JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2013年7月31日水曜日

9mmスルーアクスルのフロントハブ規格

9mmスルーアクスルのフロントハブ規格、ご存知ですか?

従来の「普通の」フォークに組める、
がっしりしてて信頼性も高い、
でもマイナーな規格。

これは、それ用のクイックシャフト!
一時探しても全然見つからなくて困ったので、
探し当てたら大量ゲット!

15mmとか強そうで良さげだけど、
リジッドフォークだとなかなかないしね。


ボルトどめにしちゃう、っていう考え方もあると思うのですが、
クイック式(もしくは回転式のスキュワ)のほうが、
ちょくちょく緩んでないか片手でチェックしやすいので好きです。

工具使って締込むタイプは、
工具を使わないとゆるみのチェックも出来ないので、
案外知らないうちに緩んでたりして恐いのです。


自分でも使ってるけど、
こいつとHOPEのPRO2フロントディスクハブの
9ミリスルーハブの組み合わせは最高です(^O^)!

※後日、その組み合わせで販売してみることにしました、
こちらをどうぞ。



2013年7月30日火曜日

ころがし涼太監督から「どうよ!?」が届いた。

名古屋に移住した名監督からとどいた荷物、
その梱包紙に。。。


どうよ!?だって?
はい、最高だよ。

名監督とは、ころがし涼太くんです。
これまでも何度かこのブログでもご紹介してきましたが、
凄く雰囲気のある映像を次々と発表してます

過去には、こんなのも・・・



撮影は2011年夏なので、
父&母になる前の、夫婦出演。
うれしはずかし。

ぜひ、他の作品(自転車関係が多いですね)も、
この機会にチェック!してみてくださいー。





2013年7月29日月曜日

岡安製作所の岡安さんのTIG溶接。

FacebookやInstagramのタイムラインに、
定期的に流れてくる岡安さんの美しいフレーム溶接画像。

※写真は岡安さんのInstagramより。

いつ見ても惚れ惚れする。。。

僕が乗らせてもらっているTUBAGRAのOpenerフレームも、
その他のTUBAGRAやdrive24のフレームも、
そして過去には鉄ONEフレームも、
この丁寧で正確で美しい、岡安製作所さんのTIG溶接によって生み出されています。

リスペクト。



2013年7月28日日曜日

フロントに太いタイヤを!

24×3.0前後のプチファット計画。


フロントはInspiredのフォークに問題なく収まります。
ブリブリ楽しい!

これ、フロントだけでも24×3.0にすれば、
フレームとタイヤのクリアランスの問題も発生しないし、
サスなんていらない、いやサスよりも面白いかも!






2013年7月27日土曜日

相模湖に行ってみた

家族で(近いけど)小旅行、的な。


もちろんいっぱい家族写真撮ったけど、
そういうのはFacebookに任せることにしますw

楽しかったなー。

でも、はやく、子どもと自転車乗って遊びたい。





2013年7月26日金曜日

HOPE TRIAL ZONE、一番好きな形状のローター。


HOPE TRIAL ZONE 160mm。
ルックス的に一番好きなローター。

一応、こちらでも販売しております。

…自分が好きな物だけ、
しかも少量だけ扱うことがほとんどなので、
もし無くなってたらごめんなさい。

(カートに入れるボタンが押せるものは在庫あるのですぐに発送可能です。)



2013年7月25日木曜日

ディスクブレーキ専用のクロモリリジッドフォークいろいろあります。

リーズナブルかつ信頼性の高い、
シンプルでクリーンなディスクブレーキ専用。

そんなオススメのクロモリフォークを常時在庫しています。

まず、オーバーサイズコラムのMTBフォーク


黒の塗装も強く、
Vブレーキ台座はないのでシンプルなルックス。

肩下寸法410mm、オフセット45mm。
これは、Openerが開発当時に想定していた通りのスペックです。

ベンドしているので衝撃吸収性もよく、
テーパーしているとはいえ先端まである程度の太さを残しているため、
変なヨレもなくダイレクトなコントロールが可能です。

私もかなり激しく使ってきましたが、
剛性・耐久性も問題ありません。
価格も含めてオススメのクロモリフォークです。



700C用のフォークもあります。





カーボンフォークなどと比べると多少重量はありますが、 
クロモリのしなやかさと耐久性、
そしてディスクブレーキの制動力とメンテナンス性の高さは、 
日常使用や通勤、さらには
雨の日も走り続けるメッセンジャーの方にも満足いただけると思います。




2013年7月23日火曜日

この日も夏やってた。

この日も、夏、やってたみたい。


※ここ檜原村は、東京都です。



そうそう、このあたりで、実は動画撮ってたんですよね。
初のオール檜原村ロケのやつ。
近々、公開。


そういえば、この日、こんなものを頂いた。


さすが檜原村名産だけあって、
ご近所や知り合いにじゃがいもをいただくことが多くて嬉しい!

