JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2012年10月31日水曜日

ION AIR PROで撮った動画から静止画を切り出してInstagramへ

このブログもそうですが、
日々TwitterやらFacebookに垂れ流している私のライディング写真は、
ほぼ全部、動画(自分撮り)から適当に切り出したものです。

(昔はセルフタイマーでやってたけどタイミング合わせるのに何度もやり直すのが馬鹿みたいでやめちゃった)

で、今回、超広角のビデオカメラ(AIR PRO)をいただいたので、
動画を動画として公開する前に、
試し撮りした動画から切り出していろいろ遊んでみました。


こんなのとか。
広角おもしろいですね。
(でも、なんとなくどこかで見たような画になっちゃうなー)



こんなのとか。
ヘビに注意。
スネークバイトにも注意。

※Instagramで加工し過ぎてちょっと画質落ちちゃってますけど



いやー、楽しいですね。
ダイナミックな画になります。
アクションビデオカメラだからって、
ヘルメットに取り付けるのだけが能じゃないってことで。

※もちろん、AIR PRO自体にも静止画撮影機能もあります。



オマケ:


忍者(その名もBike Polo Ninja、tommy)が、
うちに届けてくれました。

何て素敵なネーミングなんでしょう。

武蔵野の巨人tomoshit氏(自転車乗り)が始めたらしい、
コーヒーブランド。



さっそくドリップ。
おお、良い感じの深み、好みです。

どこで買えるのかな。。。
肝心なことを聞くの忘れた。

とりあえず、Facebookにページがあるので、
ここからメッセージすれば良いのかな。
焙煎の数日前のタイミングでオーダー希望を受付け、
発送対応もしてくれる…と思います。

お試しあれ!





2012年10月30日火曜日

孫さんの「やりましょう。」が聞きたくて。



・・・ダメもとで、Twitterで孫さん宛につぶやいてみました。

「@masason iPhone4Sで撮影/iPad2で編集してこんな映像を撮っています。http://youtu.be/Xs4eR4O4AvU?hd=1 より画質が向上したiPhone5で映像制作したいのですがプロではないので家計的に予算が足りず。何かいい方法はないでしょうか。」


…届いて!!


聞かせて!お願い!




※えー、残念ながら、2ヶ月遅れでこのブログを更新している本日(2012/12/10)現在、孫さんから返信はありません。
やっぱねー。。。w


2012年10月29日月曜日

ION AIR PROを使わせていただくことになりました!

裏山動画きっかけで、
なんと本格派のアクションカメラを
国内販売元からご提供いただいてしまいました。


ありがとうございます!
っつー訳で、ぼちぼち使ってみてます。


スポーツビデオカメラ(アクションカメラ)ION AIR PRO Wi-Fi。
 この手のカメラってGOPROが有名ですよね、やっぱり。でも実際にはカメラそのものの性能以外のところで色々と個性のあるアクションカメラ(ヘルメットやハンドルバーに取り付けて走りながらの映像が撮れる、広角レンズのフルHDカメラ)がいろんなところから出ているみたいでこれもそのひとつ。

このAIR PROの特徴は、本体だけで10m防水、筒型で良い感じの筐体デザイン、ハンドルバーやヘルメットへの装着小物が充実、iPhoneやiPadとWi-Fi接続できてカメラのコントロールや設定、プレビューができる、などなど。

 もちろん、私はiPhone専門で(笑)他のアクションカメラも使ったことがないので比較しながらのレポートはできないのですが、 これからこのAIR PROをいろいろ使ってみながらiPhone動画とは違うスタイルの動画を撮ってみたいと思います。



 使い心地や撮影時のアイディアなどもご紹介できればと思いますので、お楽しみに! (この手のアクションカメラ選びの参考にしてください)

箱を開けると、こんなにたくさん色々と入っています。


箱を開けると、これだけのものが入っていました。
最初からヘルメットやハンドルバーに取り付けるための小物も付属しているんですね。





本体のサイズ感はこんな感じ。


立ててみると、こんな感じw
個人的には、四角い箱型のカメラよりも、見た目は良いと思います。






お尻の部分をパカっと開けると、インターフェイス類が。
記録はマイクロSD。

右に写っているのは、本体とPC、本体とiPhone等をWi-Fi接続できる「Wi-Fi Podz」です。

これがすごく便利で、iPhoneとWi-Fi接続すると、ケーブル無しで、iPhoneで本体の録画・停止をコントロールでき、また撮影開始まで、実際にカメラに映る画角や映り具合を事前にプレビューできるんです。

たとえばハンドルやヘルメットに装着した時、どのへんまでハンドルや前輪を画面に映し込むかをiPhone画面を見ながら本体をセッティングして事前に微調整が可能。

これはすごく便利です!




