JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2013年11月18日月曜日

山の古民家に続く道の橋を架け直した話

今日もお山へ!

山の上の古民家に登る道の一本の整備をお手伝いさせてもらいます。
道を作ったり直したりは本当に楽しい(^ ^)!
地元の方のやり方を見て勉強させてもらいまーす!



ここの、落ちてしまってる橋を架け替えます!
おお、ワクワクする!


山道の落ちた橋の架け替え、途中までだけど写真でレポートします。
まずは古い橋をバラして掛け方を相談。


周りの木をチェーンソーで必要なだけ切り倒して、
メインの4本があっという間にあるべき場所に並びました!

専用のカマで皮を剥きます。
虫が入らずに長持ちするそうです。


皮剥き初挑戦。
意外なほどスルスル向けて超気持ちいい!
ログハウス作りの雑誌なんかで「丸太の皮剥きが大変」って見たことあったから難しいのかと思ったら、倒したばかりでカマだと簡単に剥けるらしい。

あと、ログハウス好きはツルツルに光沢を出すのでそれは大変で水圧とかでやるらしい。
でも専用カマなら簡単!シューっシューっ!



横木は丸太を斧とクサビで二つに割って作ります。
もう、橋になってきた!

ちなみに奥に見える部分は岩盤があって道が狭くなってしまうので
谷側は丸太で支えて土を乗せて道にしてます。
(カタバシ、って言うそうです、片橋、かな)
ここも新しくしました!



数時間でここまで・・・!

あとは左右の端に丸太を置いてとめたら完成!
ここからは明日仕上げるそうです。
うーん、明日は行けないので残念!ですが近々見に行こう!

何てことはない道や橋でも、
自分がお手伝いしてキレイになった場所だと思えば凄く愛着が湧きますね。
何度も訪れたくなりますよ!


橋だけじゃなくて、所々細くなって荒れていた道も綺麗にしました!

私と本田さんの自転車乗りチームは鋤簾で掘って削って道を広げつつ綺麗に!
前後が狭くて急なため自転車向きではない道でも、
「ここはこんな角度にしたら走りやすいなー」とか、
「ここで少しバンクさせて・・・」とか、
走るラインを想像して脳内走行しながら作業すると、
最高に楽しい(^ ^)。

道の整備って、手を動かせばどんどん綺麗になって
通りやすくなるのがわかるので、充実感が半端ないです。




お疲れさまでした!
色々勉強になりました(^ ^)この程よい疲労感と充実感!
完成した橋と最後までキレイになった道を見に行くのが楽しみです!



オマケ:


リーンドーゥリンドーゥ、おいしいもの〜が〜あーれーばァ〜♫












0 件のコメント:

コメントを投稿