今日はちっちゃいの中心に
ふかしてマヨネーズでたらふく食べるぜ!

ありがとうございます(^O^)


2013年7月22日月曜日

Openerに24×3.0のタイヤを入れてみた。

ディスクブレーキ仕様のOpener、
リアホイール引き気味で24×3.0のタイヤがギリギリ入った!


固定位置はこれで362ミリくらい。
超低圧でボヨンボヨンめちゃ楽しいしグリップヤバい!

ちなみにギア比22×12。



テスト用のOpener(メインで乗っているやつとは別)を
前後とも24×3.0にしてみた!

迷わず指定空気圧のミニマム1barで。

シートポストは仮で350ミリのTHOMSONをMAX出してこんな感じ。
超楽しいぞこれは。

色々試して、妄想・・・!!


前後24×3.0プチファット?
ファンバイクジオメトリ妄想・・・してると!

!!



サモさんがその画像を加工してUPしてくれた!笑
(あくまでこれ、合成です)

うーむ、なんて妙で、素敵なバイクなんだ!

BBはちょっと下げて、トップをちょっと短くして、
ヘッドとシートをちょっとだけ寝かせて、、、
そしたら、ほんと、面白いんじゃない?






2013年7月21日日曜日

投票行って、夏やって、蚊に刺されたアブないバカな日。

この日は、参議院議員選挙でした。



朝イチで投票をすませて、そのまま、
近所の川に降りて「夏」やってきました。



はい、我慢できませんでした。
すいません。


その後、39ひろばに移動した模様。
「蚊は友達」なんて、心にもないつぶやきを残しています。
すげー刺されたはず。


こないだ書いた「jinkenバンク」のあたりを、
とりあえず試走。

現在の最上段あたりにテールタップして戻ってみました。
手前の右バンクがまだグズグズなのであまり加速できずギリギリ。

でも、楽しい。
ただ下ったり曲がったりするだけのコースより、
途中でこうやって遊べたり、バランスセクション的な場所があったり、
そういうほうが楽しいんじゃないかな。

例によって数ヶ月遅れでブログ更新しているので、
InstagramやFacebookにUPした写真を頼りに
この日のことを思い出しているんですが、
この日、さらに駅の近くに移動して一人で延々と乗り続けていたらしい。。。



アブバカ。

もう10年以上前から、一番好きな動きはアブバカです。
地味だけど、戻る瞬間のフワッていう時空が歪むかんじ?

超低速でウィリージャンプで。

これ、競技のトライアルでは
「ステアケース、身体が残って失敗、やり直し!」の動きですがw









2013年7月20日土曜日

「懐かしの記憶 檜原村写真集」をめくってみて。

このたび、檜原村のすべての世帯に、
「懐かしの記憶 檜原村写真集」という白黒の写真集が配布されました。


個人の写真家から寄贈された昭和43〜52年の写真だそうです。

 全143ページのボリューム、その中で「子供たちの記憶」と題されたページでは、自転車で遊ぶ子供たちがたくさん!

他のページでは少ないながら大人たちが自転車に乗っている姿も写っています。

今では村内で地元の方が生活の中で自転車に乗る姿はほとんど見かけない(車があるので)のですが、やはり山深いここ檜原村でも、自転車はかつて庶民の生活の重要な足であり子供たちの遊びの道具だったんだなあと実感できました。

 そう言えば、私が倉庫兼事務所としてお借りしている元洋品店の店舗の向かいのお宅は、昔は村で一件の自転車屋さんだったそうです。


写真に場所のキャプションがないのですが、
けっこう新米村民の私にも分かる場所があったりして楽しいです。

地元の方に聞いたりして写真の場所の現在を尋ね歩いたりしたら面白いだろうなぁーと。

こういった写真集を村が配布するって、良いですよね!

あと、正直、この写真集を最初にパラパラめくって最初に感じたことは…
「このころの檜原村をMTBで走ったら最高に楽しそう!!!」でした…(笑)

未舗装の道路、広々と奇麗に耕作された畑の合間に伸びる農道、民家の軒先をつないで伸びる生活道。

…今は多くが舗装されるか、荒れてしまっている。

いや、でも、マウンテンバイク(自転車)を用いた山村ツーリズム、
今でも可能性あると思う!