AIR PRO本体についている三脚などを取り付けるためのネジ穴に、
アルミ製のグリップとプラ製の握りやすいグリップ(Amazonで以前購入してた)をとりつけてみました。

今日これで撮ったのは、娘をだっこして散歩する、歩き自分撮り(いきなり自転車じゃないけど笑)。

といっても、プライベートショットすぎて動画は公開できないのですが(汗)。

これがまた、奇麗に撮れるんですよ。
今日は青空が奇麗で陽射しもつよくて、くっきりとれました。
すこしハンドルから本体を上に離すことで、カメラを持っている右手もほとんど映り込まず、まるですぐそばで誰かに撮ってもらっているような感じに。

近々、自転車の映像もUPできればと思います。



ちなみに、毎月UPしている「裏山Hike ‘n’ Ride」シリーズは、従来通りiPhoneだけで自分撮りします。

それとは別に、AIR PROで、iPhone動画とは違うスタイルの動画を作ってみようと思っています。



普通、アクションカム使った映像(特に自転車、MTB関係)って同じような下り動画が多いような気がするので、
そうじゃない使い方を探っていきますよ。

AIR PROは本体だけで10メートル防水!らしいので、夏前に手に入れていたら間違いなくドボン動画をこれで撮ったのになぁ!)

お楽しみに!

最後になりましたが、素敵なプロダクトをご提供くださったサミット・グローバル・ジャパン様、ありがとうございます!




2012年10月28日日曜日

インパクトに砥石で、楽々サンディングぅ〜!

インパクトに砥石付けられるアタッチメント(数百円)を
買ってみたので久々に追加サンディング。

軽く一皮剥く程度、削ってみたけど、こりゃ楽だ(^O^)



今の私のtrMOZUは、リア=Vブレーキ、フロント=ディスクブレーキ。
この組み合わせは、走れて下れてトライアルできて、気に入っています。

ちなみに、トライアル的な乗り方でVブレーキを使う場合の
セッティングの覚え書きを以前こちらに書きました。
(24inchタイヤ関係のこの記事とともに、このブログで地味に一番読まれているエントリーのひとつです)


2012年10月27日土曜日

古いキャノンデールの、この佇まい。

友人のキャノンデール。
見た目よりずっと軽い。


どっかり座って段差も快適。

十ン年の時を経て・・・
また来るか?この街乗りスタイル(山も走れます)。


整備中。

近々、新しいオーナーの元へ旅立つ予定です。


2012年10月26日金曜日

【裏山動画】URA-YAMA Hike 'n' Ride 09 (October 2012) / jinken

今月もなんとか完成、裏山動画10月号です!
どうぞー!


URA-YAMA Hike 'n' Ride 09 (October 2012) / jinken from jinken on Vimeo.


裏山動画 / jinken's riding video  (October 2012 )
2012年10月に、私が暮らす東京都西部の自然豊かなエリアをtrMOZUで徘徊した動画です。

※Youtube版はこちら

全編iPhone4Sでセルフ撮影、iOS版iMovie(iPad2)にて編集。

Bike : trMOZU (TUBAGRA)

Music : Burns (Instrumental)
by The Widow's Bane

Rider: jinken

Backpack : beruf baggage  "MOUNTAIN BACKPACK"


あきる野の秋。

収穫の秋。
見終わったら、各自、自転車に乗って、それぞれのフィールドに出発!






2012年10月25日木曜日

iPadのiMovieで動画編集。

今月号の裏山動画をiPadで編集。


「ほんとにパソコンでやってないの?」
って言われることもありますが、
はい、裏山動画のシリーズは基本全部iOS上でやってます。

iPhoneで撮影、iPadで編集。
編集でiPadを使うのは、iPhoneだとやっぱり画面が小さくて細かい作業がやりにくいからで、
基本的には同じアプリ(iOS版のiMovie)を使っているので、
やろうと思えば全く同じことがiPhone上だけでできます。

