JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2014年2月17日月曜日

「檜原村 大雪害情報共有ページ」 が立ち上がりました。

今日も雪かき。


見てるだけなら綺麗なんだけど。。。


こんなのがFacebookで流れてきたので参考にしてみた。
まぁ、やり方はいろいろあるのね。
確かに、身体のいろんな筋肉を使って全身で動かさないとすぐにヘロヘロになるね。

村内有志によって、こんなページが立ち上がりました。


東京本土唯一の村 檜原村 大雪害情報共有ページ 伝えたいこの思い!

檜原村の雪害状況の情報収集・発信・共有をしていきます。

うちは村役場に近いので、役場に定期的に伺って村内の孤立集落の状況をこちらのページから村内外の方向けに発信しました。



たとえば、こんな感じ 。

15:00(もしくは16:00)現在の情報ですが、役場(災害対策本部)に状況を伺ってきました。 資料をいただきましたのでUPします(役場OK済)。 村内の孤立世帯264世帯562人 (写真参照、赤字はすでに孤立が解消された地区) 各地区の孤立世帯数等は写真を参照 現時点での自衛隊・機動隊の動き(およそ) 数馬地区(自衛隊)ヘリポートを過ぎたあたりまで除雪中(15:00時点の情報) 倉掛地区(自衛隊)浄水場から550m過ぎたあたりまで除雪中(15:00時点の情報) 湯久保地区(自衛隊)都道から600m付近 泉沢(機動隊、人力)10人程度(?)が手作業で除雪中 時坂(機動隊、重機一台と人力)4人程度。まだちとせ屋横付近 笹平(機動隊、人力)5〜6人 以上 (人数は私のメモによるおよその数です、正確な情報は明日またUPさせていただきます) 2014.02.17 17:00 jinken


 まだまだ、すぐには雪は溶けそうにありません。
自衛隊・機動隊も来てくれて、除雪作業を各地でしてくれています。
私も、できることをしたいと思います。


昼過ぎに役場に聞いても状況が把握できていなかった、檜原村の某地区を見てきました。
世帯数が少ないためか都道沿いの神社より上からすぐに車が入れない状況。
奥の数世帯にたどり着くための道も除雪なし。。。
筋トレがわりに一人分の道を作って遊びました。


奥のほうにある数軒にたどりついて話を聞くと、「いつかは除雪が来てくれるはず」ということでけっこう楽観的。

ただし、一番奥のおうちは70過ぎのおばあさんの一人暮らしで玄関まわりの除雪もきびしそうだったのでお手伝い。
家の手前の橋からは大雪の後まったく踏み跡がないふかふかの膝上の積雪でした。

1週間以上、家から出ていないんですね。
食料は普段は生協にきてもらっているそうですが前回の大雪から来ていないらしく、大丈夫か聞いたら「ひとりだからある分をちょっとずつ食べるよ」とのこと。
ちょっと心配だったので、帰りに役場に寄って状況を報告してきました。


いろいろありますが、檜原村では、
今日も子どもたちによる冬季オリンピックが絶賛継続中のようです♫ 



ジャンプの角度と落差!笑


檜原村は広いので場所によって状況は全然ちがいます。
うちとこの檜原オリンピック会場は役場近くで除雪の早い都道沿い、保育園の近くで子どもも多い地区なんです。

奥の方は除雪もままならず、高齢化率も高く空き家が多くて人手も足りません。
奥に深刻な場所があるのは確かですが、気を病んでも仕方がないので、訪ねてみると案外笑顔だったりするのかな?と予想。
檜原村の人、強そうなので。





0 件のコメント:

コメントを投稿