オマケ:


初めて子どもと動物園に行ったら、まんまと捕獲されました。
@羽村動物公園



2013年7月19日金曜日

Sun RingleのDITCH WITCH24リム36h

はい、こんどは24inchのリムです。


Sun RingleのDITCH WITCH24リム36hもあります。
ライノライトと同構造ですが、
仕上げとアイレット省略でコストを下げた廉価版リムですね。

スポークホールのバリとか・・・。
まぁ、組んでしまえばわかんないかな。
激しく乗ったらどうせリムなんて消耗品だぜ!っていう
ハードコア?なライダー向けw

(もしくは、学生向けw)

36hなので、BMXハブが使えるフレームにはいいですね。


※ってブログ更新した頃には既に売り切れちゃってるという申し訳ない事態。
そちらをチェックして・・・勘弁してください。

最近は24リムコレクターか?みたいな状況になっています。。。
事務所兼倉庫(まっさんいわく「jinkenくんの部屋w」)
の天井がぶら下げたリムで埋まりそうになってます。

24インチのリムだけで、50本とかそれ以上とかあります。。。

24のリムをお探しの方はご相談下さいw






2013年7月18日木曜日

秘密の?階段を発見!「探検発見ぼくの村」が楽し過ぎる。

今日のひとり「探検発見ぼくの村」で、
近所にヤバい角度の川に降りる階段を見つけた!


ダンジョン気分!

わくわくするでしょ?
(元)男の子諸君?

檜原村にやってきてから、
こうやって近所で「探検」してワクワクすることが多くなって、
本当に楽しいです。

ひるまっから大の大人が自転車や徒歩でうろうろしてるって、
たぶん変な感じに見えてるとは思うのですが、
私は学生生活が長かったし、
いわゆる普通の「会社勤め」に生活を支配されたことがほとんどないので、
平日の昼間からうろうろすることに何のためらいもありません(笑)。


2013年7月17日水曜日

jinkenバンク。って、銀行じゃないよ。

39広場に製作中のプチMTBコースに、
こんな場所があります。


(写真はと〜るちゃんよりお借りしました)

せっせと、土手を削ったり盛ったりして、
きれいなバンクのラインを作ろうとしています。

いつからか、39広場では作業を頑張った人の名前を
その場所に付けるという慣習ができはじめていて、
と〜るちゃんが、このセクションを
jinkenバンクって呼んでくれています。

シティバンクみたいでカッコいいですが、
引き出せるお金はありません。
残念です笑



ここは、バンクを使ってズバッと寝かせて曲がれるように
(正直、そっちはよくわからない)、
もしくは、
まっすぐ突っ込んで上のほう(丸太&板を足します)に
テールタップして駆け下りれるように、、、
っていうイメージです。

早く突っ込みたい!!


※後日、バッチリ突っ込みました。
ここ、楽しいですよ。



2013年7月16日火曜日

緑アルマイトの美24インチリム!

綺麗な緑アルマイトの24インチリム。



32Hで、Vでもディスクでも使える優等生!
(DMR DEEVEEリム)

しばらくは鑑賞しますw


※そのつもりだったのですが、
ブログでこうやって告知するより前に、
「あっ」という間に、速攻で売れてしまいました。。。



発色の良い緑アルマイト。
鑑賞のしがいのあるリムでした(もう、手元にない笑)。


こんな感じで、
JBP Webshopには1点のみもしくは数点のみ入荷して、
告知もほとんどしないまま売れて消えてしまうパーツが結構あります。

ブログの更新が遅過ぎるのが何よりの問題ではありますが、
とくに24inch関係で何かお探しの方は、
ちょくちょくこちらのカテゴリーの中身をチェックしていただければと思います。
ほんとに、すみません。



2013年7月15日月曜日

24inchチューブ収集、継続中。

先日に引き続き、
ニッチでマイナーで需要の少ない(汗)24inch MTBチューブを
これでもか、これでもかと収集する話です。

マイナー規格?の24インチだからって、
細かい妥協を積み重ねてたらストレスで寿命が縮まるので、
需要が少なくても色々揃えたい。
で、チューブの収集をやってますw。



ホイールを外さなくてもチューブ交換できるアイディア商品、
fly bikesの「コブラチューブ」、
なんと24インチもあった!

でも1本しか手に入らなかった。。。
これは、個人用にストックかな。。。
いっぱいあったら、
緊急用としてどうでしょう?って販売するんだけれど。



こんなのも見つけて確保。

これは、世界最大規模の自転車の問屋さんのプライベートブランドで作る、
スタンダードでコスパの良い24インチチューブ。

なかなか見ない、24×2.75まで対応という絶妙なサイズ。
2.75サイズのタイヤなんか見たことないけど!

