JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2013年1月4日金曜日

クルーザーハンドルにカゴ、の新システム!

システム!ってほどのもんじゃないですが…。

自分的には新発明にも匹敵するお気に入りの方法を編み出しましたw

うちのカゴチャリ、GTの往年の名車サイクロン。
クロモリでホリゾンタルなMTBです。

そこに、超ハイライズのクルーザーハンドル、そしてカゴを装着!


こんな感じw

素晴らしいアンバランス感がお気に入りです。

ハンドルは、今まで三連勝につけてた(この日の記事とか参照)んですが、
五日市に引っ越してから出番が限りなく少なくなっていたので、
昨日こいつに付け替えました。

で、どうしてもカゴがつけたかったので…。

ガレージの奥から発見された懐かしパーツを駆使して取り付けシステムをひねり出しましたよ!


どうです、これ。
フック式のカゴがポンとつけられる画期的なバーエンドバーの使い道!
(シフターの位置はスルーでお願いします)

このフック式の藤のカゴ(BASILのコレ・・・もう売ってないのかな?)は取っ手もついてて、そのままお買い物かごにもなっちゃう!
スーパーに行ってそのままさっと取り外して買い物。

レジの時に、「ピッ」ってやった商品をそのままこの中に入れてもらって、店を出たらこのフックに引っ掛けてすぐ走り出せます。

超便利。


もう一度言います、


超便利。


超ハイライズなハンドルは、歩いているときと全く同じくらい上体を起こせます。
スピードを出そうという気は微塵も起きませんw



視界がこれ以上なく良いので、キョロキョロしながらウロウロするのに最適!

ここまで上体が起きると、立ち上がってその場で足踏みするような感覚のダンシングで体重を乗せられるので、(スピードは出ないけど)案外、坂道も進めます。


元々この自転車はUbota君から譲ってもらったもの。
ブロックタイヤのまま、あちこちいじって結局こうなりました、最高です。


普段乗ってるOpener(旧名trMOZU)とのギャップがたまりません。





0 件のコメント:

コメントを投稿