JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2013年5月19日日曜日

檜原村×MTBの新たな可能性に向けて

(今回は結構特別な記事です…あくまで「先の長い」話です、焦らずにお読み下さい)
※この日FacebookにUPした内容をこちらに再掲します



東京の檜原村のある集落で、結構な広さの山の斜面を、山主さん・地域の方のご好意で、MTBトレイル作りのために利用させていただけることになりました。
(まだ詳しい場所は公開できませんが、本当に良いところです)。

何人かの山主さん・林業家の方と相談させていただいて、古くから生活道として使われてきた山道とは別に、MTB専用として安心して遊べるルートをこれから(いろんな人の手と知恵をお借りして!)新たに作っていきたいねという話をしています。

まずは小さく、夢は大きく、できるところからスタートです。
その集落の方々の理解を得ながら、自分たち(自転車乗り)自身で楽しめる場所を作り、その地域に関わりながら、コースと人を育てながら維持していける、そんな良い前例にしたい。
施設維持のための利用料やコース整備への参加、そのトレイルのある集落の様々なお手伝いなんかを通じてみんなで楽しく維持していけたら最高です。




・・・さて、自転車乗りとしての私のことをご存知の方は良く知っておられる通り、私は「普通のMTB」に乗っていません。
トライアル出身?の(しかも半端な)24inchのストリートトライアルMTB乗りです。
これまでその時々の生活拠点で「裏山遊び」させてもらってきましたが、どうもMTB乗りとしては偏った趣向の人間です(自覚しています)。

しかし、やるからには、初心者から上級者まで、また子供や家族連れにも、遊びにきてよかったと思ってもらえるような場所にしたいです。

つまり、何が言いたいかというと・・・皆さん、知恵と力を貸してください!
ある程度態勢が整うまでは「全ての情報をオープンに」とは行きませんが、進捗をFacebook等でお知らせしながら(試行錯誤しつつ)進めたいと思っています。

時期が来たら、直接・間接にいろんな人をお誘いして、ディグ&ライド&ディグ&バーベキュー(ディグのほうが多いのがポイントw)な感じの小イベントを繰り返しやりながら、良いコースにしていきたいと考えています。
みんなで作って、みんなで維持していけたら最高です。




※ハイカーと共有しない専用コースなので、ラダーでバンクを作ったりジャンプセクションもいずれ可能になると思います。
何年も先を見据えて地道にやっていきますので、みなさん、よろしくお願いします。
あ、まずはこのプロジェクトに呼びやすい名前を付けなくては。。。


(2013年11月8日追記)
上記は、数年単位での「先の長い」プロジェクトです。
まだ場所の候補があるだけです。

まずは、上の記事の檜原村でのコース作りの準備段階として、
あきる野市の武蔵五日市駅近くにボランティアで
みんなの広場作り&歩道・自転車コース作りをする機会に恵まれ、
そちらでは少しずつ作業を始めています。
難しさも面白さも、やってみて初めて気付くことがたくさんあります。

檜原村のコース予定地よりはずっと小規模ですが、
まずは実際に斜面の土地を使って、有志で道作りやコース設定などをやってみながら、
より大規模になるであろう檜原村での企画に向けて、
将来的な見通しを立てて行こうとしています。

興味がある方は是非ご連絡下さい。
いっしょに、楽しいことをやりましょう!

jinkenあっとまーくnobikenolife.com
jinken





0 件のコメント:

コメントを投稿