私の場合は素材の動画クリップ数が多いので、
ひと月撮りだめた動画クリップをいったんMacに取り込んで、
そこからiTunesを介してiPadに転送してますが、
これも、たとえばカメラコネクションキットなんかを使って
Macを介さずに転送することも可能です。

iPadは普段のスケジュール管理からPDF化した資料や本を読むために、
普段から持ち歩いているので、
移動中の電車の中なんかの空き時間にiMovieを開いて、
数時間で使うクリップの取捨選択、全体の構成の流れを考えて並び替え、
iTunesのミュージックストアでBGMの選定・購入をやってしまいます。

その後、家で座ったり寝転がったりしながら、
もしくは外でコーヒー飲みながら…数時間かけて細かい調整や修正して、
(ここが重要…トランジッションのタイミングやシーンとシーンのつながりを微調整)
完成度を上げていきます。
時には、印象的なシーンと音楽の盛り上がりやリズムが奇麗に当たるようにしたり。

この間、基本的にはヘッドフォンで音も聞きながら、
音量調整もしておきます。

PCの本格的な動画編集ソフトのほうがはるかにできることは多いし、
凝ったエフェクトをかけたりして本格的に見えるようにいじれるんだと思いますが、
エフェクトやテロップは所詮オマケ。
iOS版のiMovieは機能的に超基本的なことしかできないかわりに、
映像の並びやつながり、構図(これは撮影時)といった、
動画の「中身」に集中して(開き直って)作業できるので、
これはこれですごく良いです。

何より、気軽にはじめられます。

極端な話、
私がUPしてるレベルの動画なら、
iPhoneだけでも作れます!

是非、気軽に挑戦して、UPしてみてください!







2012年10月24日水曜日

映画「五日市物語」のDVD。(エンクミって懐かしくないですか?)

昨年公開された映画「五日市物語 」。
私が住んでいるエリア(と、遊び回っている裏山)は、
この映画のロケ地のど真ん中です。


記念に(笑)買ってみました。

実家にでも送ってあげよう。
「こんなところで生活してるんだよ」って。

映画を見てもわかるように、
五日市は昔は東京の西のほうではかなりの大きな「町」でした。
「渋谷がまだ村だった頃、五日市は町だった」。

数百年前、大消費地である江戸に、
当時の生活必需品である炭を集めて江戸に送る、
拠点となる市を開いて大きく発展した、五日市。

町の歴史も古く、
文化的にも発展した活気ある町でした。

今でも、(住んでいて)その名残を感じます。

五日市に訪れる自転車乗りのみなさん、
機会があれば見てみてください。
(つってもレンタル屋にはなさそうだなー…
まぁ逆に五日市にはレンタル屋がないんですが笑)





2012年10月23日火曜日

ちゃんと構成考えたり絵コンテ書いたりしたことない

そろそろ10月も終盤、そろそろ撮影も切り上げて、
編集して近日中に動画UPします。


それにしても、、、
とりあえず裏山で遊んで、ついでに(時々)iPhoneで自分撮りして、、、
っていうのが「裏山動画」の発端だったので、
そもそも撮影はオマケの位置づけでした。

毎日、ガレージを出てから「今日はどのへんを走ろうかな?」
って考えるのが常なので、
動画の撮影のために構成を練ったりしたことがないです。

なので編集は毎月結構面倒で、
限られた(「結果、撮れちゃった」)素材を前にして、
うーむ。。。と頭を抱えて、なんとかつじつまを合わせています。

毎月、「よし、来月こそちゃんと計画的に撮影するぞ!」
って思うんですが、ペダルに乗った瞬間に
そんな「計画」なんて頭から吹き飛んじゃうんです。

毎月、出たとこ勝負です。

家で考えた構成より、目の前の風景とかその日の気分とかカンとか、
そういうほうがずっと強力で、
思った通りになんていきません。

ちゃんとストーリーやシナリオが先にある作品を撮っている人は、
現場では相当禁欲的にならざるを得ないんでしょうね。
自分には、どうも無理そうです。

というわけで、今月も、走りたいところを走りたい時に、
走りたいように走って撮ってます。

編集では今回も頭を抱えるはず。。。
(とはいえ、iPadで電車の中でほとんど作っちゃう程度の「頭を抱える」レベルですが)

ちなみに、このブログに乗せてる自分の写真は、
ほぼ全部、撮影した動画から適当に切り出して、
InstagramやSilkypixで加工した程度のものです。

小さいディスプレイで見る程度なら、これで十分!
セルフタイマーと違って、一瞬のタイミングを気にすることもないし、
寝る前の布団の中なんかの時間で、
シーンを選んで指先でちょちょっと操作するだけで、
それなりに見られる自分のライディングの静止画が簡単に切り出せます。

iPhone、すごいです。
今はもう、iPhone以外のデジカメは一切使ってませんから。
5年前くらいと比べても、もう、夢のような楽さです。



2012年10月22日月曜日

五日市「ストリート」?

