JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2013年2月14日木曜日

裏山忍者。

昔メッセンジャーの先輩が「忍者のように」走るイメージで仕事してるって聞いて感心した。

場所に溶け込んで、さりげなく、痕跡を残さず、流れに乗って淡々と。
急加速も急減速もしない。
夜はライトつける、つけないと急に視界に入った時に驚かれる=余計目立つから。
誰にも気付かれずに届けるのが理想、と。

そういえば、某メッセンジャー会社の事務所がある西麻布のあの辺の旧地名「笄(こうがい)町」って、甲賀と伊賀両家の屋敷があったので「甲賀伊賀町」から転じてそう呼ばれるようになったっていう説もあるとか。
メッセンジャーと忍者、自分の中ではイメージが重なって面白い。

だからって訳ではないけれど、私は山でも、「ズササー、ガチャンガチャン、ヒャッホー!!」みたいのより、「ザッ、ヒュッ、シャッ、タタタタッ」みたいに、「忍び=影の者」的な(笑)さりげなさで走るのが好き。
痕跡を残さず、気配を消して山に溶け込み、軽快に走る。

でかい馬にまたがってまっすぐ進む武将じゃなくて、手足のように二つの車輪を操る、キレッキレの忍術使い。

例えば、つづら折れの狭い山道の下り。
後輪を空中で左右に振って、シュパッ、シュパッと鮮やかに。
忍術ジグザグ下り!

あ、でも、愛想のいい忍者ね!
会った人には挨拶しまくるよ!
笑顔全開の裏山忍者。

0 件のコメント:

コメントを投稿