JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2013年4月5日金曜日

フォーク換えてみました。

久々に、フォークを引っこ抜いてみた。


私のコラム内装ヘッドバッジは、TUBAGRAの旧「G」マーク。
もちろん、Rui and Aguri Fine Jewelryの作品です!

現行版はモズのデザインでそっちも超良い感じ。
TUBAGRAのフレームに乗っている方にはオススメですよ!

ヘッドチューブの穴(オプション)から覗くスタイルも。


新しいフォークのコラムをカット。
最近のトライアル用リジッドフォーク(アルミ)は、
昔のやつみたいに変にビヨンビヨンしません、
その大きな理由はこのコラムの厚さ!
切るのが大変ですw

でも、この厚さのおかげで(根元はさらに厚かったりする)、
ブレードがそこそこ薄くて軽量でも乗った感じはコシがあって頑丈。
安心して乗れるんです。



ちなみに、新しいフォークは、NeonのTrainingフォーク。
今までのInspired Elementフォークよりも90g軽くなります。

いや、重量よりも大きな違いは、オフセット。
肩下寸法はどちらも410mmで共通なのですが、
オフセットがInspiredのElementフォークが30mm、
NeonのTrainingフォークは40mm。
少しフロントの軸が前に出て、切れ込み方がマイルドになり、
曲がりやすくなりました。

Inspiredのフォークはとにかく頑丈でクイックで、
やっぱりストリート向けですね。
(そのフォークに組み替えた時のTUBAGRAの記事がありました、こちら

リアが軽く上がるので面白かったですが、
山道だと速いコーナリングがちょっと緊張しました。


以前使っていたクロモリフォークはオフセット45mmで
さらに素直に曲がるのでかなりオススメなのですが
最近はいろいろと他のフォークも試してみています。

リジッドフォークも(サスほどではないにせよ)
銘柄や設計によって乗った感じがかなり違うので、
乗り比べてみるとなかなか面白いです。


という訳で、私のOpenerは10.55kgになりました。
タイヤがちょっと減っているとはいえ、
前後24×2.4のブロックタイヤ、
革製のフレームパッドやステムパッド装備でこの重量は、
結構頑張っている、

と、

思いたい。



ついでに、フロントのローターも交換。

音鳴りが収まらなかったので・・・。
指で段差がガッツりわかるくらい減ってました(汗


さぁ!バイクをいじるとまたやる気が出てくる!








0 件のコメント:

コメントを投稿