JBP(JINKEN Bicycle Products)について、24inch Street Trial Bike (trMOZU)についてなど、jinkenの(ほぼ)自転車尽くしのブログ。

2014年8月8日金曜日

のりぴろ’s YAABAA Bike Check

こんにちは、jinkenです。
毎日暑いですねドボン日和が続きます。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
(実際には1年以上後の2015年秋に更新・・・苦笑)

さて先日、26inchYAABAA(ストリートトライアルバイク)を24inchストリートトライアル仕様に組み直したい!というご依頼がありまして、良い感じに仕上がったのでご紹介したいと思います。
Before写真撮っていなかった残念)



前後ホイールを重めの26inchブロックタイヤから、軽快で振り回しやすい24inchストリートトライアル仕様へ。
ダークグレイ/白ベースのフレームに黒/白ラインのリム、他は黒パーツにゴールドの挿し色、そしてイエローのMAXXISロゴ!
26→24インチへとホイール回りがコンパクトに&軽量になり、乗り味も激変しました。

ハンドル回りも角度のあるステムに変えてちょうどいい位置に再セッティング。




リムはJBPに最後の1セットぶん残っていたTiogaFactory DH!名作!
トラックエンドの奥を少し削って逃げを作り、ギリギリまでリアセンターを詰められるようにしました。
このまま海外出張に持って行かれるということで、出先でのトラブルで乗れなくなるリスクを減らすため、ブレーキは機械式のAvid BB7、前後180mmローターに硬質ケーブルで効きも十分です。
ペダルは踏み面が広くピンも頑丈なB143







クランク回りはそのまま使用(22T)し、トライアルバイクとして乗る時にはリア17Tで。
ただし、ライディングスポットへの自走も考えてリアは2枚にしてあります。
トラックエンドのスロットが長く残っているので、歯数の差が結構あっても固定できたため、移動用は12Tに。




HopePro2 Trialハブが「使える!」ポイントはこんなところにも。
シングルハブと言いつつ、6枚まで歯が取り付けられるんです。
もちろん、フロントシングルだとチェーンライン的に完全にまっすぐになるのは1枚だけですが、移動用と割り切ればディレイラーを取り付けたり、今回のように手で掛け替えて数種類のギア比で乗ることも(工夫すれば)できます。
もちろん、80もある細かいノッチと強いスプリングが奏でるラチェット音と、レスポンスの良さは最高!

というわけで、YAABAAのフレームと一部パーツをそのままに、ホイール回りを組み替えて軽快に動く24インチストリートトライアルバイクに生まれ変わったのでした。
のりぴろさん、これで単身赴任先でも楽しく乗ってくださいね! 

家に古いフレームが眠っているというアナタ!
24インチって楽しいのかな?と興味のあるアナタ!
ご予算・好みに合わせて24インチホイールへの組み直しもお受けしてます。
(ストリートMTBでもストリートトライアルバイクでも、その他でも!)
お問い合わせお待ちしてます~。


jinkenでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