JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2013年12月8日日曜日

大豆の脱穀を体験!

家族で、檜原村で収穫された大豆の脱穀を体験させて頂きました。


天日干しで乾燥させておいて叩いて鞘を割り、
残った豆を手作業で一粒も残さないように拾い出します。

実は今日、最初は何をするのかもよくわからずに来たのですが、
収穫したあとどのような作業を経て売られている大豆の状態
(つまり、黄色い豆だけが袋入りになった状態)にするのか、
昔ながらのやり方がわかって面白かった!



鞘から出してざっと集めた豆(まだ細かい鞘のかけらや葉っぱもかすも混じってる)を、唐箕 (とうみ)という木の農機具で選別、豆だけ揃った状態に!

上からガラごと豆を入れ、ハンドルを回して風を当ててガラを吹き飛ばします。
写真左下の足元にジャラジャラと綺麗になった大豆が落ちてきます、見てるだけで何か快感・・・まるでパチンコの大当たり状態(やらないけど多分こんな感じ?)。

この道具、江戸時代に中国から伝わって生産性が飛躍的に向上したんだとか。
昭和30年代まで広く使われていたそうで、こんな道具が今でも物置から普通に出てくるのって素敵ですね。

「農業」って言っちゃうのもなんか大げさな気がしました、これって一昔前の山の生活の営みの、普通の光景だったんだろうなあ、と。
ジャラジャラ。


今日お邪魔させていただいた(これまた山の上の)お宅からみた景色。
向かいの尾根を今日もたくさんのMTBが走っていたみたい。

ふふふ、楽しいのはその尾根道だけじゃないのだよ。
檜原村の楽しいところを自転車で、色々つないで走れる体験型?ツアーをひっそり妄想中です。


お昼をいただいたんですがもう最高に美味くて。
豚汁、里芋やてびねりのおだんごが入っててもう。
思わずおかわり、大盛りで!


早速、大豆の豆ご飯ほのかな塩味でとっても美味しい!


山の上の古くて立派なお家の土間で、みんなで頂く最高の昼食。

ありがとうございました!





0 件のコメント:

コメントを投稿