五日市「ストリート」。

五日市「ストリート」。 

自分の中では「ストリート」を「自由」と読み替えていますので、
どこでどう乗っても、そこが私のストリート、なんです。
すいません。


10月の動画も、もうすぐUPです!




 五日市、檜原街道から秋川へ下る短いダウンヒル。
南向きでいつも陽当たり最高!
戸倉の城山をバックに。

どういうわけか、trMOZUで走ると、
何てことのない坂道や下りやちょっとした段差でも、
妙にワクワク、楽しいんです。

(普通の自転車に比べると)軽すぎるギア比、
クイックなハンドリング、鬼のように効くブレーキ…
のおかげか、「普通の道」に埋もれたちょっとした凸凹を
ことごとく異化する効果があるようです。



2012年10月21日日曜日

動画紹介:ForkOne Street style Flatland BMX !

彼のファンです。


こーいちくん。
まっさんを通じて知って、まだ会ったことも話したこともないけど、
ずっと注目してます。

まだ超若いから、ここからスタイルもさらに進化していくでしょう。



この動画とか、地味にすごくない?


オマケ:
関係ないけど海外の、一発で元気になる動画。



何が起こるかはある程度予想できるけど、
見続けていると後半、どういうわけかジワジワきます。

今日も、明るく楽しくがんばろう!!


2012年10月20日土曜日

軽トラほしいな

田舎道の陽が傾くと、秋の空気も二割増し。


あ、いつか、軽トラ乗りたいっす。

大きなボックスも運べるし。

乗れるし…セクションとしても。

荷台にざっくり自転車とバーベキュー道具を放り込んで、
林道をズンズン進んで、ちょっと走って、肉焼いて食って、

いいなぁ、いいなぁ。。。

でも子どもがいると、
夫婦+チャイルドシートは最低限乗れないと無理だし。

2台目としてならアリだけど、
そんな余裕ないし・・・


ああ、
「いつかは軽トラ」

「いつかはジムニー」

「いつかは…」

「いつかは…」


妄想はタダ!!!



2012年10月19日金曜日

普段の裏山ライドに持ち歩く工具たち。

普段持ってる最低限の工具たち。




遠くには行かない前提で、
もし何かあってもとりあえず戻ってはこれる、
をコンセプト?に、減らして行ったらこれだけに。

チューブは箱から出して、ラップで小さくグルグル巻き。
ポンプはちょっと良いやつ。
簡易パッチは2回目のパンク対策。

あとはアロンアルファ入れたら完璧!
→怪我(裂傷)の応急処置や壊れたメガネの修理用w

ちなみに、工具入れ(ツールバッグ)はコレ







2012年10月18日木曜日

チタン製自転車小物、少数のみ再入荷!

昨年はじめに大人気で完売…したはずのこいつらが、
ごくごく少数のみ再入荷

(1197storeに展示していたものがWebshopに)

そうです、trMOZUをはじめ、TUBAGRAのフレームや
かつては鉄ONEを製作している岡安製作所の岡安さんが、
フレームと同じく一本ずつTIG溶接(フレームと同じ溶接法)で
チタンの棒をつないで作る、
超プレミアムな自転車小物です!

チタン!!チタンチタンチタン!!!(笑)
好きでしょ?
チタンの虹色の焼けた感じ、好きでしょ??


これがオリジナル、思い切ったデフォルメ形状にブルホーン!

そして、ダウンチューブとシートステイも再現された完全版!
シンプルなトライアングルフレームですが、
溶接個所が一気に増えて、手間は倍増。。。



さらに、こいつはレア!
ポロバイクバージョン!
アップハンドルと、トップチューブに縛り付けられたマレットを再現!



こちらで、ごくごく少数のみ販売中。
なくなり次第終了です!



