JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2013年11月4日月曜日

ほぼ藪漕ぎ、というお仕事。

本日のお仕事。


山林の「境界調査」を手伝わせてもらいました。

道なき山の急斜面(半分はヤブ)を半日這いずり回った!
トレーニングだと思えば最高のトレーニングだった!
体幹が鍛えられた!


ご褒美はこの景色。
道なんてないから普通は見られない、
細い尾根の先っぽから見る紅葉!


昨日のお昼休み。インスタントの蕎麦、
残りの汁に胚芽米のオニギリをイン。
雨だったけど大木の下は快適。

この後、沢沿いの藪漕ぎがなかなかハードだった。
蕎麦パワーを補充してなかったらやばかったぜ。


水木しげるの漫画なんかで「ヌッ」って擬態語で巨大な何かが現れる、その「ヌッ」で今日霧の中から現れたのは砂防ダムでした。
よく見るはずなのに、なんか今日に限ってはビックリした!


これも水木しげる風の佇まい。
若い時はどんな木だったんだろうか。


(写真だとわかりにくいけど)川を遡り沢を辿り、細い谷筋の奥の奥、岩の間から浸み出す、源流の最初の一滴を見ました。

数ある支流の一つだけれど、この流れが秋川に、そして多摩川に、そして海へと下っていくんですね。
ロ、ロマンだぜ。


帰り際の急斜面で見た、ヤバいやつ。
4mはありそうな巨石が、一本の杉に寄りかかって止まってるように見える!
杉の幹は巨石をくわえ込むように変形しながら成長してる。
これ、最後はどうなるんだろう?


いやー、「道なき道をゆく」って言うけど、
ほんとにハードなんですねー。
でも、道がないからこそ、普通では見えないものが見られて、
考えないことを考えて、
すごく良い経験になりました。

ちなみに、現場は檜原村内でした。
こんな仕事も、たまには良いですね!
(今月あと一回行く予定です)




オマケ:


山の奥の林道に謎の・・・マルイシ??
これ、絶対そうだよね?

0 件のコメント:

コメントを投稿