JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2013年8月31日土曜日

「釧路湿原ファットバイク・ガイドツアー」を満喫した!

2日前に釧路ストリートスポーツパークで再会した、
ストリートMTB乗りの林さんも会員である、
釧路湿原MTBクラブを主宰する沢田さんの
湿原を見下ろす丘を満喫しちゃいました。

こんな感じ!絶景です。


ファットバイクもレンタルをお願いしたのですが、
整備も行き届いていて気持ち良く乗れました。

そして何より、湿原を見下ろす小ピークをつないで走る
ジープロードのアップダウンが本当に気持ち良く、
ファットバイク向きのルートを存分に楽しめました。

当日は曇り模様でしたが、またいつか、
快晴のタイミングでここを走りたい!と思いました。



本当にここは素晴らしくファットバイク向けの地形。
現地のルートを知り尽くしたガイドさんと2人で、
パグスレイを半日乗り倒しました(^O^)。
もちろん景色も最高!


走り出してから終了まで、(途中キャンプ場に降りて昼食をとった時以外)
全く他の誰とも会いませんでした。
エゾシカとは会ったけど!

走行距離およそ25キロののんびり行程、
ダート率98%、乗車率100%。
他の季節に、また来たい。
次は青空の下で。


ガイドの沢田さん。
地元で生まれ育って、湿原の周囲の山道を知り尽くしています。
各方面と交渉しながらトレイルの整備、湿原の環境整備に尽力されています。
おしゃべりしながら半日でのんびり25kmほど、本当に楽しかったです。



帰還後の一コマかな?
「ファットバイク、すごいね!」
(って、多分言ってないけどw)




いやー、釧路湿原とファットバイクを、
遊び倒した!
幸せだ!


このファットバイクツアーはレンタルバイクもあるので、
もし釧路に用事があったら(いや、無くても)
釧路湿原ファットバイクガイドツアー、オススメですよ!
(細かいギャップを気にせずにどんどん進むファットバイク体験と、非日常的なスケールの釧路湿原の景色をダブルで楽しめます!)

この翌日、東京に戻りました。
釧路に親戚ができて本当に良かった!
micheekありがとう!




オマケ情報:

※今回、飛行機輪行は久しぶりでしたが、
JAL、ANAともに「自転車であること」を理由にしたアップチャージはなしでした。
(段ボールと前輪のみ外すサイズの輪行袋を組み合わせて、ペダルを外し、ハンドルはステムから抜いてフレームに固定、ダミーのステムでフォークを保持した状態で)

今回は家族が一緒だったので荷物も多かったですが、
一人なら自分用の荷物+自転車で20kg以内ならチャージなしで済むようで、
結構気軽に輪行できそうですね。
※一応、航空各社の手荷物ルールをご確認下さい。




















0 件のコメント:

コメントを投稿