2012年10月17日水曜日

くぐったり、跳んだり。

林が、森が、プレイグラウンド。

ギリギリでラリアットをかわしたり。



低くて良かった、トップチューブ。
(実際はめっちゃゆっくり)




・・・ストリートでバニーホップを覚えた人へ。


ちょっとシチュエーションが変わるだけで、
跳んだ時の景色や感覚が全然違うよ。

いつか、山でも。


2012年10月16日火曜日

hiRoさんのtrMOZU完成!


私が組み上げをお手伝いさせていただいた
hiRoさんのtrMOZUが完成しましたのでご紹介を!

hiRo's trMOZU


うーむ、良い感じ!
真横から見るとBBの位置や全体のバランスがよくわかりますね。




hiRo's trMOZU
※ネコw

マットクリア塗装で溶接の焼け色も美しいtrMOZUフレームとモノトーンのパーツセレクトに挿し色の赤が映えます。

HOPEのトライアルSSハブとHOPE Trial Zoneブレーキを使用。


hiRo's trMOZU

後ろからのビューもシャープですね!


普段もトラ車に乗られているそうで、このtrMOZUはややストリート寄りで乗られるそうです。

ということで、タイヤはリア:MAXXIS Holy Roller 24×2.4 / フロント:SCHWALBE TABLE TOP 24×2.35のセレクト。

この組み合わせは軽いしエアボリュームもあって、ストリートトライアルではオススメです。


hiRo's trMOZU

いやー、何度組んでもtrMOZUはカッコいいです(笑)



2012年10月15日月曜日

収穫の秋

10月の動画の撮影、順調…でした。
この日までは。


収穫の秋。
ザ・秋な構図、これいいでしょ。



以前、橋が好きって書きましたが、
鉄塔も大好きです。


ブログではうまく伝わりませんが、
この季節になってくると、夏とは「音」がずいぶん違います。
風邪が草をゆらす音や、虫の声。




山道も表情を変えてきます。

日本の低山にはよくある、こういう登り。
フルリジッドで低ギア比のバイクでさりげなくクリアしていく
この楽しさったらもう!

根っこもエンターテインメント!


もちろん、丸太もエンターテインメント!






さて、この後…
風邪でダウン。。。

ダウンしてる暇なんてないんですけど。。。




2012年10月14日日曜日

ロードバイクパーティだってさ!

最新カーボンロードバイクの、正しい使い方(?)



もう見た?

なんかもう、もう、ムキーーーー!!!!

マーティン。。。やるなぁもう。

そして、ムキムキーーー!!!!じゃん。。。


2012年10月13日土曜日

都会は路上が一番落ち着くという結論

ちょっと用事があって家族で新宿へ。
伊勢丹に入るも…
ダメだ、この雰囲気、人の数、耐えられん。。。

逃げ出しました。


外には、ビックロ。
意味が分かりませんw

でも・・・


都会は路上が一番落ち着く。。。
かつて見慣れた景色。。。



オマケ:

CUP AND CONEのステッカーが本当にかわいくて。


うちのベビーカーの目印に。


オマケ2:


そうそう、この日は空にアジの開きが出現!!
でっかい!



2012年10月12日金曜日

登りは体力?いや。

登りも頭フル回転。



路面を読みながら、タイミングよく加速して、
勢いを殺さずリズムよく、
時にはバイクをホップさせながら木の根を越え、
足をつかずに目の前の小さなピークにいかにたどり着くか。

シングルスピードのフルリジッドならではの全身プレイ。

ペダルを通して、地面と対話する感じ。

2012年10月11日木曜日

裏山Hike 'n' Ride動画、10月号に向けて撮影中。

走っても走っても走り足りないよ。


スピードが出なくても、テクニカルなルートを、
「何事もなかったかのように」走り抜けられた時に、
ニヤリとするような喜びを感じます。



山奥のロングトレイルよりも裏山界隈が好きな理由、
例えばこんな…。

日常から半歩だけ踏み出た、ちょっとした非日常に、
一番ワクワクするたちです。


でっかくなっちゃった!
iPhoneで撮影、構図マジック。



担ぐのも楽しいんですよ。




trMOZUは前三角が小さい上にシートも限りなく低いので、
普通のMTBと同じようには担げません。
そのかわり、BBが上がっていて前チェンリングも小さいので、
ダウンチューブ下に肩を入れて、こんな感じで担げます。


担いで登って、下って、また登って。
我が裏山エリア、楽しみの宝庫です。



前から目星を付けていた鉄塔へ。

しかし…途中で道がなくなりました。

日常茶飯事です。

へこたれませんw