でもこれが、24×3.0のHalo Contraタイヤにも対応可能!
(実験済み、ただし表記サイズ外になるのであくまで自己責任で使用してください)
3.0にも数値上対応するチューブの多くは
DH用途ってことで分厚くて無駄に重い物が多いんですが、
このチューブを使えば、まぁ許容範囲内の重量で太いタイヤも使えます。

ちなみに、ガチで厚くて太い、
パンク知らずの24inchDHチューブは、こんなのがありますよ。


(なぜか、フレンチバルブだけど)


ちなみに、24inch対応チューブはこちらにまとめてあります。

24インチホイールのMTB遊び、最高ですよ!






2013年7月14日日曜日

大人の自転車遠足「ちゃりんかん学校」2日目。


昨日は「!」連発の記事を書いて疲れたので、
2日目はおとなしいトーンで。


大人の林間学校の朝は、ご飯と魚と味噌汁と珈琲からでした。
Good People & Good Cofee」の豆ですね。
大人だね。




大人の林間学校の朝はラジオ体操と、
廊下でマジ卓球。
手加減無しだよ。
大人だからね。

小さいけど、大人だよ。


今日はみんなで列をなして集団下校!
家にただいまするまでが遠足!




もちろん、下校中の寄り道もオッケー、
だって大人だからね!

ここは神戸岩とかいて「かのといわ」だね!
楽しいね!
最高だね!

ちゃりんかん学校、最高だね!!



(はっ・・・また「!」だらけになってしまった・・・)





というわけで、
大人の自転車林間学校おつかれさまでした!

村民特権?で、
帰宅後、バーベキューで残った牛肉
(肉を残すなんてさすが大人)を全部ぶち込んで
鍋から溢れんばかりの肉々しいカレーを作って食べました。

ごっつぁんです。

ではまた檜原村で!(^O^)









2013年7月13日土曜日

大人の自転車遠足「ちゃりんかん学校」1日目。

メッセンジャーの同僚たちや友人たちが大挙してやってきたよ!
自転車で懐かしの林間学校、
そう、ちゃりんかん学校だよ!

まずは、大人の集団登校!


走り出して小一時間で、、、


昼食だよ!
コッペパンじゃなくて蕎麦だよ!
大人だからね!


夏だから、バシャバシャしたよ!


じてんしゃいっぱい!
こだわりの一台ばかりだよ!
お金か、手間か、どちらかは確実にかかってるよ!
大人だからね!


ようやく、檜原村の廃校跡地にある某自然の家に登校だん!
大人だからね、まずはぐだーっとするもアリだよ!

暑いんだよ!
夏だからね!


しかし!
ここから、やる気見せるよ!
HGSSだよ!飯盒炊爨!
はんごうすいはんじゃないよ!

もちろん肉も食べるよ!
でも大人だから野菜も食べるよ、胃もたれするからね!


さざえでございまーす!

ナイス自然の家!



火を見ると童心にかえるのだよ。

今日のチリビーンズ&カレーのWがけ byトミー。
このこだわりが大人だろぅ?




仕上げは、キャンプファイヤーぐるぐる!
CFGG!
最高だね!
そう、もう、酔っているのだよ!

(2日目に続く)








2013年7月12日金曜日

ジャンクパーツ再利用の気の利いた小物…というアイディアの話。

自転車歴も長くなってくるとどうしても溜まってくる、
使うに使えない、捨てるに捨てられない、ジャンクなパーツたち。

今さら&ありきたりだけど、
なんかこんな感じでリサイクル小物とか作ろうかな?
って定期的に考えます。


(写真のは昔買ったアメリカのResource Revivalの時計、結構高かった)

でもジャンクパーツ再利用の小物って、
相当な美的センスがないと、
ただの汚らしい置物になってしまいそう。

何か良いものが作れたら良いんだけど。


そういえば、うちにあった White Industriesの
古い古い3穴規格のハブは、
ベアリングを抜いて底をフイルムケースの蓋(笑)で塞いで
簡易工具立てにしてます。

これもある意味、ジャンクパーツの再利用。
やっぱり、元のパーツが良い物だと、
余計な加工をしなくてもちゃんとオーラを放ちますね。

うーむ、やっぱり、
うちのジャンクパーツたちの多くは捨てられてしまう運命なのか。。。
もうちょっと、アイディア練ってみよう。
幸い、もうちょっとの間は置き場所も確保できそうだし。


オマケ:



最近、うちに帰ると、
家の中に天使がいるよ。