JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2013年8月12日月曜日

トライアルクランクにコグをねじ込んで簡単に作れるコンパクトなドライブトレインの話。

コンパクトなクランクとチェーンリングの話をしたいと思います。

例えば、普通のトライアルクランクに
Surlyの20Tのコグをねじ込んだだけで作れる、
コンパクトな前ギアまわり。


スペーサーとISISのBB長でチェーンラインも自由自在。
なんで普通のSS乗りに普及しないんだろう?

自分的には、ほんと謎。
ギアなんてピスト用のコグから選び放題だし。

ギア比軽めのSS愛好家には最高だと思うんだけど…。
前も後ろも小さくできるから軽量化にも貢献するし、安いし、
シンプルで見た目もクリーンだし。

でもトライアラー以外で使ってるのみたことない。
謎。

フロントシングルが流行の兆しで、
しかもだんだんチェンリングも小さくなって来てる。
でも、クランク側のアームよりも小さい歯数は当然難しいわけで。
だったら、クランク側のアームなんていらないでしょ。

ねじ込み式のクランク使えば、
何Tだってできちゃうよ。
BBだって、昔ながらの68mmのISO/JIS/BSC/BSA規格にISISのBBでいけるから、
悩む必要もないし、特別な加工も必要ないし。

どこで売ってるかわからない?
トライアル屋さんで売ってます笑




自分的に考えつく問題と言えば、、、
一度ねじ込んで使いはじめた歯を外すのが凄く難しい
(きつーく締まっちゃうから)
っていうことくらいかな。

え?

致命的?

最後はグラインダーでぶった切れば良いのだ!
細かいことは気にするな♪


これ、どう思います?







0 件のコメント:

コメントを投稿