かな?



こんなんとか。


こんなんとか。


こんなんとか。


トライアルバイクのリアタイヤの潰れ方。
たしかにこうやって見ると、
「なんでパンクしないの?」って聞かれる理由もよくわかりますね。

ほとんどぺちゃんこですが、
これでもガツンとリム打ちしてはいないんですよ。
(膝でうまく吸収しながら一番美味しいところまでタイヤをつぶしてるんです)
タイヤをつぶしてグリップと反発を稼ぐわけですね。

この「一番美味しいところ」がタイヤによって違うので、
タイヤ選びもまた楽しいわけです。


あー、今日も平和だ。
平和すぎる。
落ち着かないぜ・・・。


2012年2月17日金曜日

落ち着かないので毎日裏山に向かってしまうのです。

とある理由で毎日微妙に落ち着かず、
じっとしてもいられないので、
結局(いつも通り)裏山方面に向かってしまいます。


山道だけじゃなくて、たまには林道も楽しいもんです。
というか、林道でアプローチできる山道とか、
一石二鳥。



日陰にはまだうっすらと(場所によってはドッカリ)雪が。
春はまだか。



パラダイスは、たいていメインストリームから外れたところにあるの。
知ってた?



というわけで、本日の「パラダイス」にて。

「ごん!」って言った・・・

その瞬間、なぜか左手が「パー」に・・・
人体の不思議。

この後、ケツが後輪に着地。。。
頭を打ったのに、痛かったのはケツ。



オマケ:

(苦笑でも笑いは笑い)

五日市に来られたら、
ぜひ探してみてください。
素敵なお店ですw






2012年2月16日木曜日

クイズ。

TwitterとFacebookとInstagramでは
それぞれもう正解が出ちゃったんですが、
まだ見ていない人のためにこちらにも。

間違い探し。
間違いはどこでしょう。



正解は↓

















湯気が波平。
(模範解答 by matsumiさん)
















というわけで、
湯気が(たばこの煙?の)合成、でしたー。




案外わからないもんなのかな?
iPhoneアプリ「ごちカメ!」で合成しました。





さて、もう一問。
これは何でしょう?

ヒント:マグカップならコーヒー10杯くらい入りそうですが、違います。
初めて買いました。




正解は・・・↓


















ベビーおまる、でした!
ホーロー製の。
縁に冷たくないようにカバーをかけて、
普通に上に腰掛けてするらしいです。
へぇー。

使うのはもうちょっと先ですが、
いろいろ準備しております。

登場までもうすぐです。









2012年2月15日水曜日

自転車便=ミニスカ女子??

11.07.19放送の「マツコ&有吉の怒り新党」より。

だ、そうです。

だ、そうですw

大好き、だそうですw



そして、、、



だそうです(笑)。